« 周りは動き出す! | トップページ | 命名権の売却は! »

2019年2月 8日 (金)

小倉織はどこへ!

葉室麟氏の小説・風花帖は、小倉藩の御家騒動を描いた。剣の達人である主人公が重臣の渋田見主膳を襲い刺殺する物語。

渋田見主膳が刺客に襲われたのは事実だが、実際には槍が袴の上を滑り、無傷だったと伝えられている。

主膳がはいていたのは、通常の綿織物に比べて3倍の経糸で織られる小倉織だった。幅35センチの帯に用いられる経糸は2200本。

その密度が丈夫さを生み、坂本龍馬も愛用した。製法上、縦縞にしか織ることができず横や斜め柄で華美な博多織とは対象的に真っ直ぐな縦縞模様が特徴

皮肉にも、北九州が支えた日本の近代化の陰で、小倉織は昭和の初期に姿を消す。

同市出身の染織家・築城則子さんが、偶然に手にした端切れから、試行錯誤の末に復元したのは1984年になってからだ。

築城さんは、経糸が多く織りにくいことについて、妥協を許さない北九州人の思いと語っていた。

小倉藩騒動の後、槍をも通さぬ小倉織は、全国の武士の間で袴や刀を差す帯として重用されたという。

             がんばろう!日本

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。                                         ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。                                  ・忍耐力、決断力。                                                                             ・負けること、勝つことを経験する。                                                        ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

« 周りは動き出す! | トップページ | 命名権の売却は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小倉織はどこへ!:

« 周りは動き出す! | トップページ | 命名権の売却は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス