« 食品ロスの問題は! | トップページ | スポーツ産業の裾野の広さ! »

2018年6月13日 (水)

福島県の主要魚種漁復活は!

原発事故翌年の2012年から魚種や海域を限定して実施してきた試験操業の一環で、これで出荷制限されていた主要魚種全ての漁が復活したことになる。

今回、新たに試験操業に加わったのはスズキのほか、シロメバルとキツネメバル。いずれも暖流の日本海流と寒流の千島海流がぶつかる好漁場。

県漁連によれば、3魚種とも過去3年以上、国が定める放射性物質の基準値を超えていない。

試験操業による全魚種の水揚げ量は、昨年実績で3281トン。震災前水準には遠く及ばないが、それでもスタート時の12年121トンに比べれば成長だ。

ただ、かっての福島漁業の活気を取り戻すには、なお多くの課題を乗り越えなければならないのも事実だ。

今回の主要全漁種復活に合わせ、流通大手のイオンが首都圏の5店舗に福島県産水産物の常設売り場を開設したのは注目される。

同様の取り組みが他の大都市圏の量販店でも出てくれば、おのずと常磐もののPRが進み、風評払拭と販路、価格双方の回復につながると期待できる。

地元漁業者や流通業者らはもちろん、国や各都道府県も全力で支援し、この好循環の構図をぜひ創出してほしい。

                がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 食品ロスの問題は! | トップページ | スポーツ産業の裾野の広さ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181886/66822811

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の主要魚種漁復活は!:

« 食品ロスの問題は! | トップページ | スポーツ産業の裾野の広さ! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス