« スマホを賢く使う! | トップページ | 50年後の日本人口は! »

2019年4月15日 (月)

障がい者差別が!

障がいの有無に関係なく、誰もが互いに人格と個性を尊重し合う共生社会。その実現に不可欠な障がい者差別解消法が施行されてから今月でちょうど3年になる。


 


 


同法は、国の行政機関や自治体、民間事業者に対して、障がいを理由に差別することを禁じている。例えば、障がい者が役所に相談に行ったら対応を後回しされたりすることなど。


 


 


また、飲食店への入店を拒否されたりするようなことが起きない環境を整備することが重要である。残念ながら、こうした差別はいまだに存在する。


 


 


盲導犬を育成する公益財団法人・アイメイト協会が先月公表した調査によると、盲導犬を連れていることを理由に飲食店への入店や宿泊施設の利用などを拒否された経験のある視覚障がい者は52.9%に上る。


 


 


障がい者差別解消法の施行と関連して、施行前より状況は良くなっているが、まだ取り組みが足りないと、回答した視覚障がい者は58.8%、もっと積極的な取り組みが必要とのこたえは20%であった。


 


 


双方を合わせると約8割の視覚障がい者が、差別解消に向けたさらなる取り組みを求めている。障害者差別解消法は、目の見えない人には声をかけて誘導したりする。


 


 


また、耳の聞こえない人には筆談をするなど過度の負担にならない範囲で、障がい者の手助けをする合理的配慮を行うことも定めている。


 


 


東京都は、民間事業者にも合理的配慮を義務付ける条例を昨年6月に成立させた。2020年の東京五輪の開催に向けて、障がいを理由とした差別を解消する取り組みを民間事業者にも促している。


 


                  がんばろう!日本


 


 



 


◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   


女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   


 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。


◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      


販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk


◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     


. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。


. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .



◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。  ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。     ・忍耐力、決断力。   ・負けること、勝つことを経験する。   ・日本の伝統を体感する。


◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061


◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 


 


 


 

« スマホを賢く使う! | トップページ | 50年後の日本人口は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホを賢く使う! | トップページ | 50年後の日本人口は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス