« あの山に登ろうよ! | トップページ | こどもの読書週間は! »

2019年5月 7日 (火)

万葉集はデスクで読む書物でない!

万葉集はデスクの上だけで読む書物ではありません。こう指摘して茶の間でくつろぎながら読むことを推奨するのは、万葉集研究の泰斗、中西進氏である。


 


理由は簡単明瞭。万葉集から貰えるものは知識人特有の高級な知識でなく、民衆の声なき声だから。一首一首に人間味が詰まり、名もなき民衆の言葉と普遍性が溢れているとも語る。


 


 


映画殿、利息でござるーの原作者磯田道史氏との対談集、災害と生きる日本人に詳しい。実際、万葉集のの大半は作者不明で種々雑多なテーマを詠んだ雑の歌が中心。


 


 


歌詠みのエリートたちによる洗練された、それ故にどこか嘘っぽい歌が並ぶ古今和歌集など勅撰二十一代集との最大の違いと言っていいだろう。


 


 


例えば、こんな歌。馬買はば妹歩行ならむよしゑやし石は履むとも吾は二人行かむ。歩いて行くのが大変だからあなたに馬を買ってあげたいと妻は言うが、そうなるとお前は歩かねばならぬ。


 


 


私はこれからもお前と二人で歩み行きたい。お世辞にもうまいとは言えぬまでも、何とも純朴な庶民夫婦の唱和に胸打たれそこに人の世の理想をみるのは座礁軸子一人ではあるまい。


 


 


そんな万葉集を典拠とする元号、令和の幕が上って1週間。名実ともに民衆の王者の時代であらんことを。


 


                  がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« あの山に登ろうよ! | トップページ | こどもの読書週間は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの山に登ろうよ! | トップページ | こどもの読書週間は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス