« 着眼大局とは! | トップページ | 韓非子の卓見! »

2019年5月 8日 (水)

5月病にかからないように!

遅い朝食をとっていると中学校の校庭から元気のよいかけ声が聞こえてきた。今年も運動会の練習が始まったようだ。


 


新学期から一月余り、新入生は中学校生活になじんだろうかと気にかかる。勉強が嫌いだとする子どもの比率は、中学校入学、高校入学のたびに増える。


 


調査によれば、小学生で3割程度だが中1で45%、中2で57%に激増、高校では6割で高止まりする。


 


薄ら寒い数字だが、希望もある。嫌いから好きに変わる子どもがどの学年でも1割前後はいる。


 


変化した子どもに何があったのか。勉強方法では、繰り返し書いて覚える。間違えた問題をやり直す。友だちと教えあうことで成績が上った。


 


また、調べたり考えたことを発表する授業や、学校の先生以外から話を聞く授業を受けている。さまざまな刺激を受けて、学ぶことに楽しさを覚えたのだろう。


 


意外なところを一つ。特に中高生の場合、勉強だけでなく仕事や進路、さらに社会のニュースについて、父親と会話しているこどもほど、嫌いから好きに変わることが多いという。


 


母の日が近い。子どもとの会話をお母さんに任せきりにしていないだろうか。お父さんとの話が変化のきっかけになるかもしれない。照れずに向き合っては。


 


                  がんばろう!日本


 


 


5



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 着眼大局とは! | トップページ | 韓非子の卓見! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 着眼大局とは! | トップページ | 韓非子の卓見! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス