« 高齢者の健康づくりは! | トップページ | 決意と行動は違う! »

2019年1月 1日 (火)

認知症施策は!

認知症の人は尊厳を保ちつつ地域の中で安心して暮らせる社会をめざし、取り組みを一段と加速させる。

団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症の高齢者が約700万人に達すると見込まれており取り組みの強化は喫緊の課題だ。

認知症になっても共生の取り組みに加え、認知症の予防を新たな柱とし、車の両輪として施策を推進していくこと。

共生の面では、認知症の人が暮らしやすい環境整備を急ぐ必要がある。1000万人を超えた認知症サポーターの地域での活躍を促す。

かかりつけ医の対応力向上や初期集中支援チームの活動支援など、早期診断早期対応への体制強化が重要だ。

また、スーパーのレジや金融機関などをスムーズに利用できるような工夫も求められる。例えば、対応に時間がかかっても気にしないてすむスローレーンの設置

予防については、何よりも研究費の拡充が欠かせない。健康寿命の延伸につながる効果的な予防策が見つかれば結果として医療にかかる費用も抑られる

今後、特に重要になるのは、若年性認知症への対応と、認知症の人の意思決定支援ではないか。

              がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 高齢者の健康づくりは! | トップページ | 決意と行動は違う! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症施策は!:

« 高齢者の健康づくりは! | トップページ | 決意と行動は違う! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス