« 91歳で通信講座を! | トップページ | 歩道の安全確保は! »

2019年5月24日 (金)

奉仕者リーダーシップが注目!

インド独立の父・ガンジーの言葉に、最高の道徳とは、不断に他人への奉仕人類への愛のために働くことである、とある。


 


今、奉仕型のリーダー哲学である、「サーバント(奉仕者)リーダーシップ」が、注目されている。企業改革でその概念を実践した資生堂相談役の池田氏。


 


彼は、組織をトップダウンで動かすのではなく、下から支えることで動かすリーダーとしての資質、精神性と、定義する。


 


池田氏自身が、まず現場の声を徹底的に聞くことから始めたという。その上で政治家はパプリックサーバント(公僕)の、最高の立場にあります。


 


政治家は、国民への献身的な奉仕の精神とともに、明確なビジョンを示すことが求められます、と語る。


 


その人の書く字を見て、その人ならではの味や人格がある。自分のなかにあるものを、ちゃんと表現できていると言うことだと思う。


 


CMプランナー・杉山氏は、いい作り手は、みんないい字を書きます、と述べていた。いいリーダーシップを発揮する人は、字にも表れるのかもしれない。


 


精魂込めて書いた文章かどうか、分かる人には、原稿を手に取った瞬間に、分かるものである、という。


 


原稿を書くのではなく、打つと言う時代に、字形の違いはない。それでも、原稿の姿形に、そこに込めた心が表れるという。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 91歳で通信講座を! | トップページ | 歩道の安全確保は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 91歳で通信講座を! | トップページ | 歩道の安全確保は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス