« 就職氷河期から25年! | トップページ | 塩分の摂りすぎは! »

2019年6月13日 (木)

家庭での食品ロスは!

売れ残りや食べ残し、賞味期限切れなど、本来はまだ食べられる状態の食べ物が廃棄される食品ロス。その削減に向けた取り組みを加速させる。

 

第4次循環型社会形成推進基本計画を策定し、家庭から出る食品ロスの量を2030年度までに00年度比で半減させる目標を掲げた。

 

日本における食品ロスは、事業所や家庭を合わせて年間約646万トンに上るこれは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量の約2倍。

 

国連の持続可能な開発目標にも食料廃棄の半減が定められているように、食品ロスの削減は国際的な課題だ。

 

政府の目標は家庭から出る食品ロスを30年度までに216.5万トンに減らすというもの。15年度が289万トンで16~30年度で25%の削減をめざす。

 

家にある食材を把握して使いきれる分だけ買う。早くたべるべき食材は、冷蔵庫内の目立つ場所に置くといったもの。

 

消費者庁が今年1~2月、徳島県内の家庭を対象に行った実証実験だ。具体的には、各家庭で廃棄した食品の計量と記録を実施。

 

半数の約50世帯に適切な情報提供や助言をおこなった結果、助言を受けた世帯では、1世帯あたりの食品六の量が約4割も減ったという。

 

                がんばろう!日本

 

 

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

« 就職氷河期から25年! | トップページ | 塩分の摂りすぎは! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 就職氷河期から25年! | トップページ | 塩分の摂りすぎは! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス