« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月20日 (金)

保険料控除証明書と年末調整

保険会社から生命・損害保険料の控除証明書が送られてきた。もうそんな時期になったのかと感じられた。サラリーマンの12月の年末調整の時に必要な書類であるが、今から年末まで保管しておかなければならないものなので、毎年年末になるとこの証明書を大騒ぎして捜さなければならない。自営の人は来年3月の確定申告まで保管しなければならないので大変であると思われる。一年が過つのは早いものである。今年の税制改正で定率減税が廃止されたので、毎年還付の方が多かったのに今年は0か追加で税金を払うことになるかも知れない。

大阪は100年に一度で大きな地震が起こっている。前回に起こってから70年が過ぎているので、これから30年の間に地震が起こるだろうと言われている。最近はその為か地震保険に入る人が増えたということなので、地震保険料を一般保険料控除額と別に枠を設けてもらいたいものである。毎年、この年末調整の還付金で旅行などに行っていたのが今年から行けなくなるのは残念なことである。

セブンドリーム・ドットコム

Sony Music Shop

2006年10月18日 (水)

ウエブ2.0と知恵と作文力

最近「ウエブ2.0」という言葉をよく耳にする。ここ1. 2年に台頭してきたネット関連の新しい技術やサービスを一纏めにした概念ということである。今までホームページの閲覧など情報の流れが一方通行だった。これに対して個人が自ら情報を発信したりお互いに情報をやり取りしたりする多極的なものになってきた。その代表としてこのブログがある。ブログは誰でもが自分で書き込むことが出来、他のブログを読むこともできる。即ち、優れたコンテンツを有するブログはみんなに読まれ社会に影響を与えることができる。そのコンテンツは作文力が決め手で、知識以上に知恵が必要となる。パートランド・ラッセルは「現代の知識は昔を凌駕はしているが、同時に知恵が増しているとはいえない」と言った。安倍政権においては、教育改革を政策重点項目に掲げているが、戦後日本教育で軽視してきた作文力養成を、「小学校で英語教育を」というより、優先度の高いものに掲げて貰いたいものと思う。魅力的なエッセーを創作する上で必要なのは、洞察力・直観力・創造力・などに裏付けられた知恵を駆使することである。字は読めても空気を読めない知識偏重型の日本的エリートの時代は、ウエブ2.0時代の到来により終焉を迎えようとしていると言っても過言ではないだろう。

<

2006年10月16日 (月)

有言実行をしょう!

今年もあと2ヶ月余りとなりました。冥土の旅路の一里塚というところでしょうか。昔は不言実行と言って、黙って実行して成果を上げる人を称賛いたしました。今は有言実行と言って、世間に対し「自分は○○をするぞ」と公言して実行し成果を上げる人をより称賛するようになりました。有言とは、自分で自分にプレッシャをかけて事を起こす。今年プロ野球のセリーグで優勝した中日の落合監督は、選手時代に「おれは三冠王を取る」と言って3度取りました。水泳の北島選手は「おれは世界新を出して2種目とも金メダルを取る」と言って取りました。最近の若い人は流行のごとくこの手が増え、自分にプレッシャをかけて有言したものの事の途中で挫折したり、目標に達しない人が多く見受けられます。別に恥じることは何もない、それは、その人が事を起こして努力たということが尊いのであります。しかし、言った事に対して責任感を持って努力しないと「狼少年」と言うことになります。一番悪いのは、「不言実行」で何もしないと言うことになります。新しい首相は有言実行の人であって欲しいと願いたい。

2006年10月 7日 (土)

十六夜の月

「月見る月は多けれど月見る月はこの月の月なり」昨日は仲秋の名月であった。今夜は十六夜の月で昨日見忘れた人はチャンスです。関西方面は今夜は晴れるとのことです。毎月、満月は出ているのに何故今回だけは名月としていろいろな行事で祝うのでしょう。それは、月の出てくる角度が丁度人の目線にあった場所に出てくるからであります。夏は空高く、冬は低いところに出てきます。そのため、昔から今月の月が名月として祭られてきています。月の旬といったところでしょうか!野菜・果物にも旬があります。秋は旬のシーズンなのかもしれません。人間にも旬があって、青春時代であったり、幼年期時代であったり、中年期時代であったり、老年期時代であったりとします。豊臣秀吉は晩年は哀れなものであったが、徳川家康は老年期時代が旬であった。最近のように平均寿命が伸びてくると、青春時代より中高年時代が旬になるような生き方の方が楽しい時が長く過ごせることになるのではないかと思われる。それには、健康であることが絶対条件ということになるのではないでしょうか!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス