« 心を通わす親子で! | トップページ | 自然に親しむ! »

2019年6月21日 (金)

ロボットの活用が活発に!

人口減少、高齢化社会が直面する課題の解決に役立ち、経済成長を促すロボット産業の発展を積極的に後押しすると、ロボット技術の開発を新たな産業革命と位置づけた。


 


ロボットの活用が期待される分野は多岐にわたる。地球規模での競争にさらされる製造業では、すでに多くのロボットを導入している。


 


自動車工場では、溶接や塗装、部品取り付けなどの工程で、正確で迅速な動作を行うロボットが活用されている。


 


また、介護分野では、ただでさえ担い手不足が指摘される上、要介護者をベッドから車イスに移すなどの重労働を、1人の介護士が何十回と繰り返すことから、腰痛持ちが8割といわれる


 


介護ロボットが重労働の緩和に貢献できれば、その利点は極めて大きい。政府は2012年には、国内で6600億円程度だったのを20年には2倍に拡大目標を立てている。


 


また、医療や介護などサービス分野では、600億円程度だった市場を、20倍にまで拡大する目標を立てている。


 


近年、各国の経済を支えたパソコンや携帯電話の普及、小型化、高機能化といった技術革新は、次にロボットや人工知能の分野で起こると見られている。


 


現段階では、世界有数のロボット大国であるが、開発に相応の資金と時間がかかる。こうした分野を支援するベンチャー投資家らが少ない。


 


実用に結びつける環境がないと指摘されている。官民の効果的な連携により、必要なサポートを惜しむことなく世界をリードする技術革新に挑んでもらいたいものだ。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 心を通わす親子で! | トップページ | 自然に親しむ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心を通わす親子で! | トップページ | 自然に親しむ! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス