« 声を出して本を読む! | トップページ | 大震災から7年6ヶ月過ぎて! »

2018年9月12日 (水)

公立学校の耐震化は!

災害時の避難所に指定されている公立小中高校などの、防災機能に関する調査結果を文科省が公表した。厳しい現状が浮き彫りになった。

施設利用計画を策定済みの学校の割合が4割に満たないことだ。施設利用計画は、運営本部をどこに設置するか。

感染症患者の専用スペースはどうするかなど、避難所としての運用方法を定めるもの。被災者を円滑に受け入れ、学校施設を効果的に利用する上で重要だ

断水時でも利用できるトイレの確保だ。言うまでもなく、排泄への備えは、水や食料の備蓄とともに避難所に求められる最大の役割である。

非常用物資の備蓄は72%の学校で終えているのに対し、携帯トイレや雨水を使用するタイプなど断水時のトイレを備えている学校は49.5%にとどまる。

過去の災害では断水で避難所のトイレが機能せず衛生面で問題となったり、トイレを心配して水分を控え、エコノミークラス症候群や脳梗塞につながった例も

有効なのが、マンホールの上に簡易トイレを組み立てて使用するマンホールトイレだ。下水管につながるため水道が止まっても利用できる。

公立学校の耐震化は、ほぼ完了している。次の課題は避難所として求められる機能を十分に確保することであろう。

               がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 声を出して本を読む! | トップページ | 大震災から7年6ヶ月過ぎて! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公立学校の耐震化は!:

« 声を出して本を読む! | トップページ | 大震災から7年6ヶ月過ぎて! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス