« これから一人暮らしで! | トップページ | 伝統の技術と新技術! »

2018年6月 8日 (金)

認知症対策は!

急速な高齢化に伴い、65歳以上の認知症患者は、現在の約500万人から2025年には約700万人になると見込まれている。

65歳未満の若年性認知症の問題もある。医療や介護などの社会保障費が大きく膨らみ、支えてとなる家族にも経済的、肉体的精神的な負担が重くのしかかる

介護をする人も、される人も認知症を患っている認認介護も深刻だ。認知症対策をどう強化していくかは喫緊の課題である。

国や自治体が施策を推進する上で根拠法となる基本法を制定する意義は大きい。今回の骨子案では認知症施策を国の責務と明記。

医療や介護だけでなく、教育、雇用、まちづくりの分野も含めた総合的な対策を盛り込んだ基本計画の策定を国に義務付けている。

注目すべきは、認知症の人は地域社会の一員であるとして、本人の意思を尊重した社会参加の促進を基本理念に掲げていることだ。

認知症は、ひとたび発症すると社会生活を送ることが難しいとの誤解が根強いしかし、早期発見や新薬の開発により症状の進行を遅らせることが可能に。

英国では、認知症患者の社会参加に国を挙げて取り組み、産業界にも協力をよびかけている。認知症の人も理解し易い金融商品やサービスの提供を企業の責務としている。

                がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« これから一人暮らしで! | トップページ | 伝統の技術と新技術! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症対策は!:

« これから一人暮らしで! | トップページ | 伝統の技術と新技術! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス