« しつけを口実に! | トップページ | 暮らしやすい社会へ! »

2019年4月 2日 (火)

公共工事の平準化とは!

年末や年度末に集中しがちな公共工事。特定の時期に偏ることがないよう平準化を一層進める。国や自治体は一般に前年度末に予算が成立してから公共工事の詳細設計や費用な見積り、入札などの契約作業に入る。


 


そのため年度前半は工事が少なく、年末や年度末にかけてピークを迎える場合が多い。2017年度の公共工事を金額ベースで見た場合、最多となった12月が最少だった5月の1.5倍を超えた。


 


 


14年度の1.8倍と比較すると縮小傾向にあるものの、依然として大きな差がある。工事の集中によって多岐にわたる弊害が生じていることだ。


 


機材や人手の不足による工期の遅れや短縮は、長時間労働を招きかねず、現場の安全確保にも支障をきたす恐れがある。工事の集中に伴う道路の混雑など市民生活への影響も甚大だ。


 


 


このため国は公共工事の施工時期の平準化をめざし、複数年契約による発注や、柔軟な工期の設定、見積りの前倒しを推進している。


 


 


豪雪地域など年末や年度末にかけての工事が難しい地域があることも考えれば、多様な手だてが必要であることはいうまでもない。


 


加えて重要なのは、公共工事全体の過半数を占める自治体の取り組みである。この点、先駆的な自治体の事例を参考にしたいものだ。


 


静岡県は16年度から道路の維持管理について、契約期間を7月から翌年6月末までと年度をまたぐ形に変更し、発注時期の平準化を進めている。


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   


女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   


 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。


◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      


販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk


◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     


. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。


. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .



◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。  ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。     ・忍耐力、決断力。   ・負けること、勝つことを経験する。   ・日本の伝統を体感する。


◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061


◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 


 


 


 

« しつけを口実に! | トップページ | 暮らしやすい社会へ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しつけを口実に! | トップページ | 暮らしやすい社会へ! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス