« 絶滅と思われていたが! | トップページ | 愛鳥週間が始まる! »

2019年5月 9日 (木)

巣立った後の人生!

子どもらが次々と巣立って出る度に、腹がぐるりとえぐれたようだ。就職、結婚などでわが子が、親元から去っていく時季である。


 


強烈な比喩が胸を打ち、父子のつながりの強さと別れの淋しさが伝わってくる。詠み人に、頑張れ!と声を掛けたくなってしまう。


 


子どもが巣立った後の生き方も難しい。読売新聞に定年退職した夫と住んでいる60代の主婦の人生相談が載っていた。


 


悩みは夫の定年退職後の幼児化だった。働いている時は、部下に厳しく、子どもたちにも尊敬されていた。


 


しかし、今は、朝起きると、何を着ればいい。具合が悪いと、病院は行った方がいい。財布にはいくら入れたいい。


 


夫人が出かけようとすると、ついて来たがる奥様依存症だという。そんな夫を、評論家・樋口恵子さんは、一刀両断するかと思いきや存外に優しかった。


 


夫には定年までの人生の疲れが流出し、妻に向かっている。今の夫には部下や同僚は妻しかいない。女性の半分近くが統計的に90歳まで生きるのだから。


 


あなたが夫を育て直しましょうという。ただ、厳しく育て直されると、トラブルを生じる可能性もある。ほどほどにしておいてほしいものだが、どうだろう。


 


                 がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 絶滅と思われていたが! | トップページ | 愛鳥週間が始まる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶滅と思われていたが! | トップページ | 愛鳥週間が始まる! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス