« 今は50にして立つ! | トップページ | マスコミの役目は! »

2018年9月23日 (日)

抗生物質のペニシリンは!

世界初の抗生物質であるペニシリンがアレクサンダー・フレミング博士によって発見されたのは、90年前の1928年。

医療用として実用化されるまでにはなお10年以上を要したが、この功績で同博士はノーベル生理学・医学賞を受賞。

以降、多くの抗生物質が医療現場に提供される礎を築いた。だが、細菌の増殖を抑える抗菌薬は、例えば、ウイルスが原因の風邪には効果がなにい。

そればかりか誤って多用すると、薬が効かなくなる薬剤耐性菌の増加につながってしまう。

鹿児島と静岡の病院で先月、耐性菌に感染した患者計10人の死亡が明らかになったことは記憶に新しい。

にもかかわらず、44%の人が抗菌薬は風邪やインフルエンザに効くと誤解し、3人に1人が風邪に抗菌薬を処方するのを、良い医師と思っている。

国立国際医療研究センターの調べで分かったと先ごろ報じられた。こうした患者側の求めに応じて、6割の医師が抗菌薬を処方していたとの別の調査結果も。

抗菌薬の乱用対策がとられずに耐性菌がこのまま増えていけば、2050年には世界で年1000万人の死亡が想定されるという。

               がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 今は50にして立つ! | トップページ | マスコミの役目は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抗生物質のペニシリンは!:

« 今は50にして立つ! | トップページ | マスコミの役目は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス