« 無国籍問題は! | トップページ | 受動喫煙対策は! »

2018年7月27日 (金)

幼少期の学びが!

日本人で初のノーベル賞を受賞した理論物理学者の湯川秀樹氏。幼少時代、茶の間の卓上にはいつも、子ども之友という雑誌が置かれていた。

自然と目を通すようになり、分からない内容にぶつかると母に質問する。母は何をしている時でも手を止め、丁寧に説明してくれた。

5,6歳の頃には、漢字に堪能な祖父から漢書の素読声を出して読むを教え込まれ、その後の読書を容易にしてくれた。

欧米を中心に子どもの発達を長期にわたって追跡する調査が続けられており、幼少期の学びがその後の成長や人生に大きな影響をもたらすと指摘されてる

研究の第一人者米シカゴ大学のヘックマン教授によれば、幼少期の教育効果は、やる気や忍耐力、協調性など。

目に見えない内面の能力である非認知能力を高める意義があるという。家庭環境の違いで伸びる芽が摘まれてはならない。

教授は就学前の公的な教育支援を訴える。日本では、来年度予算編成などに向けた経済財政運営の基本指針となる骨太の方針。

幼児教育の段階的無償化が明記された。人生の土台づくりを支え、未来を開く人への投資に力を注ぐ。

                 がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 無国籍問題は! | トップページ | 受動喫煙対策は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼少期の学びが!:

« 無国籍問題は! | トップページ | 受動喫煙対策は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス