« 家庭での食品ロスは! | トップページ | 高齢者の事故は! »

2019年6月13日 (木)

塩分の摂りすぎは!

うだるような暑さの毎日。熱中症には十分に注意したい。特に西日本豪雨で被災された方々には、どうかお体に気をつけてと願うばかりだ。


 


熱中症予防の基本は小まめに水分と塩分を摂ること。だが、日常の食生活での塩分の取りすぎは高血圧を進行させ動脈硬化などの原因になることを。


 


国立ガン研究センターによると、たらこや塩辛など塩分濃度の高い食品を毎日のように食べている人は、胃ガンのリスクも約2~3倍高くなるという。


 


高生労働省が1日当たりの塩分摂取目標値を男性8グラム未満、女性7グラム未満に引き下げてから3年余。


 


しかし、1日の摂取量の平均は男性10.8グラム、女性9.2グラム。依然ハードルは高い。それだけに、まずは自身の塩分摂取状況を知り食生活を改める


 


例えば、味噌汁1杯、梅干し1個の塩分量は約2グラム。1杯で5グラム以上あるインスタントラーメンは汁を残せば摂取量を大幅に減らせる。


 


すしやシューマイなどにつける醤油も多目か少な目かで摂取量に2~5倍もの差が出てくる。


 


食品表示法の施行で食塩相当量が記載されている食品も大幅に増えてきた。一人一人が減塩意識を高めハードルを越えたい。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 家庭での食品ロスは! | トップページ | 高齢者の事故は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家庭での食品ロスは! | トップページ | 高齢者の事故は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス