« 言葉の持つ力とは! | トップページ | 人の代わりは幾らでもいる! »

2019年5月25日 (土)

レジの風景が変わる!

日本全体の温暖化ガスの排出量からすれば0.2%にすぎないが、まずは身近な所からということで、レジ袋減少の取り組みは始まった。


 


スーパーで買い物をしてレジに並んでいると、レジ袋は要りません、というお客がけっこう多い。声をかけなくても辞退カードをかごに入れる所もある。


 


辞退すると、その店のポイントが2~5ポイントつけることで、レジ袋の減量に取り組んでいる。スーパーのイオンは一枚3円~5円の有料だ。


 


全国では3000以上の店舗で実施されている。日本チェーンストア協会によれば、辞退率が37.39%に達した。


 


10年前では8%、5年前で13.9%にすぎなかったことを考え合わせると、レジの風景が着実に変りつつあることがわかる。


 


1枚1グラムにも満たないポリ袋だが、年間300億枚ともなると、30万トンともいわれる膨大な量になる。


 


何げなく手にしている袋も、元をただせば輸入された石油に辿りつく。原発が停止して、火力発電が増強され、石油の消費が増量されている。


 


マイバッグ持参にすれば、1世帯あたり年間60キログラム弱の二酸化炭素排出量を、減らせるという試算もある。


 


1人当たり年間で数百枚を使い捨てているものを、どれだけ減らせるのか。まことに、小さな所から、環境への取り組みが始まっている。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 言葉の持つ力とは! | トップページ | 人の代わりは幾らでもいる! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉の持つ力とは! | トップページ | 人の代わりは幾らでもいる! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス