« ものの見方には! | トップページ | 引退組が活躍! »

2018年7月 6日 (金)

2040年の自治体は!

2040年ごろの行政のあり方を検討してきた総務省の研究会は、人口減少下の自治体の運営方法について報告書を公表した。

報告書は、40年ごろには地方の9割以上の市町村で人口減少が進み、地域の中心都市ですら機能を保てなくなると見込んでいる。

このため、個々の自治体が全ての政策を手がけるフルセットの行政事務を担うのは困難と指摘。

現在も中心となる自治体と周辺市町村が役割分担する、連携中枢都市圏といった仕組みはあるものの、施設の相互利用やイベントの共同開催などに。

とりわけ、医療・介護サービスはニーズが高まると見込まれるだけに、自治体が圏域で連携して受け皿を確保する体制づくりは意義があろう。

例えば、専門性がある入院を含む医療を提供する二次医療圏は現在、都道府県が設定しているが圏域で対応できれば、県境をまたいで広がる提供できる。

また、運転できない高齢者らが利用しやすい場所に医療・介護施設などを誘導立地する仕組みもある。

医療・介護サービスだけでなく、各自治体は大規模災害への対応や公共交通街づくりなど、多岐にわたる分野での連携について本格的な検討を迫られる。

                  がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« ものの見方には! | トップページ | 引退組が活躍! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2040年の自治体は!:

« ものの見方には! | トップページ | 引退組が活躍! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス