« 小事が大事とは! | トップページ | 写真1枚で! »

2019年5月14日 (火)

生物の大量絶滅は!

生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォームが公表した報告書の中で、100万種に上る生物が絶滅の危機に直面していると衝撃的な実態を明らかにした。


 


生物の絶滅に関する地球規模の総合的な評価は、今回が初めてである。フランス北東部メッスで開かれた先進7カ国環境相会合は、生物の絶滅を食い止める取り組みの加速を促すメッス憲章を採択した。


 


 


生物の種類は減る一方であるという。人間の生活への影響も非常に大きく、各国の一致した対策が急がれる。例えば、人間が食料としてきた哺乳類は6190種存在する。


 


そのうちの1割近くに当たる約600種が2016年までに絶滅した。さらに1000種以上が絶滅する恐れがあると、報告書は警告している。


 


また、報告書は動植物の4分の1が絶滅の危機にあると強調している。特に、受粉をミツバチやチョウ、コウモリのような花粉媒介生物に頼っている農作物は75%に上る。


 


 


こうした花粉媒介生物が絶滅すれば、最大で年間5770億ドル相当の穀物生産が失われる可能性があるという。将来的な食料不足につながることが懸念され、事態は深刻だ。


 


 


生物の大量絶滅を招いている原因が、人間の活動にあるという事実だ。人間による森林破壊や焼き畑農業などで陸地の75%が改変され、湿地の85%が消失。


 


加えて、プラスチックごみによる海洋汚染などで、海域の66%に悪影響が及んでいるという。この結果、生物の生息域が失われているのだ。このままでは人間の暮らしを支える自然の恩恵が損なわれてしまう。


 


                   がんばろう!日本


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 小事が大事とは! | トップページ | 写真1枚で! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小事が大事とは! | トップページ | 写真1枚で! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス