« 思春期とガン! | トップページ | アルツハイマー型認知症とは! »

2019年5月11日 (土)

5年後の新紙幣発行!

新紙幣が5年後の2024年から発行される。1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、遷延札が北里柴三郎。令和を生きる上で3紙幣と数多くの出会いを重ねたいものだ。


 


 


紙幣の刷新は04年以来である。偽造防止のため、政府がほぼ20年おきにデザインを変えている。人選は明治以降に活躍した文化人が基準だという。


 


 


その顔ぶれからは、時流が詠み取れる。5千円札は女流作家・樋口一葉から女子教育の先駆者・津田梅子へバトンタッチ。千円札は細菌学者野口英世から北里柴三郎へ。


 


 


女性の活躍と科学技術が尊重されているのは明らかだ。次は女性が1万円札の顔になるかもしれない。新紙幣発行には、さまざまな経済効果もある。


 


 


現金自動預払機ATMや自動販売機の改修、更新などで特需が1.6兆円に上るとの試算がある。内需を増やすことで消費を増やすことになる。


 


約50兆円ものタンス預金や、446兆円と過去最高を更新する企業の内部留保が新札に交換する動きと相まって消費や投資、賃上げに回る期待もある。


 


お金について、日本実業界の父と呼ばれる渋沢栄一は語った。よく集めて、良く使い、社会を活発にして、経済活動の成長をうながすことを、心ある人はぜひとも心がけて欲しい。経済の好循環である。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 思春期とガン! | トップページ | アルツハイマー型認知症とは! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思春期とガン! | トップページ | アルツハイマー型認知症とは! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス