« 盲導犬の訓練! | トップページ | 桜の枝で染色! »

2019年5月16日 (木)

生き生きと一人で!

昨年1月に芥川賞を受賞した若竹千佐子さんの小説、おらおらでひとりいぐもの主人公。この先一人でどうやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ。


 


東北弁でつぶやく74歳の桃子さんは、夫に先立たれて15年。若竹さんも9年前に夫が逝き、大好きな夫でしたので、当初はただただ絶望しました。


 


その意味を探したいと、四十九日の翌日から小説講座に通い始め、63歳で同賞史上2番目に年長の受賞となった。


 


東京では、元気な女性が花言葉のアジサイが街を彩る季節。先週会った婦人は去年の春、ご主人が他界し、一人暮らしの76歳。


 


悲しみを乗り越え、今はいつも心躍ってると、友を励まして歩く。その笑顔にはアジサイが似合う。


 


83歳の壮年を訪ねると一人住まいの部屋には8年前に亡くなった奥様の写真が常に活動に率先する壮年は、選手として地域のチームを引っ張る。


 


毎日忙しい。目標があるから元気だと語る姿には、見ごろを迎えた花ショウブの花言葉は心意気が重なる。


 


小説の桃子さんも、おらはこれがらの人だと前を向いた。独居の高齢者が増え心配されるが、生き生きとひとりいぐ、と。


 


               がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 盲導犬の訓練! | トップページ | 桜の枝で染色! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盲導犬の訓練! | トップページ | 桜の枝で染色! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス