« 自殺9年連続減は! | トップページ | お天道さまにお蔭さまは! »

2019年2月 6日 (水)

何らかの精神疾患!

NHKの「ためしてガッテン」に、認知症と間違えられる「てんかん」の話が放映されていた。子どもの病気だと思われていたが、大人でもなる。

最近では、身近な病気で家庭や社会に深刻な影を落としている、うつ病や認知症などの精神疾患がある。

がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、は国民病とも言われ、医療法に基づいて「4大疫病」に指定されている。

厚生労働省は、これに精神疾患のうつ病や認知症を加えて、「5大疾病」とすることを決めたこれを機に、精神疾患に対する正しい認識も広めていかねばならない。

今まで、どこか正面から見ようとしなかったことが、対策の遅れを招いた。精神疾患は、社会全体が取り組むべき国民病である。

精神疾患の患者数は323万人。がん患者の2倍以上で、糖尿病の237万人と比べても規模の大きさはずぬけている。治療を受けていない患者を加えればさらに膨れあがる。

うつ病は、性格や精神面の弱さが、原因のように言われることが多い。年齢や性別、性格などに関係なく、誰でも発症する可能性があることを知るべきである

認知症は、高齢化の進展で、患者数が急増していくのも避けられない。初めのころは、本人に病気という認識がなく、周囲も気づかない。

3万人を超える年間自殺者の大多数は、何らかの精神疾患が関係していると言われている。これからは、新時代の精神科医療を、大いに築かねばならない

             がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 自殺9年連続減は! | トップページ | お天道さまにお蔭さまは! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何らかの精神疾患!:

« 自殺9年連続減は! | トップページ | お天道さまにお蔭さまは! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス