« 童謡が生まれて100年が過ぎた! | トップページ | 家を離れて行く! »

2019年4月13日 (土)

文章の音読が効果!

有吉佐和子著書恍惚の人は、認知症をテーマにした小説で出版したのは、昭和47年の1972年だった。


 


介護や徘徊などの高齢化問題が身近に迫ってきたことを世間に予見させ、ベストセラーとして200万部近い売り上げとなった。


 


あれから40年以上の歳月が流れた。2012年平成24年の時点で、65歳以上の約7人に1人が認知症となる。


 


正常と認知症との中間状態の軽度の認知症を合わせると、65歳以上の実に4人に1人が認知症、またはその予備軍と推計された。


 


さらに、2025年平成37年には認知症の人は65歳以上の高齢者の5人に1人の割合にまで上昇すると見込まれている。


 


65歳といえば定年退職期を迎える年代だし、年金受給開始の年齢である。そうした時に、認知症ではあまりにも悲しい。


 


しかし、恐れることなかれ。脳のリハビリ研究の第一人者である、東北大学・川島教授は、認知症予防に文章の音読が科学的に効果があることを立証した。


 


これは文章の意味を理解する必要はなく、800字程度の文章を声を出して早く読む、音読を毎日短時間行なうだけで、脳の機能は活性化されるという。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ 日本初!女の子がトキめく木製将棋セット 「♡shogi(ハート将棋)」(5,000円 税別)   


女の子がトキめくハート型のデザインの駒をピンク色の将棋盤に並べて楽しめます。   


 駒の動き方がデザインされているので、この将棋ブームで将棋に興味を持った方も    すぐに楽しめる初心者向けにもぴったりの将棋セット。


◎ 昨年末に販売開始した新商品です。      


販売店舗が限られているため、まだ目にしていない方も多いでしょう。   今話題の将棋ブームで「ノンストップ」や「ニュース23」にも取り上げられました。   「ノンストップ」ダイジェスト版はこちら↓ https://www.youtube.com/watch?v=ccVCTkr0Bkk


◎ 将棋を楽しむことで、色々な力がつきます。     


. ハート将棋をきっかけに将棋をやってみる子供たちが増えることを楽しみにしております。


. ◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも .



◎ 将棋をやることで身に付くものがあります。  ・相手の気持ちを考える、先を読む力が身につく。     ・忍耐力、決断力。   ・負けること、勝つことを経験する。   ・日本の伝統を体感する。


◎ 尚、実物は、現在東京大阪の雑貨屋カフェでご覧いただけます。    http://www.naturliv.jp/blog/?p=1061


◎ 詳しい続きはこちら 今が旬の将棋をあなたも



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 


 


 


 

« 童謡が生まれて100年が過ぎた! | トップページ | 家を離れて行く! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 童謡が生まれて100年が過ぎた! | トップページ | 家を離れて行く! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス