« 残薬が大きな問題! | トップページ | 鹿鳴館の命名! »

2018年11月15日 (木)

中高年の再犯防止は!

日本の刑事司法にとって、高齢の犯罪者の再犯防止が重要課題になている。2015年9月現在で65歳以上の高齢者の割合は約27%で、増える傾向で対策が

1996年以降の約20年で、刑法犯として起訴された人のうち前科のある人の割合は、65歳未満が47~53%台で推移してきたが高齢者は63~72%と高い。

高齢者の犯罪の多くは窃盗であり、再犯も窃盗が多い。住む家と仕事がないことで孤立感を深め、生活に困って窃盗を繰り返す現実がある。

高齢者の再犯防止は社会全体の取り組みが大事だが、特に捜査段階から関わり起訴や不起訴を決める検察の役割は重要である。

裁判で執行猶予が見込まれる場合、検察官が再犯の恐れがあると判断すれば保護観察つき執行猶予を求める求刑をすることもある。

地検の職員は、検察官が刑務所よりも社会内での処遇の方が更生に役立つと判断した高齢の犯罪者に対し、生活保護の受給や宿泊所への入所などの相談に乗る。そのための手続きに同行もする。

検察庁は、全国の地検で社会復帰の支援などを担当する職員を対象にした研修会を始めて開催するなど、再犯防止に本腰を入れている。

高齢者と犯罪の関係については、高齢で仕事を失ったことや、やりがいのある活動に出会えないことへの不満が犯罪の契機になっているとの研究もある。

                 がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 残薬が大きな問題! | トップページ | 鹿鳴館の命名! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中高年の再犯防止は!:

« 残薬が大きな問題! | トップページ | 鹿鳴館の命名! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス