« 見てみぬ思いは! | トップページ | 公立学校の耐震化は! »

2018年9月12日 (水)

声を出して本を読む!

本を読む時に、声を出して読む人、黙って読む人、誰かに読んでもらって聞いている人、などさまざまである。

日本で黙読(黙って読む人)の習慣が定着したのは、明治以降のことというのが、通説になっている。文字を読める人が少なかったので、誰かに読んでもらう習慣があった。

明治10年ころまでに、新聞縦覧所という施設が各地につくられ、そこで人々は、新聞や雑誌を朗読したり、討論したりしていた。

新聞や雑誌などの印刷物は、あくまでも演説や討論の材料に過ぎず、声によるコミュニケーションこそが主体であった。

人間が言葉を獲得して以来、言葉とは、声を通して発せられるものであり、文字が発明された後も、文字は声と切り離せなかった。

1昨年に亡くなった名俳優の大滝秀治さんは、役づくりに入ると、24時間台本を手放さなかったという。徹底的に読み込み、せりふを自分の言葉にした。

彼は、ある時、先輩に云われた。台本のせりふの活字が見えるうちは、まだまだ台詞だと。 活字が見えなくなって初めて台詞が言葉になる。つまり、舞台は言葉だと。

携帯メールが爆発的に普及し、声を媒介としない意思疎通の機会が増えた。それはそれで便利なものだが、思いを伝える力は、声に及ぶべくも無い。

相手を励まし、勇気と希望の言葉を心の奥まで届けようと思うなら、会って、話す事が一番である。読書に加えて、対話にも励むことを心がけてみよう。

                 がんばろう!日本  

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 見てみぬ思いは! | トップページ | 公立学校の耐震化は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声を出して本を読む!:

« 見てみぬ思いは! | トップページ | 公立学校の耐震化は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス