« 手のひらで炎を囲って! | トップページ | トドによる被害は! »

2019年5月 3日 (金)

地域の活性化は!

統一地方選挙では、各地で無投票が相次ぎ、首長や議員のなり手不足が浮き彫りとなった。とりわけ人口減少や少子高齢化の影響が大きい地方は、政治の分野にとどまらず、産業の振興や伝統文化の継承でも担い手が不足。


 


地域活性化に欠かせない人材をどう確保するか。この点で注目したのが、関係人口という考え方である。これまで居住者を指す定住人口や観光客を意味する交流人口の増加が地域振興に重要とされてきた。


 


 


しかし、人口減少社会で定住人口の増加は容易ではなく、交流人口が増加しても担い手の確保に直接つながらない。過去に居住経験や滞在経験がある人。


 


 


または観光などを関係人口と定義し、地域おこしの新たな担い手となるよう取り組みを始めている。滋賀県長浜市は、首都圏在住で同市にゆかりのある人を対象に体験ツアーや情報発信を実施。


 


 


北海道は首都圏企業の社員や家族を視野に入れ、道内の17市町と連携し、現地に用意したオフィスで仕事をしながら農漁業体験などを楽しめるプランを策定する。


 


 


いずれも将来の定住や継続的な訪問を見込んでいるだけでなく、都市部で暮らしながら地域課題の解決に関わってもらうきっかけを提供するという狙いもある。


 


 


関係人口という考え方が広く浸透し、具体的な取り組みが成果を上げるには時間がかかるであろう。地方議会はもちろん、住民による意見交換などを通じて議論を深めることが重要だ。


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 手のひらで炎を囲って! | トップページ | トドによる被害は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手のひらで炎を囲って! | トップページ | トドによる被害は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス