« 川中島の戦いは長く! | トップページ | 日本には五季がある! »

2019年5月19日 (日)

豪雨の季節に向けて!

大規模災害に備えた2018年に国土強靭化行動計画を決定した。相次ぐ豪雨や豪雪、噴火災害などを踏まえた対策の強化が柱。


 


注目したいのは、中小河川における土砂、流木対策に力を入れた点だ。昨年7月の九州北部豪雨では死者行方不明者が44人、1436棟の住宅が全半壊した


 


豪雨による土砂崩れで発生した大量の流木が川の流れを変え、流域に甚大な被害をもたらしたのである。


 


国が直轄し防災対策が進む大規模河川に比べ、都道府県が管理する中小河川は対策が遅れがちだ。


 


具体的には、全国の中小河川の緊急点検に基づき、下流域に多数の家屋や公共施設がある約500河川を中心に流木や土砂を食い止める砂防堰堤を整備。


 


また、緊急に流木対策が必要な1200地区を選定し、流木を捕捉する治山ダムの設置や流木化の恐れのある立ち木の伐採を進める。


 


自治体の取り組みも欠かせない。この点について行動計画では、国土強靭化基本法に基づく国土強靭化地域計画の策定を支援するとしている。


 


全ての都道府県は地域計画を策定済み、または策定中だが大半の市区町村では策定が進んでいない。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 川中島の戦いは長く! | トップページ | 日本には五季がある! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川中島の戦いは長く! | トップページ | 日本には五季がある! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス