« 後継者不足に直面! | トップページ | 令和の幕開け2週間! »

2019年5月17日 (金)

北里柴三郎と野口英世!

北里柴三郎が世界初の破傷風の純粋培養に成功したのは、130年前の春だった。彼が36歳の時で青年の情熱が不可能とされた細菌学の定説を覆した。


 


10年後の5月、北里氏に見いだされた22歳の野口英世が、横浜海港検疫所の検疫医官補になった。横浜港で船内のペスト患者を発見、隔離したことが評価された。


 


 


その10月には、中国でペスト戦う国際予防委員会の一員に抜擢された。後に黄熱病の研究で世界的に注目された野口氏は、私は少しも恐れるところがない。


 


私はこの世界に、何事かをなさんがために生まれてきたのだと、熱い言葉を残した。ノーベル賞候補にも名を連ねたこの2人はともに、青年時代の奮闘で世界の医学界に一石を投じている。


 


 


北里氏は、2024年に発行さえる新千円札の肖像に選ばれ、野口氏は04年から千円札の顔だが、その前の千円札の夏目漱石が初めて、漱石を名乗ったのも、1889年の5月で22歳だった。


 


 


若き日の夏目漱石は、攻めるときは韋駄天のごとくとつづった。令和に入って最初の参議院選の決戦も、熱き青年が韋駄天のごとく走り勝利を開くか。


 


                  がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 後継者不足に直面! | トップページ | 令和の幕開け2週間! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後継者不足に直面! | トップページ | 令和の幕開け2週間! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス