« 職場に保育所があれば! | トップページ | 火災警報器の設置義務! »

2018年10月17日 (水)

7はナナと呼ぶ!

「1」から「10」まで数える。次に「10」から「1」へと逆に数えてみる。すると、読み方が異なる数字があるのがわかる。

「4」と「7」である。正順では「4」を「シ」だったのが、逆順では「ヨン」と読む人が多い。同じように、「7」を「シチ」だったのが、「ナナ」と読む。

「1」から「10」の正順の読み方は、一種の成句として、伝統的に定着しているという。それに対し、逆順のときは、一つ一つの数字を、別個に考える傾向がある。

なぜ一つずつ意識した場合、読み方が変わるのか。「シ」は「死」を嫌って「ヨン」に、「シチ」は「イチ」との混同を避けて「ナナ」に置き換えるようだ。

まとまりとしてではなく、それぞれに光を当てるとき、固定観念が消え、別の側面が浮かび上がってくる。

「十把ひとからげ」と「十人十色」。同じ「十」でも、前者は個別に取り上げるほどの価値もないことを表し、後者はかけがえのない個性の輝きが強調される。

釈尊の「十大弟子」は「智慧第一」の舎利弗をはじめ、皆が個性ある才能を最大限に開花させた。「十人十色」の好例である。

皆が人材、皆が使命ある未来の宝である。人材育成は「一人」をどこまでも大切に、励ます心が根本である。個性があって団結ができるのだろう。

               がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 職場に保育所があれば! | トップページ | 火災警報器の設置義務! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7はナナと呼ぶ!:

« 職場に保育所があれば! | トップページ | 火災警報器の設置義務! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス