« 奉仕者リーダーシップが注目! | トップページ | 言葉の持つ力とは! »

2019年5月24日 (金)

歩道の安全確保は!

滋賀県大津市で発生した保育園児らを巻き込む交通死傷事故は、多くの人に強い衝撃と深い悲しみを与えた。1週間後の15日には、千葉県市原市の公園に車が突っ込み、遊んでいた園児をかばおうとした保育士が骨折する事故が起きた。


 


 


通学する小学生の列に車がぶつかる事故も依然としてやまない。子どもの命を交通事故からどう守るか。通学路の安全対策については、1990年代に大きく前進した。


 


 


歩道の拡幅をはじめ、ガードレールや標識の設置、一定区間の道路の速度規制、信号機や横断歩道の新設などが進められてきた。痛ましい事故を防ぐための努力を怠ってはならない。


 


 


大津市の事故現場では、道路を管理する県が、当面の措置として事故時の衝撃を和らげる緩衝具クッションドラム6個を交差点の歩道に設置した。


 


国は警察や道路管理者など関係機関との連携を図り、全ての学校で計画が策定されるよう早期に手を打つべきだ。待機寺児童の解消に向け保育所が増えており、その多くが施設外での散歩を日課としている。


 


 


一連の事故を教訓に通園や散歩時の安全確保に取り組む必要があるが、車の運転中に散歩する園児の集団が見えたときは特に注意するなど、社会全体で安全にたいする意識を醸成することが求められる。


 


 


日本は先進国の中で歩行者が死亡する交通事故の割合が多い。内閣府の交通安全白書によると、2016年の交通事故死者数のうち歩行者が占める割合は、米仏独などが15%程度なのに対し、日本は35%と高い。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 奉仕者リーダーシップが注目! | トップページ | 言葉の持つ力とは! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奉仕者リーダーシップが注目! | トップページ | 言葉の持つ力とは! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス