2020年7月 2日 (木)

在宅勤務とは!

彼はこの春に転勤になった。途端に新型コロナウイルスの感染防止のため在宅勤務になった。テレビ電話に出るとネクタイを締めていた。聞くと締めると気分が仕事モードに切り替わるかららしい。

 

 

それに、顧客や上司とのオンラインでの会議や商談もあるのだという。在宅勤務の経験がある女性に尋ねたところ、家にいて仕事をするときもメークをするとの答えが4分の3を占めた。

 

 

理由は、オンとオフの切り替えができる。自信がつく。気分が上がるなど。ちなみに、メークは勤務先と同じくらいが4割、少し軽めが2割強。調査した花王は、オンライン会議向けの軽めのメークの仕方も紹介している。

 

 

目の下や鼻筋など映像に映りやすい顔正面を中心に、明るめのメークをというのがポイントのようだ。在宅勤務や休校が続くことで、世のお母さんたちのストレスはたまる一方。夫や子供の在宅が長引き、家事や育児の分担のあり方にも不満が高まっているという。

 

 

新しい感染症の世界的な拡大。家にいながら多くの人とつながり、仕事をするという新しいあり方が定着しつつある。家事や育児を夫婦間でどのように分担するのかについても、新しいあり方が生まれる必要がありそうだ。

 

 

                         がんばろう!日本

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

 

 

 

世界一スパコン富岳の威力!

目の前に立ちはだかる段ボールの壁。向かい側のデスクに座る人への新型コロナ感染防止策である。高さが床から140センチ以上あると、咳などの直撃を避けられる。飛沫量も10分の1以下に減るという。


 


 


スーパーコンピューター(スパコン)の富岳を活用した予測結果である。その富岳が先月、計算速度の世界ランキングでトップの座についた。世界一は、先代の「京」が獲得して以来9年ぶりである。


 


 


データ処理能力など3部門でも1位を獲得し、史上初の4冠を達成した。富岳の名は富士山の別名である。計算能力の頂の高さと、多様な分野で使える裾野の広がりを意識したという。


 


 


新型コロナ対策のほか、創薬や地震・津波の災害予測など幅広い活躍が期待されている。スパコン世界一といえば、あの発言が思い出される。2009年の民主党政権が事業仕分けで、世界一を目指すスパコン開発に凍結を下した。


 


 


その際、仕分け人の参院議員が放った言葉である。2位じゃダメなんでしょうか。11年後の今、その不見識ぶりがあらためて衆目にさらされている今年で没後100年のマックス・ウエーバーは説いた。


 


 


政治家にとって大切なのは、将来と将来に対する責任と。ウイズコロナ、アフターコロナを見据え、スパコン富岳が活躍する裾野を着実に広げていってもらいたいと期待する。


 


 


                        がんばろう!日本



◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






2020年5月17日 (日)

走れメロスのごとく!

家ですごく時間が増え、若き日の悪読書をいくつか読み返した。太宰治の走れメロスは、ドイツの大詩人シラーの詩などをもとに信頼と不信のせめぎ合いを描いた感度の物語である。


 


 


メロスは走った。たび重なる困難を乗り越え死力を尽くして走った。人を信じようとせず民衆を圧迫する国王を見返すため、命がけで自分を信じてくれる友との約束を果たすために。


 


 


人の心を疑うのは最も恥ずべき悪徳と、信じるメロス。人間はもともと私欲のかたまりさ。信じてはならむと、言う国王。メロスは、国王の人間不信の心を一変させ、おまえらは、わしの心に勝ったのだ。どうか、わしをも仲間に入れてくれまいかと言わせる。


 


 


まさに信頼は連帯の源泉だ。対して、不信は分断を加速させる。今、ネットなどでは傷つけ合いのささくれだった言葉が飛び交う。コロナをめぐる大国間の不信と対立も深まるばかりだ。


 


 


コロナウイルスといかに闘うべきか。世界的歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、警鐘を鳴らす。今こそグローバルな信頼と団結を。米タイム誌に。我々は生命・生活・生存を最大に尊重する人間。信頼と連帯の合意形成を目指し、難局に立ち向かっていこう。


 


 


                         がんばろう!日本




◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ






2020年5月14日 (木)

障害の社会モデルは!

車イス利用者の前に狭い階段や座った位置では押しづらいスイッチなどがあると、これが原因となりバリア障壁となる。従って暮らしの中から、こうしたモノや要因を排除する取り組みが急がれている。


 


 


これは、障害者権利条約に盛り込まれた、障害の社会モデルという考え方。つまり、障害は個人の心身機能の制約と社会的障壁の相互作用によって創り出されるものであり、この障壁を取り除くのは国などの責務であるとされる。


 


 


その後、同条約は日本でも批准され、障がいの有無によって分け隔てられることなく人格と個性を尊重し合い、共生する社会実現への歩みが始まった。


 


 


そして、国際的潮流に合わせて、視覚障がい者らにとって読書しやすい環境を整える、読書バリアフリー法が昨年6月に施行される間もなく1年。今後5年間で国が実施すべき施策となる同法基本計画が公表される予定。


 


 


ここでは点字図書の継続的な提供や、音声読み上げに対応した電子書籍の普及、あるいはインターネットをりようした貸し出し体制の充実などが期待されている。文字・活字文化の恵沢を享受できる環境整備が、より進展することを期待したいものだ。


 


 


                     がんばろう!日本




◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ






2020年5月10日 (日)

母の日に!

ユーチューブで面白い映像に出合った。プロボクシングの試合にハイヒールを手にした女性が乱入し、対戦相手をロープに追いつめていたボクサーに襲いかかったのだ。


 


 


女性は、もう一方の打たれているボクサー、ウィルソン選手の母親だった。1989年9月、英国サウサンプトンで実際に起きた珍事で、襲われたボクサーは試合続行を拒否した。


 


 


レフェリーは何とウィルソンの勝ちを宣告した。猛母参戦の見出しで共同通信が報じている。確かにユーチューブのタイトルにあった、世界ボクシング史に残る珍妙ハプニングに違いないし、母親の参戦を肯定するつもりはない。


 


 


わが子に危害を加える者は許さないという母親の捨て身の行動に感動したというべきか。母は強し。かっての人気テレビドラマ、肝っ玉かあさんに抱く母親像は、女性のライフスタイルが変わった今も、新しい生活様式が取り入れられる今後も変わらないだろう。


 


 


いざというときに腹が据わっていて、子供への愛情に満ちているのは、いつも母親だ。今日は母の日。コロナ禍と闘っている全ての母親に、感謝の言葉とエールを贈りたい。いつもありがとう!


 


 


 


                          がんばろう!日本




◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ






2020年4月23日 (木)

1人当たり10万円の給付!

新型コロナウイルス感染拡大が生活に影を落とす中、緊急経済対策に盛り込まれた、1人当たり10万円の給付に喜びと期待の声が広がっている。これは助かる。友人も喜んでいた。

 

 

東京など7都府県に緊急事態宣言が出されて半月。その後、対象が全国に拡大され、日本列島全体が動きを止めたような状態が続いている。学校の休校や在宅勤務で生活スタイルは一変。こんな暮らしがいつまで続くのだろうとため息が漏れる。

 

 

その一方で、この事態を機にネットなどを通した新たな仕組みも一気に広がっている。テレワークの拡大は、これまでなかなか進まなかった、働き方改革を加速し、オンラインでの学習や遠隔診療も普及が進んだ。

 

 

映画や舞台芸術は、公演や上映の中止で大きな影響を受けているが、文化芸術の灯を消してはならないと、作品を積極的にネット配信しているところも目立つ。これをきっかけに初めて作品に触れ、魅力を感じる人も多いはずだ。

 

 

たとえ今は直接会うことができなくても、人と人は繋がり励ましあうこともできる。コロナ禍を乗り越えたとき、われわれは失った物より多くの新たな価値を手にしているかもしれない。そう願う。

 

 

                         がんばろう!日本

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

 

2020年3月31日 (火)

新年度の始まり!

4月1日から新年度が始まる。年度とは1月1日から12月31日までの暦年とは別に、特定の目的のために便宜上設定された1年間の区切りだ。

 

国や自治体、企業の会計年度や、学校年度が最も知られているが、仕込みや生育に合わせた7月スタートの酒造年度、9月からのイモ年度、10月の大豆年度など多種多様にある。

 

 

国の会計年度は財政法で規定され、明治19年から始まった。企業のそれは自由に決められるが、上場企業の約7割は国や自治体に合わせた3月期決算を採用している。近年は事業のグローバル化に伴い、欧米や中国の企業に合わせた12月期決算も増えている。

 

 

一方、江戸時代の寺子屋が随時入学だったことから明治初期まで学校の入学時期は地域などでバラバラだったという。明治19年に文部省の指示があり、高等師範学校が国や自治体の会計年度に合わせた4月入学となったのが全国に広がったとされている。

 

 

欧米や中国は9月入学で、韓国は3月である。桜の花に彩られながら入社や入学はもとより、新しいステップへとスタートする新年度は、まさに日本独特の一つの文化、門出の季節である。

 

 

令和2年の再出発を切り、新型コロナウイルスに打ち勝って、来年の東京オリンピックに向かって突き進みたいものだ。

 

 

                        がんばろう!日本

 

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

 

2020年3月13日 (金)

働く女性の不公平感とは!

奥さんが不機嫌になる。思い返すと家事をやっていると、何気なく発した言葉ににじみ出るのが、やってあげているという感が出て、イラっとさせるらしい。気を付けなければと思うが難しい。


 


 


20代~40代の男女に聞いたところ、今や80%以上が男性が家事・育児を積極的に行うことを当然と考えている。しかも、男女であまり差はないしかし、実際は積極的におこなった男性は20%に満たない。


 


 


2018年度、育休取得率は女性82%に対し、男性は6%に過ぎない。しかも、特に中小企業で男性の育休取得が難しい実態がある。こうしたギャップを作っているのは、会社などの働き方の仕組みや家事・育児への理解不足だろう。


 


 


働く既婚女性に聞いたところ、男性の育休取得を義務化すべきだと思うが50%を超えた。若い世代ほどこの傾向は強い。自由回答には男性も育休でキャリアが中断すれば平等になるのではという思いがある。


 


 


うまれてきてからが勝負だということを短い期間でも構わないからきちんと体感してほしいという意見もある。これらには、働く女性たちが抱える不公平感やいらだちが感じられる。男女の違いなく、その能力を活かすことのできる社会でありたいものだ。


 


 


                        がんばろう!日本


 


 


 




◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ




2020年2月19日 (水)

訓練の積み重ね!

三陸沿岸には、自信があったら津波の用心との言葉を刻んだ石碑が点在する。1933年に発生した昭和三陸地震の津波被災地に建立されたが、 時が過ぎてその多くは忘れ去られた。


 


 


その石碑が命を守るきっかけとなった事例がある。宮城県名取市閖上にあった市立閖上保育所での出来事だ。2009年、同保育所へ佐竹所長が赴任した。そのころ、リアス海岸ではない閖上に津波は来ないとの伝承もあったという。


 


 


ある日、佐竹所長は園児と訪れた近くの公園で目にした地震があったら津波の用心との石碑が気になった。佐竹所長は、ここは過去に3メートルの津波が来た。建物の高さが2メートルしかない。


 


 


この保育所で預かった命をいかに守るかと園児一人ひとりの顔を思い浮かべながら避難方法を考えた。10年から避難マニュアルの改善に着手。毎月の避難訓練や実際に避難場所へ行くなど検証を重ね、その都度マニュアルを改編、避難時の役割分担を何度も職員と確認した。


 


 


東日本大震災では10人の全職員が5台の車で園児54人全員を無事に避難。海からわずか260メートルの場所にあった保育所の避難行動は、閖上の奇跡と称された。


 


 


佐竹所長は、こう述懐する。奇跡は訓練の積み重ねでしか起こらない。平時から災害への備えを怠らないことが自らの命を救うことになることを教訓にしたいものだ。


 


 


                       がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2020年1月 4日 (土)

2020年が明けて!

56年ぶりに東京へ聖火がともる2020年が明けた。スポーツには世界と未来を変える力がある。東京五輪・パラリンピックの大会ビジョンである。昨年、ラクビーワールドカップで日本中が熱くなっただけに、その言葉に重みを感じる。


 


 


重みといえば、金、銀、銅のメダル。日本の獲得数が気になるところである。だが、メダルそのものにも注目したい。今大会の約5000個は、使用済み携帯電話などの都市鉱山から取り出した金属資源が原材料だからだ。


 


 


携帯電話などの回収箱を役所や学校へ設置することを全国各地で推進し、集まった結晶でもある。さらに表彰台は廃プラスチックを再利用する。これらの試みは大会史上初である。


 


 


レガシー遺産として後世に語り継げる取り組みだ。今大会を機に社会にも有形・無形のレガシーが数多く生まれるだろう。1964年の前回の東京五輪大会は、五輪特需を呼び、硬度経済成長の弾みに。


 


 


東海道新幹線や地下鉄、首都高速道路などが整備され、レガシーの象徴となった。それから半世紀余り。今回は成熟国家として迎え、共生、ユニバーサル、持続可能といった社会づくりが追求されている。


 


 


大会の大成功に万全を期すとともに、未来に誇れるレガシーの創出を作りだしていきたいものだ。


 


                      がんばろう!日本



◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ




«2020年の羅針盤には!

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス