« 実り多き人生をと! | トップページ | 山地の国日本! »

2019年6月23日 (日)

人生100年時代に生きる!

人生100年時代。ロンドンビジネススクール教授L・グラットンとA・スコットが共著で提唱している。世界の長寿化が進み、日本など先進国では2007年生まれの約半数が100歳を超えて生きると予測した。


 


 


p>こうした時代を見据え、子育て、教育、福祉、雇用、医療、介護、防災などの切れ目ない施策を展開していくことが大事になってくる。


 


 


なかでも健康寿命の延伸へ加齢性疾患の双璧である、ガン対策の大幅な推進に続き、認知症施策でも、基本法案を提出し、国を挙げた強化に取り組むこと。


 


 


一方で、高齢者自身の生きがいづくりも大切だろう。世界一の長寿大国となる半面、毎日のニュースでは、高齢による悲惨な運転事故ばかりでは困るからだ。


 


老いと記憶著書によると、熟練のピアニストなど長年の訓練で熟達した技能は、計画的な練習を行えば、高齢期も維持され、加齢による影響は無いか小さいという。


 


その技能を得るには、一万時間の練習が必要だが、一日3時間で10年程度。退職した後でも何か新しいことにチャレンジし、その分野のエキスパートになることは可能と。


 


 


何かを始めるのに遅すぎることはない。若き日の夢に老後を改めて挑戦するのも一つだろう。最近はシルバーピアノが話題になっている。幼児の時代にやりたかったピアノを老後に始める。


 


 


                        がんばろう!日本


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 実り多き人生をと! | トップページ | 山地の国日本! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実り多き人生をと! | トップページ | 山地の国日本! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス