« 東京の人は元気ある! | トップページ | 91歳で通信講座を! »

2019年5月23日 (木)

宇宙への夢広がる!

世界で初めて月の裏側への探査機着陸を成功させた中国や、月や火星の探査に本腰を入れる欧米などを中心に宇宙開発が加速している。


 


 


そんな中、今年4月に地球からおよそ3億キロ離れた小惑星りゅうぐうの地表に地火物質を採取するための人口クレーターを作ることに成功した日本のはやぶさ2の偉業も見逃せない。


 


 


なぜ小惑星探査を行うのか。実は太陽から一定の距離にあるスノーライン(水が高温で水蒸気になるか。低温で氷となるかの境界)内側の地球は本来、水が蒸発して存在できなかったと考えれる。


 


 


このことから水は、小惑星や彗星などからもたらされたとする説が有力という。りゅうぐうには太陽系誕生時、水や有機物など生命の材料となる物質があったとみられる。


 


調査を通し生命の起源や太陽系の進化に迫られる可能性がある。人類初の月面着陸から50年。天体の試料を採取し持ち帰るサンプルリターン計画が世界の趨勢だが覇権主義などあってはならない。


 


 


宇宙開発のルールを定めた宇宙基本法制定に際し、宇宙の平和的利用を基本理念の第一に置き、行き過ぎた開発が行われないよう歯止めをかける。


 


 


水と生命に富む奇跡の惑星地球に恩恵をもたらす協調的な宇宙開発の機運の醸成を望みたいものだ。


 


                    がんばろう!日本


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 東京の人は元気ある! | トップページ | 91歳で通信講座を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京の人は元気ある! | トップページ | 91歳で通信講座を! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス