« ルーズベルト・ゲームの試合は! | トップページ | 新導入の車両は! »

2019年3月30日 (土)

それぞれの介護事情!

在宅看護の実情を踏まえた判決だった。認知症の男性が徘徊中、列車にはねられて死亡した事故をめぐり、JR東海が輸送費など損害賠償を求めた。

 

最高裁は、家族の賠償責任を認めない判決を下した。男性は妻が少しの間のうたた寝をしている間に自宅から姿を消し、線路に入った。

 

最高裁は、妻や長男という理由だけで監督義務があるわけではないと、結論付けた。介護の実態などを総合的に考慮し判断すべきとした。

 

妻は事故当時85歳で、要介護1の認定を受けていた。長男は20年以上男性と同居していなかった。

 

今回の事例で家族の監督義務を問うと、介護現場の負担はより過酷になってしまう。そんな最高裁の判断だった。

 

一方、今回の判決では監督義務がないとされたため、どんな義務を怠った場合に賠償責任が問われるのかが示されなかった。

 

認知症の行方不明者が出た時、登録者にメールで情報発信して早期発見、保護につなげるなど、先進自治体の取り組みも参考になる。

 

政府が策定した認知症来策の国家戦略では、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることをめざすとしている。その実現へ。

 

 
              がんばろう!日本

 

 

 

◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   

女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   

 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。

◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      

販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk

◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     

. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。

. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .

◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。  ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。     ・忍耐力、決断力。   ・負けること、勝つことを経験する。   ・日本の伝統を体感する。

◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061

◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

 

 

 

 

« ルーズベルト・ゲームの試合は! | トップページ | 新導入の車両は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルーズベルト・ゲームの試合は! | トップページ | 新導入の車両は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス