« 情けは人の為ならず! | トップページ | 会った最後は! »

2018年12月29日 (土)

1万時間の法則!

面積の96%が森林、人口1000人の高知県馬路村。かっては林業で栄えた。村内には営林署が2ヵ所、田舎町には異例だが毎月安定した収入を得る国家公務員が大勢いた。

町には映画館もあった。その後、林業の衰退と過疎化が進んだ。3500人いた村民は、次々と村外へ移住していった。

他に産業は見当たらず、廃村になってもおかしくない状況に陥るが、その危機感がバネとなり、ピンチをチャンスに変えることなる。

限られた土地で作られていた「ゆず」に着目した。これを原料にゆず加工品の製造販売に、勝負がかけられた。

それから、30年余、当初思うように売れない時期もあったが、村の農協が手がけるゆず加工品の売上は、今では年間32億円になった。

雇用も生み出し、村民の約10%に当たる人々が農協で働くようになった。IT(情報技術)効果で、都会から遠く離れた山里が、全国へ元気を伝える発信地にもなっている。

「1万時間の法則」という言葉が、マルコム・グラッドウエル氏の著書に出てくる。何事もこのくらい徹することができれば、一つの道に通じ、道は開けるという意味である。

逆境に立たされた時が転機になることは多い。その時に、腹を据えて事に処することができるかどうか。苦労が徒労に終わらず、報わればまた頑張ってみようとなれる。

                がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 情けは人の為ならず! | トップページ | 会った最後は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1万時間の法則!:

« 情けは人の為ならず! | トップページ | 会った最後は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス