« 大阪で震度6弱! | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭は! »

2018年6月21日 (木)

源頼朝の晩年は!

新聞連載小説、修羅の都では、平家を滅ぼし鎌倉幕府を開いた源頼朝の晩年を認知症として描かれている。

ついには晩年、女房の北条政子らぶ毒を盛られ世を去る。寂しき将軍に見せることに字数を割いた。

病に至る伏線は、日常の憂いや不安から逃れるためとして、幾度となく書き込まれた相模湾の海辺を馬で疾走するシーンだった。

死の恐怖と対峙する孤独な権力者の姿がそこにあった。新しく始まった連載小説、隠居すごろく。

時代や舞台は違えどテーマは孤独に陥りがちな老人にあるようだ。江戸時代、嶋屋という六代続いた糸問屋の主人・徳兵衛。

突然、店を倅に継がせると隠居宣言したところから物語は始まった。しかし、隠居宣言を聞いた家族や番頭の半分が、さして驚いた風情を見せなかった。

長年にわたり店を仕切ってきた徳兵衛には当然不満が残る。ここらあたりに、家族や店の中に何やら冷たい空気が流れていたことを予感させる。

話は始まったばかりだが、ともあれ隠居すごろくは、男性の老後の生き方の難しさを教えてくれそうだ。

               がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 大阪で震度6弱! | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源頼朝の晩年は!:

« 大阪で震度6弱! | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス