« スポーツ産業の裾野の広さ! | トップページ | 人それぞれ異なる! »

2018年6月14日 (木)

自身を表す言葉が多い!

ドイツの児童文学者・ミヒャエル・エンデは、日本語に「私」を意味する言葉が、20ほどあると指摘した。

わたし、わたくし、僕、俺、おいら、うち、わて、おら、等。英語やドイツ語と違い、なぜ日本語に驚くほど「私」を表す言葉が多いのか。

彼は、日本語の「私」は、他者に対する関係しか表現していない。日本人は、ヨーロッパ文化の基盤である「私」という概念を持っていない、と分析した。

確かに、日本では、不動の個人の確立よりも、和をもって貴しとなすが、重要とされてきた。「私」は、他者との上下関係や親近感の濃淡など、場面によって、僕、俺、などと変化する。

相手との関係が重視され、複雑な警護も発展した。当然、言語は明快でなくなる。16世紀の日本で、布教を続けた宣教師・ルイス・フロイス。

彼は、ヨーロッパでは、言葉の明瞭であることを求め、曖昧な言葉を避ける。日本では曖昧な言葉が一番優れた言葉で、最も重んじられていると、記した。

現在、中国や韓国の世界への広報宣伝は、わが国を圧倒し、日本外交は、対外宣伝のあり方で、改革を迫られている。

日本語による発想の特質や課題を見極め、明確な論理と説得力ある発信が、世界へ発せられることが求められている。

               がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« スポーツ産業の裾野の広さ! | トップページ | 人それぞれ異なる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自身を表す言葉が多い!:

« スポーツ産業の裾野の広さ! | トップページ | 人それぞれ異なる! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス