« 令和の幕開け2週間! | トップページ | 昭和歌謡が脚光を! »

2019年5月19日 (日)

会社が倒産した!

希望を胸に入社したが、想像以上にたぼうを極めた。営業で架ける電話が1日に300本。通勤は往復4時間。資格試験の勉強も深夜まで続いた。


 


もう無理と何度も思ったが、先輩に励まされ、新人で第1位の営業成績を、3ヶ月連続で収めることが出来た。


 


だが、その矢先に会社が倒産した。お先真っ暗になったが、気を取り直して、再就職先は、前の会社とは全くの畑違いだった。


 


しかし、新入社員をもう一度経験できると、腐らずに働き、新たな難関の資格試験にも合格した。同僚は彼の働きを見ていて信頼できると感じた。


 


苦労は青年の特権だ。米国のウォルト・ディズニーにも会社を解雇され、事業に失敗続きの時代があった。


 


それでも、若いころに失敗するのはいいことだ。なぜなら非常に多くのことを学べるからだと、達観していた。


 


こんなはずじゃなかったが、くじけずに、前を向いて進んでいく。だからこそ人生は面白いと、先の青年は語った。


 


困難を避けることなく、前進の糧にする。このたくましい生き方に、若者の行動力が真価となり光り輝いてくるのだ。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 令和の幕開け2週間! | トップページ | 昭和歌謡が脚光を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和の幕開け2週間! | トップページ | 昭和歌謡が脚光を! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス