« 南極観測船と昭和基地! | トップページ | お姫さま、お嬢様! »

2018年1月30日 (火)

てんかんで車の運転!

NHKの「ためしてガッテン」に、認知症と間違えられる「てんかん」の話が放映されていた。子どもの病気だと思われていたが、大人でもなる。

最近では、身近な病気で家庭や社会に深刻な影を落としている、うつ病や認知症などの精神疾患がある。

がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、は国民病とも言われ、医療法に基づいて「4大疫病」に指定されている。

厚生労働省は、これに精神疾患のうつ病や認知症を加えて、「5大疾病」とすることを決めたこれを機に、精神疾患に対する正しい認識も広めていかねばならない。

今まで、どこか正面から見ようとしなかったことが、対策の遅れを招いた。精神疾患は、社会全体が取り組むべき国民病である。

精神疾患の患者数は323万人。がん患者の2倍以上で、糖尿病の237万人と比べても規模の大きさはずぬけている。治療を受けていない患者を加えればさらに膨れあがる。

うつ病は、性格や精神面の弱さが、原因のように言われることが多い。年齢や性別、性格などに関係なく、誰でも発症する可能性があることを知るべきである

認知症は、高齢化の進展で、患者数が急増していくのも避けられない。初めのころは、本人に病気という認識がなく、周囲も気づかない。

3万人を超える年間自殺者の大多数は、何らかの精神疾患が関係していると言われている。これからは、新時代の精神科医療を、大いに築かねばならない

             がんばろう!日本

◎ 防犯・監視カメラの設置を検討されている方に!   

インターネットでスマートフォンやPCで遠隔から監視したり、   

映像だけでなく音声も拾えるため、ショップやサロンオーナーに人気!

◎ 一般家庭や事務所、小型集合住宅の防犯に最適なカメラと録画機のセット

◎ お得価格で、取付設置工事も込みは148000円が98000円から

◎ 詳しい続きはこちら 防犯カメラの設置工事専門

◎ 防犯カメラの導入は、スターセキュリティーに! ◎ 工事も込みで安価!   熟練の電気工事士が建物や室内の美観に配慮してカメラを設置します。

◎ 防犯設備士が提案!   防犯のプロフェッショナル防犯設備士が最適なカメラの選定と設置場所を提案。 ◎ ネットワーク設定も可能!   素人では難しいネットワーク設定もスピーディーに対応します。

◎ 詳しい続きはこちら 防犯カメラの設置工事専門

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 南極観測船と昭和基地! | トップページ | お姫さま、お嬢様! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てんかんで車の運転!:

« 南極観測船と昭和基地! | トップページ | お姫さま、お嬢様! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス