« あの人誰だったけー! | トップページ | 高齢者の運転免許返納は! »

2018年9月24日 (月)

日本オリンピックの父嘉納治五郎!

2020年東京オリンピックまで1年10ヶ月、スポーツ界でさまざまな問題が噴出するなか、日本降りピックの父嘉納治五郎の生涯を振り返る。

嘉納治五郎は21歳の時に人間教育の手段として講道館柔道を創立。32歳から東京高等師範学校の校長を通算25年務めるなど教育者として活躍した。

また、清国からの中国人留学生を受け入れるため新宿区西五軒町に弘文学院を創設。後に中国文学革命の旗手となる魯迅もここで学んだ。

弘文学院を卒業した魯迅は、仙台の医学専門学校(現東北大学医学部)へ。師と仰ぐ藤野先生との交流は今も語り継がれている。

オリンピックとの本格的な関わりは、アジア初のIOC委員に就任してからだ。嘉納治五郎は1940年の東京招致を成功に導く。

東京大会は、日中戦争により幻の大会となったものの、1964年に実を結んだ1938年5月、嘉納治五郎はIOC総会から帰国途上の船内で肺炎で急逝した

今年は没後80年になる。教育なくして人間は人間たりえない。77年の人生に幕を下ろした。

最期まで教育の力を信じ闘い抜いたかの治五郎の生涯から学ぶべきものは多い。それを今の政治家はどう思うのか。

                 がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« あの人誰だったけー! | トップページ | 高齢者の運転免許返納は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本オリンピックの父嘉納治五郎!:

« あの人誰だったけー! | トップページ | 高齢者の運転免許返納は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス