« 大金星の日本だった! | トップページ | 世間のしがらみは! »

2019年4月 6日 (土)

現場のニーズを!

日本人で最初にジーンズをはいたのは誰か。戦後、GHQとの交渉役だった白洲次郎との説があるが確かな根拠はない。


 


しかし、ジーンズが誕生した19世紀のアメリカには、ある日本人がいた。ジョン万次郎である。


 


1848年米カリフォルニアで砂金が発見され、ゴールドラッシュが始まった。無人島から捕鯨船に救出されて米国に渡っていたジョン万次郎。


 


彼は帰国費用を稼ぐため金の採掘に従事。ジーンズは当時の金鉱労働者の作業ズボンから発展したものだという。


 


ジョン万次郎の出身地、高知県土佐清水市では、ジョン万次郎資料館が改装オープン。関連企画として万次郎が生きた時代の最古級ジーンズの要素。


 


それを取り入れたジョン万デニムを制作し、限定120着で受注生産する。ちなみに金採掘で成功した者は、ほんの一握り。


 


殺到した大多数の人が抱いた大富豪の夢は幻と散った。その一方、シャベルやバケツなど金鉱現場の必需品を大量に仕入れて売るビジネスで富を築いた者


 


ジーンズの元になった丈夫な作業ズボンの開発も成功例の一つだが、共通しているのは、現場のニーズをいち早くつかんだことである。


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   


女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   


 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。


◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      


販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk


◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     


. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。


. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .



◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。  ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。     ・忍耐力、決断力。   ・負けること、勝つことを経験する。   ・日本の伝統を体感する。


◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061


◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 


 


 


 

« 大金星の日本だった! | トップページ | 世間のしがらみは! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大金星の日本だった! | トップページ | 世間のしがらみは! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス