« 小説は現場が大事! | トップページ | 人々の連帯は! »

2019年2月15日 (金)

辞書の仕事は!

増井元氏は辞書つくりについて記したものは、大勢の人の共感を得て今後とも続いてゆくかどうか、それを読む判断が必要。

広辞苑などの編集に携わったその道の第一人者である。流行語の寿命は得てして短い。

一般社会での使用があまり見られない時期、他に先駆け介護という言葉を広辞苑第三版に入れた経緯も明かしている。

同版の発行は35年以上も前のことだ。増井氏の回想によれば、看護でも介助でもない、その両者を合わせたような仕事を表す言葉が必要になっていると。

時流を読み、下した決断は的を射ていたのだ。だからというわけではないが、執筆をして13年間、欠かさず引いているという人も。

もちろん、載っていない言葉もある。大江英樹著定年前では、定年後への準備を指す定活は第七版でも見当たらない。

しゅうかつと引くと、就職活動の略語就活はあったものの人生の終末に向けての準備を意味する終活はなかった。

ちなみに活の字には、勢いよく動くこと、気力を起こさせる、といった意味がある勝つや喝にも一脈通じよう。

               がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 小説は現場が大事! | トップページ | 人々の連帯は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辞書の仕事は!:

« 小説は現場が大事! | トップページ | 人々の連帯は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス