« 動物の愛護・保護・世話について! | トップページ | 老い楽の人生は! »

2019年6月18日 (火)

農業用ドローンは!

農業は高齢化による人手不足が深刻で、新規就農者の獲得も難しい現状にある。そうした中、小型無人機ドローンの活用が人手不足の解決につながると期待されている。


 


 


農林水産業、地域の活力創造本部の会合を開き、水田稲作でドローンなどの新技術を導入した場合、10アール(1000平方メートル)あたりの労働時間が約50%短縮すると。


 


 


農林水産省の農業経営統計調査によると、例えばコメの生産で最も多くの費用がかかるのが、田植えなどの労働費で全体の約3割を占める。


 


 


この点、農水省が農業用ドローンの普及拡大に向けた官民協議会を3月に立ち上げ、農薬や肥料だけでなく、種もみもドローンを使って空中から散布し、田植えなどを行う実証実験を各地で進めていることに注目。


 


 


農薬や肥料の空中散布は、無線で遠隔操縦する農業用無人ヘリコプターで既に行われているが、こうした無人へりは1000万円以上もする高価なもので、1人では持ち運びもできないため農家の負担が軽減できているとは言い難い。


 


 


一方、ドローンの価格は100万~200万円ほどである。さらに無人ヘリとは異なり、遠隔操縦がなくとも、機体自らが必要な動作を行う自律飛行が可能な点が大きな特徴であり、人手をかけずに農薬の散布や田植えなどが行える。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 動物の愛護・保護・世話について! | トップページ | 老い楽の人生は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 動物の愛護・保護・世話について! | トップページ | 老い楽の人生は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス