« ランドセル選び! | トップページ | 学校生活と熱中症! »

2018年7月22日 (日)

老後の安心率!

認知症になっても安心して暮らせるか不安。本人や家族にとって切実な問題であり、周囲の手助けなしには立ち行かない人は多い。

現在、約906万人いる認知症サポーターを、2020年度末までに1200万人にする目標を政府は決めた。

認知症サポーターは、05年に厚労省が創設したボランティア制度で、地域や職場、学校などで養成口座を受講すれば資格を得られる。

認知症サポーターの役割は、認知症を正しく理解し偏見を持たない。近隣の認知症の人や家族にできることから手助けする。

地域の医療や介護、行政など関係機関と協力、連携して応援する体制をつくる認知症サポーターの活動の多くは見守りで、万一の時安全網となる。

だが、実際に地域にその存在が知られているケースは少ないのではないか。サポーターが活躍できる環境をどう整備するかが課題と言えよう。

積極的な情報提供も重要である。最新の認知症対策など必要な情報をサポーターに周知して支援に役立てていきたいものだ。

地域によってサポーターの数に格差が生じていることも見過ごしてはならない。人口に占めるサポーター数の割合を見ると、東京、埼玉、神奈川が低い。

                 がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« ランドセル選び! | トップページ | 学校生活と熱中症! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老後の安心率!:

« ランドセル選び! | トップページ | 学校生活と熱中症! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス