« 介護の問題は常識では! | トップページ | 古くなった電池は! »

2018年9月 7日 (金)

iPS治験は今どこまで!

多くの患者を救う再生医療の実用化に向けた取り組みが大きく動き出す。京大チームが、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者の脳へ移植する。

臨床試験を始める。年内にも最初の患者への移植手術が行われる。体のあらゆる細胞に変化する能力を持つiPS細胞の作製から10年余り。

これまで、iPS細胞から作った網膜の細胞を目の難病、加齢黄班変性の患者に移植するなど、着実に成果を重ねてきた。

今回は、他の臨床研究に比べてより実用化が近いと期待されており、将来的な保険適用を見据えた治験として大きな一歩だ。

何より、国内で約16万人に上るパーキンソン病患者にとっては朗報となろう。パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンを出す神経細胞が減って発症

そんな難病で手足の震えや体のこわばりが起こる。徐々に身体が動かなくなることで、日常生活が困難になり介護が必要になるケースもある。

現在の治療法は、ドーパミンの分泌を促す薬の服用が主流だが、症状が進んで神経細胞が減ると効果が薄れる。

根治法がない中、iPS細胞が活用できれば長期間にわたる治療法の確立につながり、治療の選択肢も広がる。多くの患者が待ち望んでおり、成功させてもらいたい。

                  がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 介護の問題は常識では! | トップページ | 古くなった電池は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS治験は今どこまで!:

« 介護の問題は常識では! | トップページ | 古くなった電池は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス