« 女性の政治参画は! | トップページ | 今も赤信号みんなで渡れば! »

2019年4月17日 (水)

学校は災害時に避難場所!

学校は子どもたちが一日の大半を過ごす学びの場である、と同時に、災害時には近隣住民の避難場所となるなど、地域の防災拠点としての役割も果たす。


 


一方で、天井や窓ガラス、照明器具といった非構造部材の耐震対策は遅れている。公立小中学校における非構造部材の耐震対策実施率は64.5%。


 


非構造部材の耐震対策を進めるには、施設の工法などに関する専門的な知見が不可欠だが、点検や対策はそうした専門知識を持たない学校任せに。


 


文部科学省は、学校施設の非構造部材の耐震対策先導的開発事業を開始した。自治体や教育委員会に専門家を紹介し、体制構築を促すという。


 


これまで目視による確認しか行なわれず、地震の際に崩落する危険性が見落とされているような非構造部材を徹底的に点検できるようになることが期待。


 


また、つり金具などで天井版をぶら下げている。つり天井の体育館も多い。つり天井は落下の恐れがあるが、工法が特殊で対策が難しい。


 


大震災では、天井の石膏ボードや照明器具のカバーが頭上に落ち、子どもがけがをしたり、落下した非構造部材が避難経路をふさぎ逃げられなかった。


 


学校の安全性を確保するには、非構造部材の耐震対策を急がなければならない。学校が避難場所の最たるものであるからだ。


 


                 がんばろう!日本


 


 



 


◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   


女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   


 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。


◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      


販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk


◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     


. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。


. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .



◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。  ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。     ・忍耐力、決断力。   ・負けること、勝つことを経験する。   ・日本の伝統を体感する。


◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061


◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 


 


 


 

« 女性の政治参画は! | トップページ | 今も赤信号みんなで渡れば! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性の政治参画は! | トップページ | 今も赤信号みんなで渡れば! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス