« イメージと現実の違い! | トップページ | 自転車保険の必要性! »

2019年6月25日 (火)

注文し過ぎた!

目はまだまだ食べたいのだが、注文し過ぎた。もう限界だ。ついつい若い頃と同じ分量を頼んでしまう。また文句を言われそうだ。もったいないと。


 


外食についての調査。6割の人が過去1年間に料理を食べきれなかった経験がある。このうち7割が持ち帰りたいと思ったものの、実際は4割に満たない。


 


なぜ持ち帰らなかったのか。持ち帰り駕できる飲食店なのか分からないが5割汁こぼれや匂いが心配。


 


周囲の人の目が気になって言いにくい。食中毒の不安。などが続く。一見、消極的な姿勢が目立つ。


 


持ち帰りそのものについては9割近くが賛成している。年間621万トンに及ぶ国内の食品ロス。飲食店などでの食べ残しも無視できない量を占める。


 


持ち帰りを呼びかける地方自治体もあるため、消費者庁などが、留意事項をまとめた。ポイントはメニューや出し方の工夫による食べきりの促進。


 


持ち帰りは自己責任の範囲でということ。刺身や半生など加熱が不十分なものは避け、早めにもう一度加熱して食べること。


 


子どものころ、宴席帰りの父が持ち帰る食べ残しの折り詰めが楽しみだった。うまいぞ、食べてみろと、国にする笑顔を思い出す。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« イメージと現実の違い! | トップページ | 自転車保険の必要性! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イメージと現実の違い! | トップページ | 自転車保険の必要性! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス