« 空き家の増加は! | トップページ | 生き生きと一人で! »

2019年5月16日 (木)

盲導犬の訓練!

通勤時間帯も過ぎた始発駅。ホームに大型犬を連れた男性。よく見れば盲導犬の訓練中だ。ドア以外の場所から入ろうとするトレーナーを、体で食い止めている。


 


ひとしきり繰り返すと、トレーナーがほめる。打って変わったように優しげで、犬もうれしそうだ。盲導犬に出合うと、人はつい見つめてしまう。


 


 


関心があるだけに、盲導犬を連れた方の半数以上が入店を拒否されたことがあるという調査結果には驚く。調査は昨年4月から今年2月までの期間を対象とした。


 


 


拒否したのは飲食店や宿泊施設が大半だ。興味をひくのは、いったん拒否されても8割以上がその場で説明したり、盲導犬がおとなしくて迷惑をかけることはないと。


 


犬の様子を見せたりし、その結果、6割は入店できたということ。つまりは、盲導犬がどういうものなのか、意外なほどしられていないのだろう。


 


 


障がいを理由とした差別を禁止する差別解消法が施行されて3年になった。見た目にも分かりやすそうな盲導犬を連れた人に対する扱いすら、まだこうしたレベルだということに衝撃さえ覚える。


 


 


来年は東京五輪だ。海外から多くの人が日本を訪れる。盲導犬に限らず、障がい者に優しい社会作りへ、先ずは積極的な広報活動が求められる。


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 空き家の増加は! | トップページ | 生き生きと一人で! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空き家の増加は! | トップページ | 生き生きと一人で! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス