« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月31日 (水)

災害時の備蓄は!

自治会の防災訓練終了後の話。家で水とか食料とかの備蓄はどのくらい。分かっちゃいるけど、なかなかねえ。


 


災害用の備蓄は、家族数X3日分が最低食とされている。1日1人当たり水3リットルと3食が必要と。


 


しかし、日本気象協会が20代から40代の女性に聞いた。備蓄3日分が必要だとは約半数が知っているものの8割は実践できていない。


 


備蓄できていないもので気になるのは、寝袋や携帯電話の予備バッテリー。そして、不足しがちなビタミン・ミネラル・植物繊維を補う野菜ジュースなど。


 


高齢者がいる場合は、水を必要としないうがい薬やマウスウォッシュが欠かせないという。乳児がいる人は、おしりふきや紙おむつは大半が準備している。


 


だが、粉ミルクを用意している人は3割に過ぎない。母乳で育てている人も、災害時はストレスなどで母乳が出なくなることもあるという。


 


備蓄しやすい液体ミルクの普及も急がれる。そんなにと、なりそうだが、備蓄を日常に溶け込ませるローリングストットクというやり方がある。


 


食べ物、飲み物など備蓄品を少しずつ使い、食べ物、飲み物など備蓄品を少しずつ使い、使った分だけ補充していく。ずいぶんと気持ちが楽になるという。


 


                がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

高齢者に結核が!

結核を発症する高齢者が増えている。24日から結核予防週間が始まっており感染防止に努める契機とする。


 


国内の結核患者数は減少傾向にあるが、今でも年間約1万7000人が発症し約2000人が亡くなっている。


 


とりわけ新たに登録された患者の約7割を60歳以上が占めているように高齢者の罹患率が高く、80歳以上の罹患率は実に全年齢層平均の約5倍に及ぶ


 


結核菌は、せきやくしゃみなどで空気感染し、主に肺の内部で増殖する。必ずしもすぐに発症するわけでなく、体内で長期間後に発症するケースも少なくない。


 


最近、高齢者の罹患率が高まっているのは、結核が国民病だった1950~60年代に感染して発症しなかった人が、加齢で免疫力が低下して発症したりする。


 


他人ごとと思って検診を受けないことが主な要因として挙げられる。発症後早期であれば結核は人への感染はまれだが、気が付かないうちに進行してしまう


 


家族など周囲の人にも感染する恐れがあることを忘れてはならない。ただ、結核の症状はあいまいで風邪とも似ているため注意が必要だ。


 


淡のからむ咳や微熱、体のだるさが2週間以上続いた場合は、結核の可能性がある。心当たりがあれば医師の診察を受けてみよう。


 


            がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

キャッシュレス時代に!

キャッシュレス時代ということか、クレジットカードによる買い物は身近な決済方法として、既に広がっている。


 


しかし、世論調査によると、クレジットカードを積極的に利用したいと、思わないが57.9%に上り、思うの39.8%を大きく上回った。


 


思わない理由で、紛失、盗難により第三者に使用されるおそれがある41.3%、個人情報がカード会社や店舗から漏洩し不正使用される懸念があるが36.4%


 


買い物をした際にクレジットカードの磁気ストライブの情報が盗み取られ、本人の知らない間にカードが複製される被害は後を絶たない。


 


磁気ストライプの情報は抜き取られやすいため、国際的には情報が暗号化されるICカードへの移行が進んでいる。


 


日本クレジット協会は、偽造防止対策として、東京五輪の2020年までに、クレジットカードと店舗の決済端末のICカード対応化100%の実現を掲げた。


 


買い物客のクレジットカード情報をカード会社で保存し、買い物をした店舗には保存させないなどの非保持化の取り組みも進める。


 


政府は国会にクレジットカードの安全強化を義務付ける法案を提出。消費者の懸念を払拭する努力をする。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月30日 (火)

不朽の名作火の鳥!

京都アニメーションの放火事件は、海外のファンにも大きな衝撃を与えた。一方、新海誠監督の新作で劇場公開中のアニメ映画天気の子は、140の国地域に配給されるという。


 


 


今さらながら、日本のアニメ文化の発信力を実感する。今回で100作目となるNHKの朝ドラなつぞらも、アニメ黎明期の制作現場が舞台の一つだ。


 


 


登場人物のモデルには、国産初のテレビアニメ鉄腕アトムを生んだ手塚治虫氏の下で活躍した女性アニメーターもいる。くしくも今年は、手塚治虫氏の没後30年に当たる。


 


 


漫画の神さまは、さまざまなジャンルで数々の名作を残しているが、長年にわたって読み継がれてきたライフワークが、火の鳥である。


 


 


松山市の道後温泉本館に、その火の鳥をテーマにデザインしたラッピングアートが現れた。築125年を超える建物を保存修理して再生する集客イベントを展開している。


 


 


報道では、京都アニメーションの作品に支えられたという声も多数聞かれたが、火の鳥の数編を読み返した。古代から未来まで、ぐるりと俯瞰した壮大な物語だ。時空を超越した永遠の生命の象徴として描かれている火の鳥。深いテーマを秘めた不朽の名作の力だ。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

子どもが大人を負かす!

将棋好きの大人たちを悩ませる、詰将棋の正解手順を小学1年生が当てると、天才だと、歓声があがった。


 


将棋の先生讃えられたのは、幼き日の米長邦雄永世棋聖だ。私は生まれて初めて、天才と言われた。


 


以後、数えきれないくらい天才と呼ばれたが、このときほどの重みはない。実は、米長少年は詰将棋のルールすら分かっていなかった。


 


当てずっぽうの正解である。だが、将棋を知らなくて答えを出したのなら、なおいい。天才だ。先生は繰り返した。


 


すっかりその気になった米長少年は、天才の名を恥じないよう努力を重ねたという。そして、永世棋聖といわれる実績を上げた。


 


誰もが、いかようにもなれる可能性を秘めている。だが、自分ではそれを、なかなか信じ切れないもの。その不信を打ち破る確信の一言が、人生を大きく開いていく。


 


あまりに人が自分をほめる時は、どんなふうにでもなろうという心が出てくるものである。これは、ほめる言葉から起こるのである。


 


子どもたちと接する時間が増える。その分、あらも目につき、つい叱りたくなる。そこを我慢し、大げさに褒めるくらいがちょうどいい。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

安心して生活ができる!

町内会で毎年恒例の清掃活動。作業を終え公園の一角に集合し、役員が挨拶実は、妻が認知症になりまして、老夫婦2人世帯。


 


奥さんの状況を参加者に伝え、協力を求めた。人ごととは思えず聞き入る。認知症高齢者は2012年で推計約462万人。


 


団塊の世代が75歳以上になる25年に700万人前後へ急増するという。千葉県の人口約625万人を上回る。


 


根治薬が開発されないと、社会的な影響がさらに深刻になる恐れがある。当面の課題の一つが認知症による徘徊への対応だ。


 


本人の命にかかわるだけでなく、鉄道の運休などをもたらす事故にもなりかねない。昨年の行方不明者のうち、認知症かその疑いのあるのは1万5432人。


 


前年に比べ26%も増えている。残念なことに昨年中、191人の所在が確認できなかった。早期発見をめざし全国の自治体や警察はGPSを使い対策を実施。


 


徘徊中の事故で高額の損害賠償を求められる場合に備え、民間保険の活用に踏み切る自治体も出てきた。


 


まずは、近隣住民で見守りを心がけるところから始めたい。認知症になっても、安心して暮らせる地域にしたいものだ。


 


              がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月29日 (月)

ギバーとは人に惜しみなく与える!

相手に何かを与え、何かをもらうギブ&テイク。このやり方で人は3タイプに分かれる。人に惜しみなく与えるギバー。真っ先に自分の利益を優先させるテイカー。損得のバランスを考えるマッチャー。


 


 


友人と居酒屋へ行った。串揚げ盛り合わせを注文したら、大将がハーフサイズにしたらどうですかと言ってくれた。店は売上を減らしたが、ファンを増やした。


 


 


ギバーは、損をするように見えるが、そうではない。人のために尽くす姿勢が信頼され、長い目で見ると一番成功し幸せになる。ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブンになるのだ。


 


 


先日の参院選で勝った政党では、何の見返りも求めず手弁当で応援してくれるギバー。だが、支持者にも得るものがある。自分たちの1票1票が庶民のための政策実現となって返ってくることだ。


 


 


政策が1票1票によって生まれ、実績となって返っていく。ギブ&ギブンなのだ。串揚げは友人と半分ずつ食べたが、これはいただけない。次回はギバーとなり友人に多く食べてもらいます。


 


 


                       がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

災害時の情報過多!

1年後の東京五輪にむけて、新国立競技場など関係施設の整備が急ピッチで進んでいる。大会を支えるボランティアの募集も本格的に始まっている。


 


開催準備は大詰めを迎えてきた。一方、心配な課題も残されている。大会期間中の暑さや交通機関の混雑。


 


そして災害時の外国人への対応だ。今年6月の大阪府北部地震以降、日本列島は地震、台風など相次ぐ災害に見舞われた。


 


いずれも交通機関に大きな影響を与え、駅や空港で足止めされる外国人観光客が少なくなかった。


 


慣れない異国の地で災害に遭遇したことに加え、情報の不足が不安を増幅した外国人観光客からは、日本語だけの掲示だけでは読むことができない。


 


ネットで探しても、情報を何処で得られるのか分からなかったなど、困難や不満の声が聞かれた。


 


実際には自治体などの手で、外国人向けの情報発信も行われている。だが、残念ながら外国人旅行者には存在がほとんど知られていない。


 


情報にたどり着けないのが実情。情報発信のあり方とともに、いかに周知するかが課題だ。外国人観光客を情報難民にさせないことも、大切なおもてなしだ。


 


                がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

集中型供給体制のもろさ!

最大震度7を観測した北海道胆振東部地震。死者は41人上り、今なお1600人近くが避難生活を余儀なくされている。


 


今回の地震は、大規模な山崩れや住宅地の液状化などに加え、停電が北海道全域に広がる、ブラックアウトを引き起こした。


 


8日には道内のほぼ全域で電力が回復したものの、被災した発電所の完全復旧は11月以降とみられており、安定供給の見通しは立っていない。


 


まずは発電所の早期復旧に総力を挙げている。住民や事業者による節電への協力も重要だ。再びのブラックアウトを招かないように。


 


今回、浮き彫りになったのは集中型の電力供給体制のもろさである。道内の電力の大半を担う火力発電所が密集するエリアを地震が襲い、連鎖的に止まった


 


被害に遭わなかった石炭火力の再稼動にも時間を要した。北海道と本州を結ぶ送電網が限られ、本州側から十分な量の融通を受けられないという事情も


 


瞬時に大規模な電源が失われた際の対応や他地域からの電力融通について早急に見直す必要がある。


 


大規模な災害が起こるたびに想定外が相次ぐことを考えれば、緊急時の対応について、あらゆる角度から検証すびきであろう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月28日 (日)

梅雨明けが近い!

各地に梅雨明けが広がっている。今度は猛暑とゲリラ豪雨への警戒が必要だ。防災への備えとともにバランス良い食生活をこころがけたい。昨日は土用の丑の日。


 


 


ウナギのかば焼きに舌鼓を打った人も多かっただろう。一方、京都などの関西圏で夏の味覚として欠かせないのが、梅雨の水を飲んで旨くなるされる鱧。


 


 


東日本では馴染みが薄いが、既に縄文時代から食べていた。その強い生命力は、京都の鱧は山で獲れるという諺があるほど。その昔、瀬戸内や若狭から京都へ鮮魚を運んだ際夏に他の魚が腐る中、鱧だけは生きたまま届けられた。


 


 


籠から山道に落ちても活きの良い鱧を村人が見て、そう言ったとされる。真偽は定かではない。鱧料理で大事な骨きりだ。約600本の小骨があるため、薄皮を残して約30ミリの身に20~26ほどの切り目を細かく入れる。


 


 </p
その包丁技が板前の腕のみせどころだ。江戸時代の料理本、海鰻百珍は既に100種以上の鱧料理を紹介している。食欲減退の夏は、沢山食べてスタミナをつけようと思いがちだが、これは大きな誤解。


 


 


体の代謝が弱る夏。冬の同じカロリー摂取では10%も余分なエネルギーをため込み、夏バテを助長する。夏は肥満になりやすい季節だと知り、どんなに美味でも、腹八分目が肝要だ。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

マスコミの役目は!

紛争や災害の際、ネットやマスコミにはさまざまな情報が溢れる。死者何千、避難者何万といった形である。


 


だが、それら公式の情報や数字だけでは、そこに暮らす人々の心境までは直に伝わらない。


 


シリアで内戦が勃発した2012年春、フリージャーナリストの桜井氏は現地に飛び、いらい内戦の現場を歩き続けた理由がここにある。


 


もっと彼らの生の声を知ってもらいたい。その思いが私を向かわせた。自著であるシリア戦場からの声に記している。


 


徹底して市民目線から書き刻んだ戦場の人々の生死の実相は、実感を伴う体験として戦争の悲惨を思い知らせてくれる。


 


もう一つ、感動のこの一冊は座標軸子をして、悔しさにも似た反省を余儀なくさせたこと。


 


東日本大震災報道について、果たして各紙はどこまで災後の実相に迫り、どこまで被災者の肉声を伝えてこれているのだろうか。


 


震災直後、岩手県の避難所で出会った今は亡き人のひと言が、ずっと俺らの味方でなと。まもなく震災7年半余。伝え続けねば。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 

あれあれ、あれ何だっけ!

市場調査会社のネオマーケティングが昨年5月に実施した調査によると、思い出せないことがあって、あれあれ、あれ何だっけなどと言う。

 

そんなことがある人は60,70代で80%を超えた。その原因として思い当たることでは、加齢が51%でダントツだった。

 

だが、加齢では済まされないことも。横浜新都市脳神経外科病院・内科認知症診断センター部長、真鍋医師は認知症を含む脳神経系疾患のケースもと指摘。

 

自分のアレアレが深刻な状態と感じる場合は、まずメディカルチェックをと、注意を促している。

 

認知症対策で重要なのは早期発見、早期治療。そして何より認知症にならないようにする予防だ。

 

鳥取大学医学部教授・浦上氏は、予防には運動をはじめ、囲碁、将棋、編み物など、頭と指を使う知的活動とコミュニケーションが効果的と。

 

昨日から老人週間が始まった。こうした認知症予防の大切さを確認し、実践していきたいものである。

 

最近、テレビドラマやCMによく出ている女優さん、何て名前だっけと。それじゃ分からないわよ。ドラマのタイトルはと、突っ込まれる。

 

                 がんばろう!日本

 

 

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

2019年7月27日 (土)

四十にて惑わず!

孔子の有名な言葉に、「われ、十五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず・・・・」と、いうのがある。


 


中国古典研究者・守屋氏は、これを裏から判読すると、面白い光景が見えてくるという。すなわち、十五にして学に志すは、十四までは学問に志さなかった。


 


三十にして立つは、二十九までは自立できなかった。四十にして惑わずは、三十九までは惑いっぱなしだった。


 


孔子の偉大さは、常に、自分の弱点を自覚し、それを克服しようと努力し続けた、この点にあるのではないかと、守屋氏は語る。


 


人間はいくつになっても、未完成のままだ。孔子も、そうだった。六十歳近くまでは、他人の忠告を素直に聴けず、七十歳近くまで欲望のままに振る舞うと、迷惑をかけてしまった。


 


だが、孔子の生涯を一貫して彩るものは、学問に発憤しては、食事も忘れ、道を楽しんでは心配事も忘れる。


 


「老いの将に至らんとするを、知らざるのみ。」つまり、やがて老いがやってくることにも気付かずにいる。というほどのひたむきな歩みであった。


 


昨日の自分より、一歩前進の今日の自分を。お互いに交わす合言葉で、生涯青春の若さと英気も、その歩みのなかに育まれるのだろう。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ペニシリンは91年前に発見!

世界初の抗生物質であるペニシリンがアレクサンダー・フレミング博士によって発見されたのは、91年前の1928年。


 


医療用として実用化されるまでにはなお10年以上を要したが、この功績で同博士はノーベル生理学・医学賞を受賞。


 


以降、多くの抗生物質が医療現場に提供される礎を築いた。だが、細菌の増殖を抑える抗菌薬は、例えば、ウイルスが原因の風邪には効果がなにい。


 


そればかりか誤って多用すると、薬が効かなくなる薬剤耐性菌の増加につながってしまう。


 


鹿児島と静岡の病院で先月、耐性菌に感染した患者計10人の死亡が明らかになったことは記憶に新しい。


 


にもかかわらず、44%の人が抗菌薬は風邪やインフルエンザに効くと誤解し、3人に1人が風邪に抗菌薬を処方するのを、良い医師と思っている。


 


国立国際医療研究センターの調べで分かったと先ごろ報じられた。こうした患者側の求めに応じて、6割の医師が抗菌薬を処方していたとの別の調査結果も。


 


抗菌薬の乱用対策がとられずに耐性菌がこのまま増えていけば、2050年には世界で年1000万人の死亡が想定されるという。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ロボットを見る目が輝く!

大学のファミリー大会で、工学部のロボット「ソビット」が喝采を浴びていた。 一緒に来ていた子どもは、会場では、うつむき加減だった。


 


しかし、ロボットを見ると、目の色が輝いた。どうやら時代を問わず、子どもの心をつかむ力があるようだ。


 


60年前、手塚治虫氏は、漫画「鉄腕アトム」の連載を始めた。10万馬力の少年ロボットの活躍は、多くの子どもを夢中にさせた。


 


だが、鉄腕アトムのエネルギー源は、原子力である。妹のウラン、友人のコバルト。いずれも放射性元素の名前である。


 


そこに、どんな意図があったのか。手塚氏は、生命の尊厳を、常にテーマに、描いたと述べている。だから、作品の中でロボットのアトムに、心を持たせ、よく悩ませた。


 


対人関係、善悪の葛藤である。そこから、心なき科学の暴走を、許すなとのメッセージが読み取れる。


 


一方、人間が人間性を失い、まるでロボットになって、暴力に突き進むのが、戦争だ。悲劇を招く人間のロボット化だけは、断固、防がなくてはならない。科学は進歩する。


 


それをしのぐ勢いで、人間も進歩することだ。地域へ、社会へ、未来へ、平和の心を発信する対話をしていかなければならないだろう。


 


              がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月26日 (金)

東京五輪あと1年に!

2020年の東京五輪の開幕まであと1年となった。国や東京都をはじめ関係機関は、大会の大成功に向けて万全を期す。田大会施設の整備やボランティアの準備などが着実に進む。


 


 


そんな中で、東京都などは22日から大会期間中の混雑緩和に向けた大規模な社旗実験を9月6日まで実施している。大会中には、選手や関係者をはじめ、メディアや観光客など1000万人以上が東京を訪れると予想。


 


 


何の手も打たない場合、酒度高速道路の渋滞が約2倍になり、山手線などの乗車率は通勤ラッシュを超えるという。これでは大会のスムーズな運営どころか住民生活を含めた都市機能そのものがマヒしかねない。


 


 


東京都は、ICTを活用し自宅など働くテレワークの推進。通勤時間をずらして通勤ラッシュを避ける時差出勤の実施。列車の増発や道路の交通量の抑制、分散など交通需要マネジメント。


 


 


東京都は本庁職員約1万人を対象に、今月26日まで時差出勤を促し、公共交通機関の利用は原則、午前8時から10時までの間は避けるようにする。


 


 


中央省庁も8月2日までに、全体の5割程度の約2万人規模で、テレワークや時差出勤、休暇取得を進める。行政が率先して取り組むのは当然であろう。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

受験が最初の試練か!

人生での最初の試練が誰もが受ける受験である。合格すると喜びが倍増するが、不合格の場合、彼はその結果を1秒たりとも頭から離れませんでしたと。


 


彼は、深く落ち込んだが、目標を果たせずとも目的は見失わなかった。世界平和に貢献するという大きな目的を持っていた。


 


どうせ苦労するなら、誰よりも苦労しようと決意した。受験校は落ちたが、他校で高校生活を送っていた。午前6時に登校し誰もいない教室の電気をつけ、掃除をしてから勉強に励んだ。


 


甲子園で熱戦が続いた高校野球は、予選参加校3957校のうち、全国の頂点をつかむのは、1校のみだけである。


 


全てトーナメント方式だから、1試合で1校ずつ、計3956校の敗者が生まれる。甲子園に恋焦がれ努力に努力を重ねて、それでもなお叶わない。


 


涙を枯らしても、胸の奥に残る「宝」とは何か。大会は、1試合1試合が人生を学ぶ儀式といえなくもない。


 


そこが、日本人の機微に触れる。勝者であり続けることは難しい。しかし、賢者になることは誰にもでもできる。


 


愚かな人は、すぐに諦める。賢き人は、絶対に諦めない。逃げない。退かない。そんな挑戦をやめない青春に、、勝利の冠は輝くだろう。


 


             がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

あの金融パニックから10年!

米証券大手リーマンブラザーズの経営破たんを引き金にした世界的な金融パニックから10年が過ぎた。


 


この出来事の成り行きを解きほぐすマスコミや識者の最近の論評を見ると、危機は消えた、いや油断は禁物に二分される。


 


一つは、現在の株価水準は当時を上回り、国際的な金融規制も強化されたため、リスクは來し方に去ったと受け止める立場である。


 


いわば十年一昔といったところか。その一方で、あふれる投機マネーに加え、国や民間の過剰な債務など新たな火種が潜むと戒める反論も説得力を持つ。


 


こちらは長い間同じ状態が続く、十年一日のイメージに近い。ただ、どの論調を見ても過去10年で世界経済は衝撃への耐性を増したという考えを共有してる。


 


気になるのは、政治が被った副作用だ。大手金融機関は税金で救済された半面、家や仕事を失った国民の間には不満が鬱積した。


 


怨嗟のマグロは扇動的で非寛容な政治家の言説に共鳴し、ポピュリズム大衆迎合や反グローバリズムに通じる発火点となって吹き出した。


 


未曾有の危機は、主要20カ国地域での緊密な国際協調などで乗り越えた。しかし、今その枠組みには自国第一主義が頭をもたげる。


 


                がんばろう!日本


 


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月25日 (木)

木彫像の鏡獅子!

威厳を備えた王者の風格が漂う。東京・半蔵門の国立劇場内に足を踏み入れると、そこに立つ木彫像鏡獅子。近代彫刻界の巨匠、平櫛田中による畢生の大作で高さ約2メートル。


 


 


歌舞伎俳優の六代目尾上菊五郎をモデルに大戦時をはさみ、20年超をかけ完成させたものだ。納得いくまで構想を練るため劇場に通い詰め、試作や作り直しを繰り返し、最後の作品が出来上がったのが昭和33年ごろ。


 


 


岡倉天心に師事し衰退していた木彫技法を生涯追求。日本の伝統的な彩色木彫と西洋の写実表現を融合したことでも知られる百七歳で逝くまで現役を通す。


 


 


いまやらねばいつできる。わしがやらねばたれがやる、などの名言を残す。一方、鏡獅子完成を待たず逝去した名優の菊五郎時代物、世話物ともに優れ、現代歌舞伎に多大な影響を与えた。


 


 


辞世は、まだ足らぬ踊りおどりてあの世まで。今月は没後70年の祥月に当たる。二人に共通するのは新境地を開く一貫した執念と気迫か。


 


 


また、その生き様は積小為大、つまり小事を積み重ねて大事をなした体現者か。今回の参院選で当選した全議員が決意新たに一人一人の国民の声に耳を傾ける現場第一で衆望に応える実績を積み重ねていってもらいたいものだ。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

美肌になる。血管が若返るサバ缶!

美肌になる。血管が若返る。頭が良くなる。これだけ売り文句があれば大ブームは必然である。サバの缶詰サバ缶である。


 


大手水産会社が9月から約10%の値上げに踏み切った。国内需要の急増などで原料価格が高騰したためだ。


 


日本缶詰びん詰レトルト食品協会によると、水産缶詰は長年ツナ缶が生産量1位だった。2014年サバ缶がツナ缶を僅差で抜き初めてトップの座に。


 


昨年はサバ缶が5000トン以上の大差をつけて頂点に君臨している。人気を支えるのが日本人の健康志向である。


 


サバなどの青魚にDHAやEPAが多く含まれ、動脈硬化などの予防効果がある話は有名だ。骨も丸ごと食べられてカルシウムが豊富。


 


ビタミンなどの栄養素もバランスよく取れる。缶詰だから下処理が不要。しかも安い。レシピも豊富でアレンジ料理が幅広く味わえる。


 


多くの魚種で不漁が伝えられる中、サバの漁獲量は安定している点も強みだ。地震や豪雨が相次ぐ中、家庭で備蓄する非常食としてサバ缶の存在感が増す


 


健康に災害に備えあれば憂いなしである。そんな万能食品に日本人の魚離れを食い止め、魚食文化を守るリード役を期待したいものだ。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

歯が健康のバロメータ!

古代ギリシャの医学の父ヒポクラテスは、100歳近くまで生きたとの説がある。その原因は歯だった。


 


彼は、長寿者には歯が多く残っているのを診て、歯と健康の関連に気付き、自らも歯を大切にしたからだ。


 


虫歯や歯周病は、全身に悪影響を及ぼす。高齢者が食べ物や唾液を誤って気管や肺に飲み込むと誤嚥性肺炎となることもわかっている。


 


原因の大半は、歯周病菌だという。誤嚥性肺炎は、大規模災害で避難生活が長引くと増える。


 


阪神・淡路大震災では、震災関連死の24%が肺炎で、その6割は誤嚥性の可能性が推測された。


 


以来、災害時に歯科医療分野の救護活動が強化され、肺炎予防などに効果を上げている。


 


東日本大震災の大津波で、岩手県沿岸部では無歯科医地区が続出した。交通手段も奪われ、被災者は訪問による歯科診療を望んだ。


 


当時、寝たきりが診療報酬の要件だ。歯科医のボランティアに頼るのも限界がある。その後、歯科治療を受ける機会が広がった。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月24日 (水)

中年太りが目立つ夏!

夏は、街にカラフルな装いで溢れる季節。ただ、上着を脱ぎ捨てるので、歩く人の中には中年太りが目立つ季節でもある。


 


中年太りは、医学的には老眼と同じ老化現象の一つといわれている。年齢とともに体の細胞や器官が衰えてくる。


 


本来の働きができなくなり、40歳ぐらいから一気に太りやすくなるという。中年太り、いわゆる肥満を防ぐために何よりも心がけたいのは筋肉維持。


 


人間は、呼吸する、体温を保つ、心臓を動かすといったとき、じっとしていてもエネルギーを消費している。


 


このエネルギー消費を基礎代謝というが、筋肉が低下すると基礎代謝も下がるということである。


 


若いころと変わらぬ生活をしている人でも、40代を境に太りやすくなるのは、この基礎代謝量の減少が進むからといわれている。


 


アンチエイジング老化防止は、中年太り防止に筋肉維持・強化は欠かせない。4階建ての団地に住む80歳の男性。


 


エレベーターがないため、4階の自宅まで階段を毎日5~6回は往復するという。この歳になると下の階のほうが良かったかなと思う。


 


言いながらも、健康体でいられるのは階段のおかげかもと微笑んだ。自分らしく続けられる方法で筋肉を維持・強化したいものだ。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

果物の王様メロン!

メロンは、とても華があるフルーツです。メロンと一口に言っても、さまざまな種類があります。外側にある網目の有無や、果肉の色で分けます。


 


代表的なものは、赤い果肉の夕張メロンやクインシーメロン、青い果肉のアンデスメロンなどがあります。メロンにはカリウムが多く含まれています。


 


カリウムは、水分バランスの調整をするミネラルです。利尿作用があり、むくみの解消にも効果的です。


 


また、筋肉に欠かせない栄養素の一つなので、暑い中での作業や運動をしたときには必要になります。但し、体を冷やす作用もあるので気をつけてください。


 


赤い果肉のメロンにはβベータカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAと同じ働きをし、皮膚や粘膜の健康維持に働きます。


 


メロンを選ぶポイントは三つです。一つ目は、網があるメロンは網目がくっきりと細かく均等に広がっていて、網の1本1本が盛り上がっているもの。


 


網目のないメロンは、傷や変色がないものを選ぶこと。二つ目は、色むらがなく均一に色のついているもの。また左右対称でずっしりと重みがあるものを。


 


メロンは、追熟する果物です。まだ固く香りが弱いものは冷蔵庫に入れずに、冷暗所で保管する。網目のあるメロンは、お尻が柔らかくなってきたら食べ頃です


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

シフトの緩和で!

友人からの電話。そう、大変だったね。お金は要るけど、まずは体調が大事よ。聞けば、アルバイトが忙しくて休みも取れず体調を崩してしまったという。


 


 


特殊な仕事ではない。コンビニなのだが思うようにアルバイトも集まらないらしい。非正規雇用の採用担当者への調査によると、5割近くがここ半年の間にアルバイトの給与を上げたと答えている。


 


 


特にコンビニ、スーパーなどの小売り、警備、交通誘導、保育、製造などは割合が高い。その理由には8割近くが、人材確保が難しくなったためを挙げた。


 


 


時給では、平均85円のアップ。昨年度の最低賃金アップ額の3倍以上になる。それほど人手不足は深刻になっている。コンビニでは24時間営業見直し、スーパーでは元旦営業の取り止めなどの動きが出ている。


 


 


人材確保のため企業が実施した施策のトップは、給与の増額だが、それに続くのは勤務時間の変更や交替をしやすくする、シフトの緩和やシニア層の積極採用だという。


 


 


営業時間を長くすれば儲かるという神話は崩れつつある。なにしろ、働く人がついていけないのだから当然といえば当然の結果だろう。新しい時代にあった働き方、雇用のあり方に向かって変化が続く。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月23日 (火)

老夫婦の心づかい!

嫌な事件や事故のニュースが続く中、心和む話に巡り会うとホッとする。1ヶ月余り前に東京池袋であった話がそうだ。特別支援学校に通うダウン症の16歳男子生徒の窮地を見知らぬ老夫婦が救った。


 


 


その日、彼は迎えの母と行き違い自宅方向とは違う池袋に。待てども現れない母を諦めて帰ろうとするが、ICカードの残高が不足。困り果てる姿に老夫婦が1000円札をそっと手渡す。


 


 


彼がそれでチャージを終えると老夫婦の姿は既になく、夜になって自宅に戻って来た息子から、いきさつを聞いた母が直接会ってお礼をしたいと老夫婦を探している。そんなニュースだった。


 


 


聞きながらふと新聞で以前読んだ次の話を思いだした。知的障がいのある息子が通勤で乗っていた電車がアクシデントで止まってしまう。戸惑う息子から自宅の母に電話が入るが要を得ない。


 


 


 


すると電話口に突然女性が代わって出て話を聞いてくれ、息子を別の電車に誘導してくれた。困り果てた息子を見ていた乗車客の女性だった。涙がでるほどうれしかったと母。


 


 


夏目漱石は吾輩は猫であるの中で、呑気と見える人々も、心の底を叩いてみると、どこか悲しい音がすると言う。だからこそ小さなぬくもりがあふれる社会にしたいものだ。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

日本のネット販売は安いか!

若者がよく使うネット販売は、米学者による調査によると、日本では店で買うより平均13%も安かった。


 


10カ国平均は4%というから、日本の低価格振りが際立っている。通販は利用したことがない壮年が、初めてネット購入に踏み切った。


 


品物は子どもが使うコンタクトレンズのケア用品。2~3割引きの特売品を店で買っていたが、ネットのまとめ買いならさらに2割引になると言われたからだ。


 


日本の個人消費に占めるネット販売の割合は、まだ米国の半分以下ともみられている。日本の中高年はネットはどうも使い勝手が。


 


手にとって確かめてからといった多少高くても近くの店でという傾向が強い。これが他の国より価格差が生じる原因の一つらしい。


 


逆に言えば、ネットの使い勝手がよくなり、店で買ったことがある商品が安く変えるなら、若者でなくてもネットに乗り換えてしまう。


 


小売業界はこうした価格引下げ圧力にさらされている。すでに家電量販店ではネットと実店舗の価格差解消が進む。


 


一方、中小小売店は、対面販売の強みなどを生かし、買い物が楽しめる場づくりがないと生き残れないと専門家は指摘する。小売店は大きな転換点を迎えている。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

何でも食べなさい!

昔は、好き嫌いなく何でも食べないと大きくならないよ。子どもの頃、親にこう言われて食事をしたものだった。


 


しかし、現在は豊富な食材や商品がそろう日本にあって、好き嫌いできるほどの選択肢がない食生活を送る子どもが少なくない。


 


乳幼児栄養調査が公表された。経済的にゆとりがないと感じている家庭の子どもほど、魚や野菜などを摂取する頻度が低く、菓子やラーメンなどを食べる傾向


 


家庭の経済状況と子どもの食事内容の関連についての調査は初めてだ。子どもの貧困が社会問題となる。


 


その中、教育面だけでなく、成長期の体を支える栄養摂取の面においても、貧困家庭の子どもが格差に直面していることが浮き彫りになった。


 


対策として、経済的な理由で食事を満足に取れなかったり、一人で食事をしている子どもに、無料または低価格で食事を提供する、子ども食堂の普及も一案


 


学校給食の充実も進めたい。経済的苦境にある家庭の子どもへの支援を定めた、子どもの貧困対策にかんする大綱がある。


 


学校給食の充実や低所得世帯への給食費の補助、食育推進などが盛り込まれているが、給食費を補助している自治体は一部にとどまる。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月22日 (月)

夏休みと読書は!

子どもたち待望の夏休みが始まった。屈託に笑顔が弾けるこの季節。いつにも増して子どもたちに優しく温かい眼差しを注ぎその成長を祈る日々を送り続ける。


 


 


子どもたちにとって夏休みは、学校生活だけでは習得し得ない、生きた知識を学ぶチャンスである。キャンプや海水浴、昆虫採集など地域を越えた出会いや自然との触れないを通して新しい世界を発見し、その感動を小さな命に刻んでいく。


 


 


そんな場を一つでも多く用意してあげること。これこそ夏休み中の親たちの宿題といっていいだろう。何も難しく考える必要はない。お金をかけずとも子どもたちの魂を揺さぶる場を作ってあげることはできる。


 


 


一冊の良書の提供だ。活字文化がなければ漆黒の闇は続くと叫んだ19世紀フランス文豪、ビクトル・ユーゴーら古今東西の哲人の指摘を待つまでもなく、読書は単に知識を与えてくれるだけでない。


 


 


想像力や思考力、人間性や感受性など豊かな精神性も養ってくれる。況や、少年少女時代の読書体験は、その後の人格形成に大きく寄与する。


 


 


やがて大人となり、現実社会の矛盾や困難にぶつかった時にも、忘れ得ぬ一冊を胸中に持つ彼と彼女なら、その壁を悠然と越えていけるに違いない。


 


 


宿題として自由研究や読書感想文を利用する。親子一緒に声を出して読みあうも良し。あの手この手を尽くし、この夏休みわが子を本の世界に導く努力を惜しまないでほしい。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

バトンリレーは企業でも!

ロンドンの世界陸上の男子トラック競技で、日本は400メートルリレーで素晴らしい走りとバトンパスでリオ五輪に続いて銅メダルをとった。


 


リレーは、バトンパスが一番のポイントで、ミスに泣いた強豪を尻目に、パスを究めた日本が堂々の3位になった。


 


陸上にかぎらず、バトンパスは組織の盛衰を決める。最近増えてきているのが、後継者不在で廃業する企業は、年間7万社という。


 


承継できても、製紙会社3代目のように、55億円を賭博ですってしまったのもいる。企業の世代交代が進む中、ジャパネットたかたの高田社長が、引退を表明した。


 


1986年、長崎県佐世保市にカメラ店を開いた。購買意欲をそそる独特の喋りで、創業以来業績は右肩上がりだ。


 


だが、主力の液晶テレビが絶頂期の5パーセントに落ち、11年12年と初の減収減益に転じた。


 


1昨年見事にV字回復し、過去最悪達成した。オリンピックの時、日本は前走者が速度を落とさず、次走者も加速してパスをする。


 


リオ五輪では、パスができるのは20メートルのバトンゾーン最後の3メートルと分析。リレーも組織も生き残りの鍵は、トップスピードでのバトンパスにありそうだ。


 


                    がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ガンの治った後の生存率は!

国立ガン研究センターは、ガンと診断された人が3年後に生存している割合を示す3年生存率を初めて発表した。


 


全国のガン診療連携拠点病院など268施設の患者約30万人の情報を基に集計したものだ。ガン全体の3年生存率は71.3%。


 


種類別で高いのは前立腺ガン99%、乳がん95.2%、子宮体ガン85.5%など。一方、すい臓ガンは15.1%で他のガンに比べ大幅に低かった。


 


肺ガン49.4%、食道雁2%も比較的低い結果となった。一般的に、ガンは5年生存率が治癒の目安とされ、同センターは定期的に公表している。


 


今回の3年生存率を分析したのは、新しい薬や治療法の効果を少しでも早く把握し、ガン医療の向上に反映させることにある。


 


3年生存率は、治療法の効果や安全性をより迅速に評価できる。医療関係者はもちろん、国民にとっても大きな意義があると。


 


こうした細かい分析ができるように、ガン登録の普及がある。ガン登録は、ガン医療の向上を図るためガン患者のデータを集計する制度。


 


2016年からは13年に制定された、ガン登録推進法に基づき国内の全病院のガン患者の情報をデータベース化する全国ガン登録が進んでいる。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月21日 (日)

酒造年度とは!

7月1日から新年度が始まった。いや嘘でなく、かれこれ50年以上も前にこの日から1年間を酒造年度とする通達が国税庁から出され、いらい酒造業者はこの機関を生産計画の区切りとしてきた。


 


 


そんなわけで7月1日を酒造元旦として、より芳醇な新酒造りへ全国の蔵元が一斉に勇躍再出発する。分けて勇んでいるのが福島県の杜氏や蔵人たちだろう。


 


 


何しろ同県は昨年、新酒の出来栄えを競う鑑評会で7年連続日本一に。全国区のブランド酒米山田錦に対抗して、オリジナル酒米福島酒50号も開発中だ。


 


 


福島産食品の日本一は酒だけでない。米は日本穀物検定協会の食味ランキングで、全国最多の4銘柄が最高評価特Aを獲得す福島牛も全農肉牛枝肉共励会で、雌の部最優秀賞に輝いた。


 


 


フルーツ王国の名の通り、桃や梨など果樹類も絶品揃いだ。かくも高品質の福島産なのに、原発事故に伴う輸入規制が今も22カ国地域で続く。


 


 


福島産の安全性は、徹底した検査で立証済み。放射性セシウムの基準値を超える農産物は今や1点もない。県の担当者が話した。検査現場には規制国も含め121カ国が視察に訪れ安全性をその目で確認している。


 


 


                       がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ペット可のホテルが少ない!

車で出かけた折、少し休もうとお店を探していると、ペット可のホテルがあった。喫茶室では、テーブルの横や主人の足下に静かにお座りしている。


 


家族が、今度はうちの子も連れてこようよと、うらやましそうな顔。もちろん我家の犬のことである。


 


子どもが家を出て、静かだなあと思う間もなく、子犬がやってきて1年になる。私が世話をするからは、こうした場合の決まり文句だが、その後は違ってくる。


 


あっという間に、犬小屋の掃除から散歩までやることになってしまった。ペットを飼う人たちの悩みの上位を占める。


 


ペットの死がつらい。旅行ができない。の二つだ。旅行のニーズに応えようと、最近はペット連れの旅、ペット・ツーリズムが注目されている。


 


一緒に泊まれるホテルや娯楽施設が目に付くようになった。犬を飼っている世帯は全国で約800万。ネコを含めると1300万を超える。


 


一方、ペットの家族化も進み、できれば一緒に楽しみたいと望む。拡大が見込まれるその需要に応えることは企業や地方自治体にとっても魅力的だ。


 


実際、山梨県や栃木県那須町などがペットツーリズムを旗印に、地域の観光振興を進めている。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

賢い主婦のポイント利用!

買い物や飲食店などの支払い時に付与されるポイントで、業種の垣根を越えた提携が広がっている。消費税率引き上げ対策にもなる


 


顧客の囲い込みを目的とした独自ポイントから、さまざまな業者が参加して発行する共通ポイントへの転換が進む。


 


新たな顧客獲得が期待できるためで、野村総合研究所によると、国内ポイント市場は2018年度に約1兆円に達する見通しだ。


 


共通ポイントサービスを展開する大手を中心に、コンビニや通信、銀行などが集結し、ポイント商業圏の形成でしのぎを削る。


 


積極的に繰り広げるのは、ポンタ、Tポイント、楽天スーパーポイントの3陣営だポンタは、ローソンを軸にサービスを展開。


 


NTTドコモと組見、携帯電話料金支払いなどに応じて付与されるポイントとの相互交換を始める。リクルートホールディングスとポイントの統一。


 


Tポイントは、ファミリーマートやソフトバンクと資本提携し、相乗効果を高める。一方、スルガ銀行や新生銀行の利用者にサービスを提供している。


 


楽天は、ネット通販サイト楽天市場で得たポイントを大丸松阪屋百貨店やサークルKサンクスなどで使えるようにした。


 


ポイントがためやすく、利用できる店舗数が増えることは消費者にとって歓迎すべき動きだ。これで消費が増えればよいが。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月20日 (土)

農水産物輸出拡大は!

農林水産物、食品の輸出拡大に向け、各国との交渉や衛生管理審査などの業務を一元化する新体制を来春にも発足させることを決めた。相手国の食品安全規制に迅速に対応し、交渉に機動性を持たせることが狙い。


 


 


政界的な和食ブームや環太平洋連携協定の発効を背景に、日本の農水産物輸出は好調を維持している。昨年は前年比12.4%増の9068億円を記録し、6年連続で過去最高を更新した。2019年1兆円達成が目標に。


 


 


新体制の発足は、こうした拡大傾向に弾みをつけることになろう。農水産物輸出が名実ともに成長戦略の核となることを期待したい。


 


 


農水産物の輸出に関わる実務は現在、各国との交渉は農水省が手がけ、衛生管理審査は厚労省が担うなど、省庁間にまたがっている。このため行政手続き上の問題で輸出が滞る事態もたびたび発生してきた。


 


 


産地の民間機関で安全審査ができるようにもする新体制は、こうした縦割り行政の弊害を打破し、自治体や農家と事業者との連携強化も促すはずだ。


 


 


福島県産を含む日本産食品の安全性は、厳しい検査を通して完全に保証されている。にもかかわらず、福島産への風評が海外で消えない現実をどう見るか。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

物忘れは認知症か!

高校時代の同窓会の機会があった。若き日を共に謳歌した仲間たちも、すでに50代後半になっていた。


 


最近、とっさに人の名前が出てこない。カギや財布をうっかりどこかに置いて、探すことが多いなどと、物忘れを嘆く声が相次いだ。


 


これは認知症の始まりなのかと不安も頭をかすめる。そこで、医師をしている別の友人に尋ねたら、それは加齢に伴う物忘れで、誰でも仕方ないことだという。


 


一般的な物忘れと認知症は別物で、きのう夕飯に何を食べたか思い出せないのは普通の物忘れだ。


 


食べた直後なのに、食事をしたこと自体を思い出せないのが認知症の症状だと説明され、ひと安心した。


 


しかし、将来に認知症にならないという保証はどこにもない。認知症を防ぐには生活習慣の改善が大事だといわれる。


 


食べ過ぎや運動不足をなくし、十分な睡眠をとることが、リスク低下につながる最近では、脳を若く保つトレーニング法も多く紹介されている。


 


健脳エクササイズの長野氏は、例えば、その場歩きをしながら同時に単純計算をしたり、文章を音読することも脳の活性化に効果があるそうだ。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

クローンと再生!

イモリは脚がちぎれてもまた生える。心臓や脳の一部も再生する。そこへいくと人間はなんとも情けない。


 


一度うしなうとそれっきりだ。再生することはない。などという常識は今や神話にすぐないことを改めて思い知らされた。


 


昨年に新聞紙面を飾った万能細胞に関わる朗報である。一つは、ES細胞を使った国内初の臨床応用の話題。


 


もう一つは、ヒトのiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルの脳に移植したところ、症状の軽減が確認されたというもの。


 


多くの人が再生医療の未来に夢を膨らませたことだろう。それだけに、三つ目のニュースには愕然とし怒りを抑えることができなかったに違いあるまい。


 


iPS細胞を効率よく作れるさい帯血を、ガン治療や美容に効果があるとして無届けで投与していたクリニック院長らが逮捕された事件だ。


 


万能細胞の実用化に向けては、ガン化阻止など克服しなくてはならない過大はまだ数多くある。


 


だが最大の難敵は、これら欲丸出しでグレーゾンビジネスに走る悪徳医者や業者の跋扈なのかもしれない。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月19日 (金)

世界経済の減速で日本は!

米国と中国の貿易摩擦が激しさを増している影響で、世界経済の減速懸念が顕著になる中、日本経済のかじ取りを誰に任せられるのか、今回の参院選で有権者の関心が最も強い政策課題だろう。

 

 

就業者数は6271万人から6652万人へと384万人が増え、このうち正規雇用が3割を占める。749円だった最低賃金は874円に上昇。この春に卒業した大学生の就職内定率は97.6%と過去最高を記録した。

 

 

株価も2万円台が続いている。今年6月の短観や7月の地域経済報告では、内需に底堅さがあることも確認された。また、国際通貨基金は今年4月に改定した世界経済見通しで、今年の日本の経済成長率が昨年を上回ると指摘。

 

 

10月の消費税率の引き上げが景気を下押ししても増税の影響を緩和できると見込まれている。軽減税率のほか低所得者や子育て世帯向けのプレミアム付き商品券の発行が国際的にも評価された形だ。

 

 

今回の参院選で消費税率の引き上げについて、凍結や中止を主張しているところがある。しかし、消費税率の引き上げなしで、社会保障の財源をどうするのか述べられてない。

 

 

世界経済の減速懸念に対する最大の備えは、日本経済としてはどうするべきか、この参院選の後の大きな課題である。国内が安定することが大事になってくるのでは。

 

 

                    がんばろう!日本

 

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

人間はやさしくなって!

高校1年生女子は自転車通学の夕方、通りかかった県道で大量に散乱する新聞紙などの古紙を見つける。


 


一度は通り過ぎるが、何もしていない自分につらくなったと引き返す。だが、古紙は自転車の前籠に収まるような量でない。


 


離れたコンビニまで行き、ごみ袋を買って戻る。再び拾い集める彼女。その姿を見た人が警察署に連絡し、署員が駆けつけると3袋計10キロの古紙が回収。


 


この行為に対し、警察署から感謝状が贈られた。署からの感謝状に彼女は、当たり前と思って拾った。


 


周りの事をもっと見られる1年にしたいとほほ笑んだ。見て見ぬ振りをするのではなく、関わり合ってゆく社会。


 


田辺聖子著の老いてこそ上機嫌に、合ったりという精神が出てくる。助け合ったり、支えあったり励まし合ったりという精神。


 


それが人間の脳をもっと拓かせ、気持ちを大きくさせていくのではないかと。著者は言う。震災を知るたびに人間はやさしくなっていった。


 


そういうふうに後世の人たちが言ってくれるようになれば、私たちの人生は生きやすい。豊かな共助の心を育みたいと思われる。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 

声を発して本を読む!

本を読む時に、声を出して読む人、黙って読む人、誰かに読んでもらって聞いている人、などさまざまである。


 


日本で黙読(黙って読む人)の習慣が定着したのは、明治以降のことというのが、通説になっている。文字を読める人が少なかったので、誰かに読んでもらう習慣があった。


 


明治10年ころまでに、新聞縦覧所という施設が各地につくられ、そこで人々は、新聞や雑誌を朗読したり、討論したりしていた。


 


新聞や雑誌などの印刷物は、あくまでも演説や討論の材料に過ぎず、声によるコミュニケーションこそが主体であった。


 


人間が言葉を獲得して以来、言葉とは、声を通して発せられるものであり、文字が発明された後も、文字は声と切り離せなかった。


 


1昨年に亡くなった名俳優の大滝秀治さんは、役づくりに入ると、24時間台本を手放さなかったという。徹底的に読み込み、せりふを自分の言葉にした。


 


彼は、ある時、先輩に云われた。台本のせりふの活字が見えるうちは、まだまだ台詞だと。 活字が見えなくなって初めて台詞が言葉になる。つまり、舞台は言葉だと。


 


携帯メールが爆発的に普及し、声を媒介としない意思疎通の機会が増えた。それはそれで便利なものだが、思いを伝える力は、声に及ぶべくも無い。


 


相手を励まし、勇気と希望の言葉を心の奥まで届けようと思うなら、会って、話す事が一番である。読書に加えて、対話にも励むことを心がけてみよう。


 


                 がんばろう!日本  


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月18日 (木)

高齢運転者の事故は!

高齢者の運転する車が市街地を暴走するなどして、歩行者が犠牲になる痛ましい事故が各地で相次いでいる。その多くがアクセルとブレーキの踏み間違いに起因したものであり、ここに焦点を当てた対策を急ぐべきだ。


 


 


国交省は国内の自動車大手8社に対して、ブレーキと誤ってアクセルを踏み込んだ際の急加速を防ぐ機能を搭載した、後付け可能な安全運転支援装置の開発を要請した。


 


 


現在、そうした装置を販売しているのは2社しかない。高齢運転者による交通事故の防止は待ったなしであるとの危機感を持って、8社全てが開発を加速すべきである。


 


 


新車に限っていえば、歩行者などの接近を感知してブレーキが自動で作動する、自動ブレーキを搭載した車は、現在8割近くに上る。しかし、販売済みのうち新車に置き換わっているのは年間で450~500万台ほど。


 


 


販売済み自動車の半数が自動ブレーキを搭載した新車に入れ替わるには、10年近くかかるという試算もある。また高齢者の運転を、自動ブレーキなどを搭載した車に限定する、限定免許の検討を進める必要がある。


 


 


高齢者に運転免許の自主返納を促そうにも、マイカーなしでの生活は困難であるという地域が多い実情にも目を向ける必要がある。事故防止のための新技術の開発に自動車メーカーは全力を注ぐべきだ。


 


 


                       がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

南海トラフの予測は!

いつ発生するか分からない大地震。南海トラフ巨大地震対策について議論してきた政府の中央防災会議の作業部会が報告書案をまとめた。


 


南海トラフの東端を震源とする東海地震に関し、予知を前提とした大規模地震対策特別措置法に基づく防災対策を、改める必要があると指摘した。


 


1978年に制定された大震法は、地震予知ができることを前提にしている。地震の前兆を観測網で捉えると、首相が警戒宣言を出す。


 


鉄道の運行や病院、銀行業務の一部停止など強い規制を行う仕組みだ。現在の知見では、地震予知は困難とされる。


 


南海トラフ全体で大規模地震発生の可能性が高まっていると指摘する専門家もいる。阪神大震災、東日本大震災を予知できなかったことで見直しは当然とも。


 


予知に頼れないとなれば、日ごろの備えが一段と重要になることは言うまでもない。予知は無理という認識を自治体や住民、企業に広く共有してもらう必要が。


 


巨大な地震が発生する可能性があるケースを示し、前震など地震の発生リスクが高まった場合でも、早めに安全な場所に避難する事前避難の仕組みの検討


 


避難基準のあり方をはじめ避難をいつまで続けるか、交通機関に運行停止を求めるかなど市民生活への影響を想定すると、社会的な合意形成は不可欠だ


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

4億8千万年前に現れた昆虫!

地球上に存在する生物種の半数以上が、昆虫であることをご存知だろうか。知られているだけで約100万種はいるという。


 


今から4億8000万年前に現れ、進化を遂げてきた昆虫たちの謎に迫る特別展が昨年、東京上野の国立科学博物館で開催された。

 


国内外から集めた約5万点の標本などを使い、その生態や魅力を多角的に紹介する展示は見応え十分。


 


昆虫こそ陸上で最も繁栄している生物ではないか、とさえ思えてくる。その姿、形は実に千差万別である。


 


東南アジアに生息するある昆虫のオスは、約1センチの体の半分以上が首だ。また、中南米すむコガネムシの一種は体の表面に金属のような光沢がある。


 


これらは過酷な自然環境の中で、祖先から生き抜いてきた証しなのだという。昆虫をヒントに技術開発も進む。


 


チョウの羽根の構造色と呼ばれる発色の仕組みが自動車の塗装に応用され、蚊の針からは痛みの少ない注射針も生まれた。


 


だが近年、昆虫の生息域が急速に変化しているという。温暖化の影響が大きい夏場の豪雨の回数や雨量は明らかに増えた。記録的な猛暑は昆虫にも命に関わる危険な暑さなのだろう。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月17日 (水)

認知症施策の強化は!

人生100年時代を迎え、住み慣れた地域で安心して老後を過ごせる環境づくりは、重要課題にほかならない。とりわけ認知症は、2030年には830万人に達すると見込まれている。


 


 


認知症の人の尊厳が守られ、希望を持ってくらしていける共生社会の実現を。認知症への誤解や偏見がいまだに多い中、認知症の人と共にという視点が、正確な理解を支え合うために欠かせない。


 


 


国や自治体の施策を強く推進する、認知症基本法の制定を。識者からは認知症の介護現場よく知っていると早期成立をめざしてる。


 


 


認知症の人や家族を支える認知症サポーターが活躍できる環境整備も大切だ。サポーター数は、全国で1100万人を超え、多くが見守りボランティアなどの活動をしている。


 


 


今後は医師や介護の専門職で構成される初期集中支援チームとの連携強化などを進め、共生社会の担い手としての役割を果たせるようにする必要が。


 


 


このほか、認知症の根本治療薬の開発、実用化や、早期診断法の研究なども進める方針。団塊の世代が全て後期高齢者となる25年が目前に迫り、40年ごろには高齢者の人口がピークを迎える。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

子どもの質問には!

子どもが成長する過程で「なんで。」「どうして。」と、しつこく親に問う時期がある。「同じ透明なのに、なぜ、水は目に見えて、空気はみえないのですか」


 


電話で質問する子どもに、その道の専門家が答える、というNHKのラジオ番組「夏休み子ども科学電話相談」の一幕である。


 


専門家がいろいろと例を挙げて説明するが、電話の向こうの小学生は、最後まで、「分かりました」と、言わなかった。


 


聞いていて、それでいい、と思った。ずっと抱いてきた疑問に対する答えは、人から与えられるより、旺盛な好奇心と探究心で追い続ける。


 


そして、自分の力でつかむほうが、どれほど宝になるか。それは言葉や概念を、自分の中に浮け入れる前に、きちんと納得したいという気持ちが、潜在的にあるからだろう。


 


しかし、社会生活を送るうち、こうした問いは薄らぎがちになる。代わりに、周囲に合わせる術を学んでいく。


 


だが、バランスのよい成長には、問いを発する力も、しっかりと鍛えたいものである。外山滋比古氏は、人間には、グライダー能力と飛行機能力があるという。


 


受動的に知識を得るのが前者で、自分でものごとを発明・発見するのが後者である。昨今の学生は、グライダー能力への偏りが強く、社会で苦労する要因になっていると、指摘する。


 


飛行機能力を高める一つの要素として考えられるのlは、内発的思考だろう。しかし、内発といっても、自分で考え、学ぶだけで、思考が湧いてくるわけではない。語らいなど、違う価値観との出会いが欠かせない。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

誇りを傷つけずに!

相手から受け取るメッセージは、顔を合わせて語り合うとき、電話やメールの何倍も大きい。言葉以上に非言語のコミュニケーションが取れるからだ。


 


すなわち、声やしぐさや表情が多くを伝えるからだ。会えてうれしい。ずっと心配していた。応援しているよ。その心が心に届く。


 


オーストラリアの作家・ツヴァイク氏の話に、高名な作家が高校生だった時のこと。とても優秀な同級生がいた。


 


人気者の彼がある時、学校を休んだ。大会社の社長である父親が、不正をして検挙されたというのだ。


 


新聞は、家庭の写真まで掲げ、避難を書きたてた。3週間目に彼が突然、学校にやってきた。休み時間に廊下の隅で一人、窓の外を眺めていた。


 


彼は、やさしい言葉を求めているはずだ。彼の誇りを傷つけずに、どう近づこう。迷う間に始業ベルが鳴った。彼は学校を出て、ついに再び現れなかった。


 


相手に励ましの声をかける勇気の大切さを知る。勇気があるかないかで、人生は百八十度変わってしまう。


 


一期一会という言葉があるが、今という時を逃せば、もう次はないかもしれない。夏は、いろいろな所で出会う機会が多い。勇気を出して声をかけよう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月16日 (火)

シートベルトの着用率は!

夏休みになってきたところもあるので、久方振りにマイカーで旅行に出かける人たちも多くおられるだろう。


 


その際、留意してほしいのが、交通事故の被害から乳幼児の生命を守るチャイルドシートの使用である。


 


警察庁と日本自動車連盟が発表した調査結果によると、6歳未満の乳幼児に義務付けられているチャイルドシートの使用率は62.7%にとどまった。


 


3人に1人が使用していない計算である。シートベルトの一般道路での着用率が運転者で98.2%。


 


助手席同乗者で93.9%なのと比べても格段に低い。このため警察庁は、チャイルドシート不使用者の死亡・重傷率は使用者の2.1倍になると注意。


 


さらに注意点が二つ。一つはチャイルドシートの使用率は1歳未満が85.2%だったものの、1~4歳は64.4%。5歳は38.1%と、年齢が上るほど減っていること。


 


もう一つは、チャイルドシートが正しく取り付けられていた割合がわずか45.5%だったこと。取り付けが不十分であったり、正しく座らせてなかった。


 


事故時にチャイルドシートがシートベルトから分離してしまったり、乳幼児がチャイルドシートから飛び出してしまうなど、本来の機能が発揮できないからだ。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

電池が古くなったら!

錠剤を飲もうとして、うっかり落としてしまい、冷蔵庫の裏辺りへ。暗くて見えない。ならばとリビングボードに置いてある懐中電灯を出そうとする。


 


ずっと使っていないけど大丈夫かしら、と。スイッチを入れるとつかない。調べてみたら、電池から液漏れして結晶化した白い粉が周りを覆っていた。


 


テレビやエアコンのリモコンから子どものおもちゃ、非常用のラジオや懐中電灯まで、日常生活に欠かせない電池。


 


消費者庁が今夏、そうした電池を使った製品事故に対する注意を呼びかけていたことを思い出し、早速、懐中電灯を買い替えた。


 


今年6月までの5年間に同庁に寄せられた電池の事故は332件。発熱した電池に触れたやけど、洩れた液が皮膚に付いた化学やけど。


 


電池が破裂して飛び散った破片による怪我などが報告されている。事故防止へ電池を使用する際は、電池の向きをまちがえていれていかいか。


 


アルカリ、マンガンといった種類やメーカーが異なる電池や、古い電池と新しい電池を混合して使っていかいか、くれぐれも注意したい。


 


また、長期間使用しない機器は電池を外しておくことも心がけたい。一方、非常用の懐中電灯のように常に電池を入れておく必要があるものは、液漏れなどがないか、必ず定期的に確認しよう。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

新相続法スタートは!

7月1日から新しい相続法がスタートした。高齢社会への対応が目的であり、相続のルールが大きく変わる。とりわけ、遺された高齢の配偶者の生活を守るためのさまざまなルールが導入された。


 


 


相続法とは、民法の相続編のことで、1980年以来約40年ぶりの大改正となった。この間、高齢化に伴い相続の実情は大きく変化した。


 


 


例えば、遺された高齢の配偶者の終いの棲家をどう確保するかに関心が高まり、また、亡くなった親の介護を無償でしてきた親族が、相続人ではなくても、その献身に報いるための制度の必要性。


 


 


自宅の生前贈与に関するルール。20年以上連れ添った夫婦に限られるが、生前贈与された自宅は相続財産として扱う必要がなくなった。


 


 


例えば、資産として現金4000万円を持つ夫が妻に自宅を生前贈与をした場合、以前は自宅も相続財産として計算され、自宅の評価額を2000万円として計6000万円を妻と子で2分の1ずつ分割した。


 


 


妻の相続は3000万円になるが、すでに2000万円の自宅をもらっているため、現金は1000万円だけだ。しかし、自宅が相続財産でなくなると、現金4000万円を妻と子で分けるため妻は自宅を2000万円を受け取れる。


 


 


このほか、新相続法は多くの新制度がある。来年4月開始の配偶者居住権もその一つだ。これで自宅を生前贈与されなくても、相続開始時に住んでいれば、終身、無償でしようできるようになる。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月15日 (月)

人口減少と自治体は!

10年連続の人口減少。10日に発表の住民基本台帳に基づく人口動態調査の結果だ。人口減少は自治体にとって深刻である過疎化や高齢化だけでなく、自治体職員の確保も困難になるからだ。


 


 


職員半減さえ想定されるため、一つの自治体があらゆる行政サービスを提供する現在の方法を転換させる必要がある。自治体間の連携を進める基礎となるのが業務のデジタル化、行政手続きのオンライン化だ。


 


 


人口減少社会の地方行政のあり方を審議している政府の地方制度調査会、専門小委員会は、このほど公表した中間報告案で、自治体が迫られる改革について論じている。


 


 


例えば、IT化に関しては自治体の長期ビジョン作成について、自治体内のデータだけでなく、自治体を越えた広域の生活圏経済圏のデータ、さらには国が政策分野ごとに整理することが有用。


 


 


しかし、政府と自治体、自治体と自治体の間で、デジタルデータの共有が出来ないと広域的、多層的データの収集、分析は困難だ。他の自治体や地域住民、民間団体と連携するよう求めている。


 


 


自治体間の連携や民間との協力で業務を分担し、円滑に運用するには、ネットワークの活用が欠かせない。行政サービスの窓口が役所だけでは間に合わないからだ。行政手続きのオンライン化は待ったなしである。


 


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

在宅医療を望む人が増える!

最近は病院で亡くなるのが当たり前のようになっている。だが、住み慣れた自宅で逝きたいと、願っている人は、55歳以上の男女の半数に上るという。


 


しかし、自宅で最期を迎える、在宅死の割合は、死亡者全体の約12%に過ぎず、年々低下している。


 


願望と現実に大きな差が生じている理由の一つは、自宅で医療を受ける在宅医療の体制が不十分なことにある。


 


団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年には、在宅医療で療養する高齢者が現在より30万人以上増えると予想される。


 


超高齢化社会に続き多死社会が到来するといわれる中、医療機関だけでは高齢患者の受け入れに限界があるだけに、在宅医療の体制整備は喫緊の課題


 


全国在宅医療会議で議論を開始した。訪問診医の増加である。訪問診療は一部の医師らが先駆的に取り込んできた段階だ。


 


訪問看護サービスも在宅医療では重要な役割を担うが、十分な普及している状況とはいえない。担い手不足がある。


 


在宅医療は利用する家族の心情への配慮も必要だろう。超高齢化社会に伴って重みが増している在宅医療。その普及においては自宅での、みとりに対する家族の不安解消という視点も不可欠である。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

考え方が違っていた!

東海林さだお氏の漫画「サラリーマン専科」で、介護問題を突いたのを、掲載された。ポイントをついて笑えなかった。


 


ある日、おじさんが金魚鉢を見ると、オストメスの2匹のうち、オスが死んでいた。寂しいだろうと、1匹買ってきた。


 


何てかわいそうなことをするの。相手がやっと死んでくれて、どんなに喜んでいたかもしれないじゃないの。と、奥さんに怒鳴られた。


 


漫画とはいえ、シリアスな世界だ。現代社会の面である、介護する側に置かれてきた女性の本音をあらわにしている。


 


怒鳴られたおじさんは、奥さんの怒りの底に何があるのか知ることが、緊要だろう。一方、老親介護という重いテーマのコミックエッセーが人気を呼んでいる


 


作者・岡野雄一の「ペコロスの母に会いに行く」である。施設で暮らす89歳の認知症の母と62歳の当人との交流を描く。


 


施設を訪れた岡野さんのはげ頭を、なでては息子の名前を思い出す母。表紙を飾るその姿が、実に微笑ましい。


 


作家・沖藤典子さんは、介護の要諦を、施設や専門家を活用していい距離を保ち、疲れず愛情を涸らさず、長続きすること、という。愛情と介護の分離をここまではっきり言ってくれると、施設の家族はホットするだろう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月14日 (日)

どこまでバリアフリー化か!

駅舎内はバリアフリー化されたが、駅から公共施設を結ぶ道路には多くの段差が残っている。バリアフリーの街づくりに多くの自治体が共有している。


 


歩道の点字ブロックが途中で切れ、めざす建物内に行くことができない。解決の一手となるのがバリアフリー基本構想だ。


 


駅周辺をはじめ、高齢者や障がい者らが利用する公共施設などの集積地域を市区町村が重点整備地区に指定。


 


歩道の段差解消や建物内のエレベーター設置、公園や信号機の整備などバリアフリー化を一体的に進めていく。


 


市区町村に作成義務はないが、高齢化が加速する中で、移動しやすい環境の実現が求められている。


 


基本構想を作成したのは全1741市区町村のうち、17年3月末時点で294市区町村と2割に満たない。


 


そこでバリアフリー法の改正を検討。重点整備地区の面積や対象施設数といった要件の緩和などにより市区町村の労力を軽減する方向だ。


 


地域の住民やNPOなどが基本構想について市区町村に提案できる仕組みが現行制度にある。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

中学生高校生のネット依存は!

インターネットに夢中になりすぎてやめられない。深刻化する中学生・高校生のネット依存に的確な手だてを打たねばならない。


 


中高生の1割超がネット依存の疑いがあるとの衝撃的な調査結果を発表した。病的なネット依存が中高生はほぼ倍増し、93万人に達すると推計している。


 


中高生がネットに依存すると、学校の遅刻や睡眠不足、学力低下、引き子守りなどを招き、日常生活に支障を来すケースが少なくない。


 


強い依存が疑われる病的使用者は、中学生で12.4%、高校生で16%に上ることが分かった。いずれも急増しており看過できない。


 


背景には、スマートフォンの急速な普及に加え、ラインなどの会員制交流サイトやネットを通じたゲームが広まっていることが大きい。


 


世界保健機関は、ゲームをやめられずに生活が困難になる状態をゲーム障害として、疾患の一種にする方針だ。


 


ネット依存の治療部門を持つ国立病院機構久里浜医療センターは、ネットから隔離して生活させる入院治療などを行っている。


 


同センターは、親が子どもにスマホやパソコンを与える際の注意点として、買う前に親子でルールを作り書面に残す。端末は子ども部屋に持ち込まない。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

健康は第一の富だ!

米国の思想家エマーソンが残した言葉に、健康は第一の富であると。本格的な長寿社会を迎え、健康寿命という言葉をよく耳にする。これは日常的に医療介護サービスに頼らず心身ともに自立した生活ができる期間のこと。


 


 


2000年に世界保健機関が提唱した概念。WHOは昨年、世界の成人の4人に1人(約14億人)が運動不足で糖尿病や心臓疾患、認知症などにかかるリスクが高いとする警告を世界に発信した。


 


 


こうした身体の不活動やタバコの使用、不健康な食事などを含めた生活習慣が確実に健康寿命を短くする。翻って日本の現状はどうか。


 


 


世界屈指の長寿国だが、0歳時における平均余命である平均寿命と健康寿命の差は男女平均で約10年ある。その要因の一つが循環器病とされる。


 


 


このうち心疾患と脳血管疾患はわが国における主要な死亡原因であり、介護が必要となった原因の構成割合は、循環器病が 21.2%と最多である。


 


 


昨年成立した循環器病対策基本法は、患者の搬送や治療、リハビリ、後遺症への福祉サービスに関する体制整備に加え、生活習慣を見直す予防も力を入れるという。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月13日 (土)

災害大国の課題!

平成は大規模自然災害が相次いだ。災害への備えとしての防災、減災と並び、発災後の復興もまた令和の時代の重要な課題だ世界一災害に強い防災大国の構築を掲げ、防災、減災、復興を社会の主流にと訴える。


 


 


参院議員の役割は、地震と津波、原発事故という未曾有の災害から復興を成すには時間を要し、中長期の視点での支援が欠かせない。原子力災禍の爪痕が深い福島ではなお更のことだ。


 


 


この点、任期4年で解散がある衆院と比べ、任期年で解散がない参院の方が、より長期的な視点で課題に取り組むことができる。


 


 


事実、災害弔慰金の差し押さえを禁じた法律や福島県で被災した子どもや妊婦の医療費負担減免措置など、参院議員が粘り強く合意形成に努め、成立した法律は少なくない。


 


 


今回の参院選でも有為な人材が、復興をより一層進めるためにも当選されることを送り出したいものだ。発災から震災8年4ヶ月が過ぎた東北被災地だ。


 


復興は着実に進みつつあるが、課題もいまだ山積している。昨年の西日本豪雨など大規模災害の被災地も同様だ。いずこの地でも、一人一人が心の復興、人間の復興を成し遂げるまで総力を挙げて支えてほしいものだ。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

村を宝を発掘!

これまであまり注目されてこなかった、村の宝を発掘し全国に発信する試みを、農水省が進めている。


 


このディスカバー農山漁村の宝プロジェクトは、地域活性化に取り組んでいる各地の優良事例を選定し、全国にその魅力と取り組みを紹介することで、地方の元気を引き出していく。


 


高齢化と人口減少に悩む地方にとって、活気ある地域づくりは喫緊の課題だ。豊かな自然資源を生かし切れずに仕事や所得が減り、都市への人口流出が止まらない地域は多い。


 


大阪から電車やバスを乗り継ぎ4時間以上かかる和歌山県那智勝浦町の色川地域は、1991年から農業体験などを通じて行った。


 


地域の豊かな自然や有機農業の魅力を知ってもらい定住促進につなげてきた。今では、同地域世帯の約4分の1、人口の約3分の1が新規定住者が占めるという。


 


山口県萩市の食品協同組合は、市場に殆ど流通しない雑魚を活用し、オイル漬けや魚の生ハムといった、他所にない加工食品を開発した。


 


首都圏にも販路を拡大し、国際会議で食材が使われるなど好評だ。優良事例に共通するのは、やる気ある人材の活躍とその育成・確保だ。


 


地域再興には欠かせないその原動力は、地域の人々のやる気だろう。それを引き出すために、優良事例のさらなる全国展開。国と地方自治体との一層の連携強化で、さらに地域振興を加速したいものだ。


 


                    がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

歩きスマホで事故増加!

呼び方を変えたほうがと思われるほど、ながらスマホが多い。スマートフォンの操作に没頭し、そのついでに歩いたりしてのが現実であるからだ。


 


研究者によるとスマホ利用時の視界は、通常の20分の1程度まで落ちるというほとんど見えていないに等しいことになる。


 


例えば、歩きスマホの当人は事故を起こすリスクを抱えて歩いている自覚はない。なぜ彼らが人と接触しないで済むのか。


 


それは周囲の人がぶつからないように、避けているだけだとの見立てもある。先週、一つの事件で有罪判決が言い渡された。


 


スマホを操作しながら電動自転車を運転していた若い女性が歩行者にぶつかり死亡させた事件である。


 


この女性は、左耳にイヤホンをして音楽を聴き、飲み物を持った右手でハンドルを握り、左手でスマホを操作していた。


 


やり取りを終えてポケットにスマホをしまう際に事故を起こした。ながらスマホの背景には、インターネットを使ったゲームの広がりも関係する。


 


何かをしながらスマホを操作するほど人間は起用じゃない。立ち止まるか、少し待てばよい。このままでは依存症に分類される日も遠くないかも。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月12日 (金)

驚異の粘りで!

高校野球の季節がやってきた。第101回全国高校野球選手権の地方大会が各地で相次ぎ開幕した。今年は、阪神甲子園球場で全国大会は8月6日から始まる。


 


 


記憶に残る甲子園の名勝負は多数あるが、2007年の決勝戦は、佐賀北と広陵の決勝戦もその一つだ。0対4の広陵リードで迎えた8回の裏だ。


 


 


それまでたった1安打の佐賀北が、諦めない驚異の粘りで流れをつかむ。四球による押し出しでまず1点が入る。その後、逆転満塁本塁打が飛び出した。


 


 


実況アナウンサーまで興奮していた。あり得る、最も可能性の小さい、そんなシーンが現実で~す。そのまま5対4で佐賀北が優勝した。無名の公立校の快進撃は、がばい旋風と呼ばれた。


 


 


広陵は屈辱を味わった。エースの野村投手は振り返る。甲子園は人間として成長させてくれたところですね。悔しさをバネに。後に野村投手ら3人が広島カープに入団した。


 


 


小林捕手が巨人へ入団し、当時のナインからプロ野球選手が4人も誕生した。今年の甲子園からはどんなドラマが生まれるか。どんな選手がプロ野球へ行くか楽しみである。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

酒に強い人は!

毎日暑い日が続く。こんな時は会社の帰りにビアガーデンで一杯という人も多いだろう。ただし、上司や先輩のみなさん、酒の無理強いには十分に注意をしましょう。


 


というのは、お酒のアルコールは体内に入るとアセトアルデヒドという毒となる。この有毒物質は、動悸、頭痛、吐き気といった悪酔いを引き起こす元である。


 


同物質は体内から分泌するALDH2という酵素が分解し、酢酸と水になり体外に排出されるが問題は日本人の体質である。


 


同酵素が全く働かない人が1割、わずかしか働かない人が3~4割、こういう人は毒が体内に残り苦しい思いをすることになる。


 


飲めない体質は遺伝で、飲みなれれば酒に強くなるというものではない。酵素がまったく働かない人に酒を飲ますのは、毒を飲ませているのと同じということになる。


 


人は、両親から同酵素の遺伝子を一つずつ受け取り生まれてくる。それが++なら酵素は十分に働く。


 


それがーーならまったく働かず顔が真っ青になる。+-の人は飲むとすぐ赤くなるタイプで、酵素がわずかしか働かない。


 


お花見で大量の酒を飲み、急性アルコール中毒で死亡した大学生の両親が、同席していたサークル仲間を告訴した。


 


お酒は楽しく飲みたいが、危険性も十分に認識して飲まなければならない。他人には全くその人の体質が分からないので、一気飲みなど言語道断である。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ガンが見落とされることが!

治療法や検査技術の向上により、ガン患者の生存率が高まる一方で、ガンが見落とされ必要な治療が受けられずに患者が死亡する事故が相次いでいる。


 


千葉大学医学部付属病院は、今年6月9人の患者のガンを見落とし、うち2人が死亡したことを明らかにした。


 


昨年も東京慈恵会医科大学付属病院や横浜市立大学付属市民総合医療センターで同様のミスが発覚している。


 


いずれのケースもコンピューター断層撮影CTによる画像診断で病変を見逃したことが原因だ。なぜ見落としが起きるのか。


 


先月、日本医学放射学会は、情報量の増加に医療側が追いついていないとの見解を発表した。CTは一度に数百枚の画像を撮影できるほど機能が向上。


 


枚数が多いほど主治医は撮影目的の臓器に注力し、他の部位にまで注意が及ばない傾向があるという。


 


防ぐ手立ての一つに画像診断報告書がある。CT検査を担う放射線科医がガンの恐れがある部位などをまとめたものだ。


 


報告書をつくるには時間がかかる。その間に画像だけが主治医に届けられ、後から届いた報告書が十分に確認されないことがあり、これが見落としにつながっている。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月11日 (木)

信金の地域における貢献度!

地域の金融機関には、地元に密着した中手企業を育て、経営改善の取り組みなどをサポートする役割が期待されている。


 


しかし、相変わらず事業の内容や将来性よりも、担保や公的信用保証の有無を重視して融資する金融機関はまだ多い。


 


中小企業の経営者からは、金融機関の目利き力が足りないとの不満も聞かれる。全国調査によって、目利き力の向上など課題解決への方策を探ってもらいたい。


 


中小企業の中には、魅力的な商品を作り出す潜在力を秘めながらも、運転資金を集められなかったり、独力で販路開拓ができないなどの理由から、チャンスを逃している。


 


地元の産業界の動向をはじめ、さまざまな情報が集まる金融機関の支援があれば、事業が軌道に乗るケースも出てくるだろう。


 


そこで、地方銀行の中には、ものづくり支援チームを設置し、大企業が途中で開発をやめた技術を中y層企業で生かして商品開発できるよう、支援を行っている。


 


信用金庫の中には、担保を原則必要としない低利融資で地域内での起業を積極的に応援し、利用件数を順調に伸ばしているという。


 


中小企業の再生は、地域経済の地盤沈下を防ぐだけでなく、金融機関の経営にも影響をもたらす。今一度、融資の姿勢や内容について自己点検を行ってほしい。


 


                がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

親と子の交差点は!

大人の力は年齢とともに低下していく。反対に子どもの力は増していく。やがて交差する時がくる。家族の中でもこの状態が表れる。


 


東京成徳大学大学院・田村教授は、この交差の時期が反抗期であると、指摘する。いい子だったわが子が突然に、暴言を吐くようになる。


 


カットときたり、悲しくなったりするが、それは親からの自立の始まりである。暴言を言われたら、思春期語自動翻訳機を使おうと提案する。


 


例えば、クソババァは、私を信じてください。べつに・・・は、心配しないで、という具合である。大人には、こうなってほしいという子どもへの理想がある。


 


だが、その理想に子どもを当てはめようとする前に、あなたは、あなたのままでいい。ありのままでいい、と子どもたちの存在そのものを、認めてあげることです。


 


子どもが、ありのままの自分を見せるにも勇気がいるが、それを真正面から受け止め、認めるにも親の度胸がいる。


 


自分を信じてくれる人がいる、という安心感が伸びていくための土台となる。子どもにとって親が最後の砦である。


 


また、親にとっては、子育ては自分育てということに気がつくこと。夏休みには子との関係を見つめなおす好機にしたいものだ。


 


                     がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

行動は雷鳴のように!

その疾きことは風の如く、その徐かなることは林の如く、侵掠することは火の如く、動かざることは山の如く。中国最古の兵法書孫子の軍争篇第七にある一節だ。


 


 


日本では武田信玄がこの言葉を拾い、風林火山の旗を立てたのは有名だが、知り難きことは陰の如く、動くことは雷の震うが如く、とも載っていることは、あまり知られていない。


 


 


暗闇のように分かりにくく、行動は雷鳴のように激しくとの意味である。同篇第七にある勝利の要諦。事業に当たって肝心なのは何か。国内最大手の建設コンサルタントの創業者は、風の如くを挙げていた。


 


 


事業はスピード。金は多少高くかかっても早く仕上げた方が、金利、生産の面から考えると、はるかに有利である。天王山の戦いの語源となった山崎の戦い。


 


 


主君が明智光秀により京都・本能寺で自刃したことを備中で知った羽柴秀吉は毛利軍と講和。姫路城に戻り全金品を兵士に分配。さらに尼崎から西国街道を進んだ。


 


 


天王山中腹に本陣を置き明智光秀を討ったのだ。この間、わずか10日。世に云う中国大返しである。勝因は光秀の目算をはるかに超えるスピードだったのだ。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月10日 (水)

SNSの活用は!

選挙の呼びかけも変わってきた。どこの政党も今では支持を広げる上で積極的に活用している。LINEやツイッター、FBなどのSNSである。とりわけスマートフォンを使いこなす若者に大きな効果を期待している。


 


 


NHK放送研究所によると、20代のSNS利用率は2012年で5割に満たなかったが、5年後には9割を超えた。ここで注目したいのは、年齢層が下がるにつれてSNS経由で政治や社会に関するニュースを得ている割合が多いことだ。


 


 


SNSには、政党に関する情報を手軽に、そして正確に提供できるメリットがある。ネット空間にはあたかも真実であるかのように装った、フェイクニュースがあふれているほか、出所不明の情報も多い。


 


 


こうした中でSNSは、候補が発信した情報をそのまま友人や知人に送ることができるとう特徴がある。具体的には、スマホへの政党のアプリを勧めたりホームページアドレスの送信、動画送信などが可能だ。


 


 


返済不要の給付型奨学金の拡充や幼児教育、保育の無償化、携帯電話料金の引き下げ、ブラックバイトの相談窓口設置、最低賃金の引き上げ、ひきこもりやニートの自立を支援するの拡充など。


 


 


若者の声を直接拾い上げて政策に反映する取り組みに力を入れているなど、いろいろな問題の真実の姿を、次代を担う有権者にしっかりと伝えたいものだ。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

真面目に質問してくれて!

首都圏は、梅雨は明けないが暑い日が続く。今年入社して4ヶ月を終えて、新人のサラリーマンの姿が初めての夏の勤務に苦闘が見える。


 


街を闊歩するニュービジネスマンに、「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」にあった「誠実さの代価」の一通を贈る。


 


商業道徳を欠いた相手との契約が、実現しなかったときの息子に、宛てたものである。父は実業界では、その人の日常がいつもまじめで、正直で、率直といった特質を備えることだ。


 


長期的な成功をもたらす生命力になると語る。そして、短期的には、顧客に約束した内容の手抜きをして、儲けをふくらませることも難しくない。


 


しかし、そのような手口は、業界で大失敗をする人たちの礎石になるという。「聞く力」の著者である阿川佐和子さんが、相手の目を見るという項目で、俳優のモーガン・フリーマン氏にインタビューしたときである。


 


日本語が分からないのに、まじめな顔で質問を聞こうとする彼に、阿川さんが、その理由を尋ねた。


 


すると、彼はもちろん私は日本語がわからない。でも、あなたが真面目に質問をしてくれている時に、失礼な気がしてね、と言った。


 


何の業界・政界にも当てはまることだろう。現場の声に誠実に耳を傾け、それを生かすために全力で闘う。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

未婚のひとり親世帯に!

昨年9月1日から未婚のひとり親世帯を対象に認可保育所の保育料が減免された。該当する人は自治体に申請して権利を行使しよう。


 


難病医療費助成制度の自己負担や障がい児の通所・入所支援の利用者負担の軽減も実施される。


 


いずれも、配偶者との死別や離婚によるひとり親である、寡婦には以前から適用されていた。


 


今回の措置は、同じひとり親世帯なのに、結婚したことがないという理由だけで対象外となる不公平を解消するためである。


 


ひとり親世帯を税制面で支える制度に、寡婦控除がある。所得税や住民税が低く抑えられ課税額に基づいて算定される公営住宅の家賃や保育料が軽く。


 


しかし、未婚のひとり額は、現在も所得控除を受けられない。今回は未婚であっても寡婦とみなすことで福祉サービスに限って適用対象とする措置だ。


 


みなすとは、仮定するといった意味だが何とも回りくどい。寡婦という言葉も若い人ほどなじみが薄い。いっそのこと寡婦控除を見直し全てのひとり親を対象にしては。


 


2016年度で母子世帯のうち未婚のシングルマザーの割合は8.7%と過去最高となった。就労による収入は母子世帯全体の平均より少ない。寡婦と同じ所得控除すべきだ。


 


             がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 

2019年7月 9日 (火)

ふるさと納税の姿!

返礼品はありません。・・・こんなふるさと納税が好評。使わないままの楽器を寄付し、楽器不足に悩む市内の中学、高校の吹奏楽部に使ってもらう。


 


 


その見返りは、寄付された楽器の査定額分の税額控除と、楽器を受け取った子どもたちからの手紙とコンサートへの招待状。昨年10月、三重県いなべ市がスタートさせたこの仕組み。


 


 


7月からは4市町で運用され、さらに他自治体から問い合わせが寄せられている。具体的にはホームページから申し込むと、状態などを電話で詳しく確認した上で査定額が提示される。


 


 


それで納得できれば寄付が成立、送付用のキットが来るので楽器を送る。楽器の査定や受取などの実務を担っている民間業者は、ネットでの中古品売買で幅広いノウハウを持つ。


 


 


その担当者が役に立ちたいという皆さんの気持ちで成り立っていると感じますと驚く。昨年度、半年足らずの間に、いなべ市への申し込み171件中、査定額がついて寄付が成立したのは90件。


 


 


40件は要望していない楽器だったので、業者が買い取り現金を市に納付。50もの楽器が吹奏楽部に届けられた。あくまで寄付だというふるさと納税の原点にこだわった仕組みづくりが多くの人の善意を呼び起こしたのだろうか。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

再生可能エネルギーになるか風力発電!

海上に設置した風車が強い風を受けて電力を生み出す洋上風力発電。国土面積こそ狭いが、四方を広大な海で囲まれている日本は、洋上風力発電に敵地


 


第5次エネルギー基本計画で、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを、主力電源化するとの方針を初めて示した。


 


重点的に導入を推進する対象の一つとして、洋上風力発電を挙げた。現在進められている洋上風力発電の技術開発だ。


 


特に共同で開発している台船型の浮体式洋上風力発電に注目。今月10日に実証機が公開され、9月から試運転を始める。


 


浮体式は釣りのウキに近い形状で、上部が海面から顔を出し、下部が海中に沈む。いかりなどで係留し、流されないようにしている。


 


深い海でも設置可能だが、莫大な建設費用がかかる。なぜなら、世界的に商用化が進んでいる浮体式は、高さ全長200メートル近い巨大な建造物だからだ。


 


20階建て超高層ビル60メートルの3倍になる。設置には100メートル以上の水深が必要だ。このため浮体式の小型化が欠かせない。


 


公開された浮体式は、全長約80メートル。従来のウキのような形とは異なり、ドーナツ型の小型浮体構造物に風車を設置している。50メートル程度の水深でも設置可能で、風速毎秒51メートルの台風にも耐えられる。


 


              がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

専門医を育成へ!

昨年、内科や外科、小児科などの専門医を育成・認定する新たな制度がスタートした医療の質の向上により、専門医に対する国民の信頼を高める。


 


現在、多くの医師が専門医という肩書きを使っているが、各学会が独自の基準で認定してきたものだ。


 


その数は100を超え、一つの病名に複数の診療科名が存在しているケースもある。患者にとって分かり難く、認定基準も学会によって異なる。


 


新制度では、専門医の認定を第三者機関の日本専門医機構が行う。医師国家試験に合格し2年間の初期研修を終えた医師。


 


その上、医療現場でさらに3年程度の研修を受け、機構が実施する試験に合格することで認定される。


 


医療現場での研修内容は各科の学会が策定するが、機構の審査が必要となる専門医のレベルアップへ、研修から試験まで関わる機構の役割は大きい。


 


総合診療専門医の新設も新制度の特徴の一つだ。総合診療専門医は、内科や外科など複数の領域にまたがる。


 


病院で診察するだけでなく、在宅医療や介護など幅広く担当する。住み慣れた自宅や地域で暮らしながら医療や介護サービスを受ける、地域包括ケアシステムでは重要な役割を担う。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 8日 (月)

チームプレーで!

NHK大河ドラマで放映中のいだてんの主人公の一人、金栗四三は生涯で地球6周以上にあたる25万キロを走破したと伝えられる。日本でのスポーツ普及をめざし、走り続けた人生だった。


 


 


また、金栗四三は箱根駅伝や富士登山駅伝など、現代に続く多くの大会の創設にも携わった。日本で誕生した駅伝は、一人で長距離を走る個人競技の要素を持つとともにチームでリレーして順位を競う団体競技でもある。


 


 


足の速い選手だけを集めれば勝てるというものではない。そこに駅伝という競技の醍醐味もある。厳しいレースを制するには各区間の特徴に適応した選手を配置することが必要だ。


 


 


何より仲間にタスキをつなぎ、みんなでゴールをめざすという強い意識がチームの走りを支える。人生100歳時代になるとこの仲間意識が必要になってくる。


 


 


高齢者自身の生きがい作りも大切だ。世界一の長寿大国となる半面、毎日のニュースでは、高齢による悲惨な運転事故ばかりでは困るからだ。熟練のピアニストなど長年の訓練で熟達した技能は練習を行えば高齢期も維持される。


 


 


その技能を得るには、一万時間の練習が必要だが一日三時間で10年程度。退職した後でも何か新しいことにチャレンジしその分野のエキスパートになることは可能である。何かを始めるのに遅すぎることはない。


 


 


                        がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

いよいよ100歳の時代に!

作家・佐藤愛さんは、91歳から1年余り、週刊誌に隔週連載を執筆した。終了後の感想で、人間はのんびりしようなんて考えてはダメだということ。


 


90歳を過ぎてよくわかりました。連載を機にさびついていた脳細胞が動き始め老人性うつ病から抜け出せたそうだ。


 


身近にも90歳代、100歳代で元気な人がいる。日本人の長寿化は著しい。1963年に全国で153人だった100歳以上の人は、昨年6万5000人台に。


 


人生100年をテーマにした、ライフ シフトに刺激的な推計が紹介されている。2007年に生まれた日本の子どもの半分が107年以上生きるというのだ。


 


100歳まで生きることを前提にすれば、個人の人生設計は大きく変わらざるを得ない。


 


雇用や教育、社会保障などにも新しい試みが必要になってくるだろう。だが、元気でいることが楽しみがない。


 


政府も有識者で構成する、人生100年時代構想会議を近く立ち上げる。長寿化に対し本当にリアリティをもって取り組めるかが課題だ。


 


長生きが苦痛ではなく、楽しみと恩恵となる世の中へ、政治の構えが問われている。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

漢字の難しさ!

ぱっと見たときに見間違うよく似た漢字。若手経営者など若手という漢字。ごく普通に新聞雑誌で目にします。


 


この若手という二文字と出くわすたび、一瞬、えっと目を輝かせる人たちがいる岩手県盛岡市へ出かけた時のこと。


 


仕事の後、現地の方々と雑談を楽しんでいたら、地元の人が、こんな話を切り出してくれました。


 


東京に出張した時、若手芸人なんて活字が目に飛び込んでくると、岩手芸人と思っちゃうことって、あるんですよ。


 


言われてみれば、若手と岩手。字が似ています。隣の人が話しに飛びつきます広告で、若手演歌歌手という漢字を目にした時。


 


ほぼ確実に岩手の演歌歌手って、自動的に反応しちゃいます。岩手出身者には演歌歌手の千昌夫さん、新沼謙治さんが有名。


 


郷土愛が若を岩と読ませてしまうのでしょうか。たぶんそう。東京で下宿していた学生時代、故郷岩手が恋しくて、新宿で岩手落語会というポスターを見かけた


 


実際は、そう見えただけ。久々となけなしの金を払って入ったら若手落語会でした。ほろ苦く思い出です。


 


  
             がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 7日 (日)

不足する社外取締役!

今年の株主総会は社外取締役が注目された。自己の役員報酬を過少に記載したとして金融商品取締法違反、さらに日産自動車とルノーの資金を自らに還流させたとして特別背任容疑で起訴されているゴーン前会長。


 


 


彼を取締役から解任した日産自動車は6月25日の株主総会で、再発を防ぎ企業統治を強化するため、指名委員会等設置会社への移行を決めた。


 


 


取締役11人の専任決議案も可決され、社外取締役を3人から7人に増やし、経営管理機能を強化する体制を整えた。創業家出身の潮田洋一郎前会長から解任された瀬戸前最高経営責任者。


 


 


これを不服とし、約8ヶ月混乱が続いた住宅設備会社のLIXILグループでは、同25日の株主総会で瀬戸氏が取締役に選任され、CEOに復帰した。


 


 


同時に瀬戸氏側が推薦した4人に加え、潮田氏側が推薦した5人の社外取締役候補も選任され、取締役会は社内5人、社外9人の計14人の大所帯になった。


 


 


経営再建中の東芝は、同26日の株主総会で12人の取締役のうち社外取締役を7人から10人に増やす選任案を可決した新しい成長の柱を探すため外部の知見を求めるのが狙いだ。


 


東京証券取引所は、2015年に施行したコーポレートガバナンスコードで2名以上の社外取締役の選任を求めたが、18年6月の改定では、さらに3分の1以上に比率を高めるよう求めている。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

職場でのいじめに!

職場でいじめや嫌がらせを受けるパワーハラスメントの相談件数が増えている従業員が安心して働ける環境づくりに向け、行政はしっかり後押しすべきだ。


 


総合労働相談コーナーにパワハラの可能性のある、いじめ・嫌がらせは増加傾向が続く。2017年度は7万2000件を超え6年連続でトップだ。


 


企業側も相談窓口の開設や幹部研修などを進めているが、気になるのは大企業と中小企業では、その取り組みに大きな差があることだ。


 


対策に取り組む企業では、車内の環境が改善され、休職者や離職者、メンタル不調者が減少する効果も出ているだけに人員やノウハウが不十分な企業へ


 


政府が来月から実施する専門家の無料派遣事業だ。パワハラについての専門研修を受けた社会保険労務士が中小企業の取り組みをバックアップする。


 


セクハラに比べ職場におけるパワハラは定義があいまいな面があり、どういった行為がパワハラに当たるのか、分かりやすい定義を示すことが肝要だ。


 


加えて、パワハラに関する実態調査を行うことや、各企業の先進的な取り組み例を広く周知することも国には求められる。


 


事業主による具体的な措置の明確化や行政機関の的確な措置など、必要な対策を。職場からパワハラをなくすため、全力で取り組むべきだ。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

甘い言葉にのせられて!

職場で雇い主や上司から虐待を受けた障がい者が、平成29年度は過去最多になったことが厚労省の調べで分かった。


 


賃金未払いや暴言、暴行などが虐待の事例だ。このニュースを聞いた。軽度の知的障がいがある20代の女性をめぐる職場での出来事。


 


知人は、女性とは異なる部署で挨拶を交わす程度だったが、わが子と同世代の彼女が気になった。


 


入社後しばらくして彼女の表情がくもってきた。どうやらその部署で先輩からいじめられている様子だった。


 


ミスでも出したのか、彼女の母親が職場にきて頭を下げる場面を目撃したこともあった。家族で娘を支える姿は美しいと陰ながら応援していた。


 


だが、気付けばいつしか彼女の姿が見えなくなり職場を去ったことを後から知った。温かく育てればいいのにと残念がった知人。障がい者に厳しい就労の現実


 


先日は、障がい者への差別をなくすことを促進する立場にある中央省庁が法律で義務付けられている障がい者の雇用率を水増ししていたのだった。


 


共生、差別をなくすと言っても巧言令色、口先だけでうまいことを言ったり上辺だけとりつくろったりすること、では困る。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 6日 (土)

外国人と日本語教育は!

日本に住む外国人への日本語教育の充実を促す、日本語教育推進法が可決成立した。同法は、日本語習得をめざす外国人に対し、状況や能力に応じて教育を受ける機会を最大限に確保することを基本理念に。


 


 


国と地方自治体は施策を策定し実施する責務があると定め、事業者には雇用する労働者と家族の学習機会の提供に努めるよう求めている。外国人が日本語を、学びやすい環境づくりに法的な裏づけができた。


 


 


日本在住の外国人は2018年度時点で約273万人と過去最多を更新。今年4月からは外国人労働者の受け入れ拡大を進める国の新たな制度が始まり増加に拍車が掛かると見込まれる。


 


 


だが、日本語教室が開催されていない地域に住む外国人が45万人に上るなど、教育体制の整備は遅れている。言葉の壁によって勤め先や地域で孤立するようなことがあっては本人にとって不幸であり日本社会にとっても損失だ。


 


 


とりわけ目を向けたいのが外国人の子どもに対する学習支援の強化だ。調査によると国内の小中高校などに通う外国人の子どもで、日本語指導が必要とされたのは約3万4000人。


 


 


そのうち、おおむね4人に1人が語学力向上のための指導を受けていなかった。そもそも、外国人の小中学生は日本の義務教育の対象ではなく、学校に通わない学齢期の子どもも相当数いるとしている。


 


 


教える側の課題も多い。約4万人いる日本語教師の多くはボランティアなどが占め、急増する日本語学習者に質、量ともに追いついていない。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

女性医師の働きやすい環境は!

女性医師が働きやすい環境をどう整備するか。東京医科大学が医学部科の一般入試で女子の点数を一律に減らし女子の合格者数を抑えていた。


 


事実なら大学入試の定員について、適切な理由がなく、募集要項などでも明示せずに性別だけで制限していたことになる。


 


果たして、こうした不正は同大学だけなのか。今回の疑惑を受け、文科省は他の大学でも調査を徹底するなどして、疑念を晴らすことを最優先すべきだ。


 


現在、医師国家試験の合格者の約3分の1、医師の約5分の1は女性が占めている。しかし、女性外来のニーズが多いことなどからもっと増えていいはずだ。


 


今回の疑惑の背景には、女性は妊娠・出産や子育てなどを理由に辞めるケースが多いため、系列病院が医師不足になることを避ける狙いがあったとされる


 


これは本末転倒である。医師の不足に対して、優先すべきは、女性医師が仕事と家庭を両立できる環境づくりではないか。


 


実際、家庭を持つ女性医師や女性研究者が仕事を続けられるよう、時短勤務制度の導入やベビーシッターの派遣などに取り組む医大は少なくない。


 


復職を後押しすることも重要だ。この点、厚労省は一度離職した女性医師の復職支援に力を入れている。


 


                 がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

早期発見こそが!

その人は日本人初のノーベル賞だったかもしれない。世界で初めてガンを人工的に発生させた山極勝三郎。


 


長野県上田市出身の病理学者だ。長男・長女を亡くし、自身も重い肺結核に。それでもガン発生の原因を探り続けた。


 


市川厚一氏という無二の助手を得て、ガンをつくる実験が本格化。一人で実験を始めてから約8年後の1915年ウサギの耳にガンをつくることに成功した。


 


1926年ノーベル生理学・医学賞は、人工ガンを山極氏より先につくったデンマークのフィビゲル氏が受賞した。


 


最終段階まで候補だった山極氏は選ばれなかった。しかし、後年フィビゲル氏の実験は誤りだったと判明した。


 


友人がガンの宣告を受けたのは、2011年3月だ。ステージ4の悪性リンパ腫だった。発見のきっかけは健康診断。これがなかったら手遅れだっただろう。


 


治療終了からまもなく6年。これまで無事だが、再発の可能性はある。日本人の2人に1人はガンになる。


 


命を守るには検診を受け、早期に発見することが何よりも大事だ。乳がん、子宮頸ガン検診の無料クーポンなどを利用しよう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 5日 (金)

記録的大雨が!

昨年に続いて今年も大雨に見舞われた。九州南部を中心に記録的な大雨に。河川の堤防決壊や土砂崩れなどが相次ぎ、死者も出ている。被災された方々にお見舞い申し上げます。


 


 


鹿児島、宮崎、熊本の3県では一時、180万人以上に避難指示や避難勧告が出されてた。今後も土砂災害や浸水被害の恐れがあるほか、東日本でも大雨が見込まれる。引き続き警戒が必要だ。


 


 


国や自治体は、被災地域の速やかな復旧を進めるとともに、気象の変化や避難の必要性に関する情報の提供に努めてほしい。梅雨の時期、日本列島は毎年のように豪雨災害が起きている。


 


 


土砂崩れが起き易い山地と丘陵地が国土の7割を占めており、平地には浸水の危険性が高い地域が少なくない。温暖化の影響とみられる豪雨の激甚化、頻発化も被害を拡大させている。


 


 


こうした中で、いかに自分の命を守るか。行政による公助、地域住民らで助け合う共助、そして一人一人の自助の三つが基本となるが、いざという時に避難するかどうかは自分で判断するほかない。


 


 


気象庁は今年5月から、大雨による洪水や土砂災害の切迫度を5段階で示す警戒レベルの運用を始めた。レベル3は高齢者や体の不自由な人が避難を開始し、レベル4は全員が避難すべき段階を意味する。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

天竜の天竜杉の美林!

日本三大人工美林としては、天竜の天竜杉、尾鷲美林の尾鷲檜、吉野美林の吉野杉、があげられる。


 


山間地域の奈良吉野郡には、万葉集にも詠まれた美しい景色が、多く見られる。その風景を彩る一つに、三大美林の一つにも数えられる吉野杉がある。


 


江戸時代の儒学者・新井白石と国学者・本居宣長は、杉の語源に言及している。白石は、 杉はスグなる木なりとみえたり。その木のすぐなるをいひし也。と。


 


まっすぐに伸びることに由来すると、考察した。一方で、 宣長は、古事記伝で、須岐は進木なり。ただに上へすすみ上る木と。上へ進む進木と述べている。


 


二人の論考はいずれも、杉の成長力への視点で、共通している。上へ上へとまっすぐに進んで伸びていく。


 


その姿は、何ものにもひるまず、理想に向かって生きよと、人間の生き方を教えているかに思える。吉野郡で工務店に務める男性が話す。


 


奈良県の約3分の1の面積にも及ぶ広大な地域が、活動の舞台であると。仲間の激励に奔走し、売上を上げるとともに、活性化を進めている。


 


率先垂範の姿に、新たな得意先も次々と伸びていっている。自身の生命の殻を打ち破りながら、新たなる勝利の峰へ、まっすぐに進みたいと今日も奔走している。


 


                    がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

迎えてる第4次産業革命は!

今、世界は第4次産業革命を迎えたといわれている。蒸気機関、電力、ITが科学技術イノベーションを先導した時代を経て、技術開発に向けた競争は激しさを。


 


新時代を先取りできるかどうかは、今後の日本の針路に大きく影響するからだところがその担い手である理工系の人材が不足している。


 


子どもの頃からの、算数嫌い、理科嫌いに始まり、大学では理系離れの傾向が続いている。このままでは国際競争から取り残される恐れがある。


 


このため経済産業省と文部科学省は、産業界、教育機関、政府が協力して取り組むべき行動計画を取りまとめた。


 


具体策としては、面白い理科の実験ができる教員を増やす。企業が理工系人材に求める能力を分野ごとに見える化する。


 


産学共同研究に参加した博士課程の学生を経済的に支援するなどが並んだ。理科離れ、量と質の両面から人材育成を進める狙いが明確である。


 


日本でイノベーションが起きにくい理由として指摘されるのが、出る杭は打たれるという風土だ。大企業ほど既存の成功モデルから脱却できず、新たな挑戦に及び腰となる傾向にある。


 


起業をめざす人と支援者を結びつける場を設けたり、成功事例を発信するなど起業のハードルを下げる工夫も重要になる。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 4日 (木)

人と直接会わなくても!

今は、IT革命とグローバル化の時代である。PCを通じて世界中の情報をリアルタイムで手に入れることもできるし、世界中の人々と瞬時に交信もできるようになった。


 


ただ、その負の側面として、人と直接会わなくても、コミュニケーションが取れることから、顔の見えない社会が、休息に広がっていると指摘されている。


 


また、悪質な嘘や人権侵害の情報も氾濫している。最近、凶悪な犯罪が続発し、殺伐とした社会の風潮が感じられるのも、そのことと決して無縁ではないだろう。


 


乱れた世の中であるからこそ、自分自身が賢く強くなっていくことである。愚かでは不幸だ。何も言えない臆病では敗北である。


 


世界は最先端の技術でつながった。しかし、真に価値があり実りがある対話がなされていない。物理的な距離は近づいてきた。しかし、心と心は遠ざかったままであるという嘆きである。


 


技術が進歩し、情報が増大すればするほど、それを人間の幸福のために、社会の平和のために、正しく活用していく知恵と哲学が、一層重要になってきた。


 


人間としての基本の力を練磨することが、ますます求められているといえよう。それは、読む力、書く力、考える力である。


 


挑戦する力、創造する力、忍耐の力、である。そして、人を思いやる力、人を大切にする力、人に尽くす力でもあろう。


 


一人が変われば、一人一人が行動すれば、必ず、周囲に大きな影響を及ぼしていける。一人の勇気の行動は、偉大な変革をもたらす。


 


              がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

海外での病気になった時は!

海外旅行で困ることは、子どもが急病になり心細い思いをしたこと。これが言葉も十分に通じないないからことさらだ。

 

日本を訪れる外国人客は増加を続け、今や年間2500万人を超える勢いだ。医療サービス提供について調査結果が公表された。

 

全国の救急病院などに2015年実績をたずねたところ、8割で外来、6割で入院の外国人患者を受け入れていた。

 

そのうち6割強では、日本語でのコミュニケーションが難しい患者を受け入れた経験がある。

 

その半数以上に英語で対応し、仕方なく日本語で対応したところも3割弱ある。医療通訳者を配置している医療機関は15%に過ぎない。

 

他は、医師、看護師や事務職員がなんとか対応しているのが実態で、6割が医療通訳の導入についての公的な支援を求めている。

 

こうした状況を地方自治体の8割以上が把握していない。医療機関から以来を受ける医療通訳サービス事業者からは、専門職として認識されていない。

 

そのため職業としての医療通訳が成り立たず、人材の確保が難しいとの嘆きの声がもれる。医療通訳には、専門性が求められる。症状と医師の診断を正確に伝えなければならない。

 

安心の医療を外国人に提供できる体制づくりのために、医療通訳の育成と支援充実が急がれる。

 

                がんばろう!日本

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

 

 

 

水素の利用拡大は!

地球温暖化の原因となっている二酸化炭素CO2の排出量を減らし、脱炭素社会を実現するための切り札は、水素であると云っても過言ではない。水素は酸素と化合して水になるときに電機を発生するがCO2を一切排出しないからだ。


 


 


日本が初めて議長国となり、開催されたG20首脳会議で採択された大阪宣言には、環境に優しいクリーンな新エネルギー源としての水素の重要性を確認する文言が盛り込まれた。


 


 


国際エネルギー機関IEAが先月14日水素に関する初の報告書を公表し、水素が脱炭素社会の実現に大きく貢献するとの見解を示したことが注目されたためである。


 


 


日本の経済産業省と米エネルギー省、欧州委員会エネルギー総局は、先月15日水素分野での3カ国地域の協力を盛り込んだ共同宣言を出した。サウジアラビアやオーストラリアとも連携し、水素の利用拡大を進めることにしている。


 


 


水素を太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及に役立てる技術開発が重要である。再エネは、日射の強弱や風速の変化など天候の影響を受け、発電出力が変動する。


 


 


そのため、再エネを有効に活用するには、余剰電力を貯蔵し電力が必要な時に供給できる技術の確立が不可欠だ。注目されているのが、再エネで発電した電力を水素ガスに転換貯蔵するパワー・トウ・ガスという技術である。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 3日 (水)

188消費者ホットラインを!

消費生活センターで、かわいらしいイヤヤンのポスターが目に留まる。イヤヤンは悪質商法や製品事故などを巡るトラブルの相談が電話で出来る。


 


消費者ホットライン188いややを多くの人に知ってもらおうと、先月登場したイメージキャラクターのチョウだ。


 


泣き寝入りは超いやや!が口癖というイヤヤンが青空を舞うポスターの上部には消費者トラブル ひとりで悩まず すぐ相談 消費者ホットライン188の文字。


 


全国の自治体に配られているので目にした人もいることだろう。消費者ホットラインは電話をかけると音声アナウンスが流れる。


 


自宅の郵便番号などを入力すれば最寄の消費生活センターなどにつながる仕組み。年末年始を除き、毎日利用できるのがうれしい。


 


だが、この3桁番号を知っている人はわずか6.6%。残念ながら1割にも満たないこのため同庁は認知度アップに一役買ってもらおうと。


 


今年2月から新たなキャラクターのデザインを公募した。集まった105件からいろいろ検討してイヤヤンに決まった。


 


188は、いろいろなグラフ別冊の中で、お役立ちハンドブックの裏表紙の困ったときの電話相談ダイヤル一覧にも載っている。


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

覚えのない代金請求が!

身に覚えのない代金を求められる架空請求の被害が各地で急増している。とりわけ注意すべきはハガキを使った巧妙な手口が増えていることだ。

 

2017年度の架空請求の相談件数は約20万件となった。前年度は比べて2倍以上の増加である。半数が不審ハガキに関するもので被害総額13億円に上る。

 

架空請求の実例として、訴訟最終告知のお知らせとのタイトルでハガキが送られてくる。このままでは訴訟が開始され財産が差し押さえられると警告。

 

訴訟取り下げを望む場合の連絡先として、いかにもありそうな名前で、日本民事訴訟管理センターなる団体名と連絡先が記されている。

 

狙いは不安になった消費者から示談費用の名目で金銭をだまし取ることだ。そもそも訴訟に関する告知がハガキで郵送されることはない。

 

しかし、被害は増え続けている。もし不審ハガキを受け取った場合は、相談窓口を案内する消費者ホットライン188にまず連絡することが重要である。

 

西日本豪雨の被災者にも架空請求があるという。家屋の被害につけ込んだ点検商法も懸念される。

 

強化として、架空請求対策パッケージを策定した。架空請求に利用された電話に対する警告電話に、犯行に使われた携帯電話や固定電話の利用停止。

 

                 がんばろう!日本

 

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

ソーシャルビジネスとは!

社会的な事業を意味するソーシャルビジネスは、社会問題の解決に取り組みながら、しっかりと収益を上げていく点に特徴がある。利潤追求が目的の一般的なビジネスや無償で取り組むボランティアとは異なる。


 


 


最も有名な事例は、2006年にノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行である。バングラデシュの貧しい人々に担保なしで少額の融資を行うことにより経済的自立を後押ししている。


 


 


人口減少と少子高齢化が同時に進む日本は、一層の経済成長や社会保障の強化をはじめ、地域コミュニティーの維持、環境問題への対応、防災減災など数多くの課題を克服しなければならない。


 


 


日本では、まちづくりや観光を支援するソーシャルビジネスは多いが、注目したいのが、コンビニエンストアとの連携を巡る動きである。


 


 


全国に5万を超える店舗が広がるコンビニは、買い物だけでなく行政サービスや物流などで地域の拠点となっている。24時間営業ということもあって防犯や防災の面でも大きな役割を担い今や重要な社会インフラになっている。


 


 


コンビニが持つ社会貢献的な役割については、警備会社やNPOなどの協力を得て維持していくことも選択肢の一つだ。深夜は営業しないものの閉店せず、防犯拠点としての機能を24時間継続させることはソーシャルビジネスの一例となろう。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年7月 2日 (火)

教員の長時間勤務は!

日本の小中学校教員の勤務超過は世界的にみても異様なことが、経済協力開発機構の調査で分かった。中学校教員の勤務時間は参加48カ国、地域の平均38.3時間を大幅に上回る最長の週56.0時間。


 


 


小学校教員も週54.4時間とやはり断トツの長さだった。勤務時間を長くしているのは、部活動など本業外の仕事の多忙さと煩雑さだ。中学校では授業時間そのものは参加国の平均20.3時間より短い週18.0時間。


 


 


部活動などの課外活動指導は、週7.5時間だ。参加国の平均1.9時間。事務業務も週5.6時間に上る。一方で、教員が専門性を高めるために費やす職能開発参加時間が極端に少ないことも分かった。


 


 


中学校で週0.6時間、小学校でも週0.7時間にすぎず、いずれも参加国地域で最短だ。背景に部活動などの多忙さがあることは言うまでもない。


 


大きすぎる教員の負担は、ブラック職場というイメージを増幅させ、教員死亡者の減少を招いている。このままでは人材が先細りし、教員の質の低下につながりかねない。


 


 


子どもの教育のために何を守り、どこを削るか。この視点に立って、教員定数から予算措置、部活動のあり方などに至るまでを仔細に点検し、実効性ある具体策を大胆に展開していってほしい。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

まだまだ学習支援が!

まだまだ支援が必要な子供たちがいる。東日本大震災の被災地で、子どもの支援を続けている団体は、講演会を開いたりして、支援を訴えている。


 


講演会の講師は、震災以前から長く、障害のある子ども、虐待やいじめを受けた体験を持つ子どもの、支援をしている。


 


病気などで学校に行けない子どもたちのために、学習支援もする。社会人や大学生のボランティアが、先生となって教えるのだが、教科の選び方が面白い。


 


先生たちが教えるのは、自分の不得意教科である。長年の経験から、そこには明らかな利点があるという。


 


得意教科を教えると、どうしても、教えてあげているという、上から目線となる。分からないつらさ、解けないもどかしさが、なかなか理解できない。


 


時として、こんなことも分からないのかと、云う傲慢な態度に陥る。目の前の問題に、ともに悪戦苦闘する。


 


解けた瞬間にともに喜ぶ。これが、学習だけではなく、強く豊かな人間関係をつくり、しばしば最高の支援につながるという。


 


最近、介護や看護、福祉をはじめ、さまざまな分野で、伴走という言葉が注目されている。同じ歩幅で歩むということである。


 


困難の坂にともに汗し、解決法をともに探る。それは、一人を支えることでもあり、また、支えあう社会の建設につながる一歩となるはずであろう。


 


             がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

高齢者のガン治療は!

年齢ごとのガンの治療法について調査結果を発表した。75歳以上の高齢ガン患者は、手術や抗ガン剤投与などの積極的な治療を受けない割合が高い。


 


早期の大腸がんと診断された40~64歳の患者では、手術などの積極的な治療は9割以上で行われ、治療が行われなかったのは1.6%だった。


 


75歳以上になると4.6%、85歳以上では18.1%が治療を受けていない。医療機関側が手術や抗がん剤に患者の体力が耐えられないと判断することも。


 


一方、治療ではなく緩和ケアを受けたい。入院治療で家族に負担をかけたくない、など患者側が治療を望まないケースも、高齢者ほど多いのでは。


 


ガンの治療法は、治療効果や安全性を調べる臨床研究を重ねて確立されてきたが、高齢者は臨床研究の対象から外されている。


 


医師の判断のよりどころとなる基準づくりをどう進めるか、これが問われる。第3期ガン対策推進基本計画の素案に、高齢者のガン治療に関する治療基準の策定が盛り込まれた。


 


高齢者のガンに対する医療技術や薬の開発研究も進める必要がある。実際、前立腺がんでは、85歳以上の患者でも耐えられる治療法が確立されている。


 


高齢化の進行に伴い、ガン患者に占める高齢者の割合は今後も増え続けていく。治療の是非も含め、患者や医師が最良の選択をできる態勢作りが急がれる


 


                 がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 


 

2019年7月 1日 (月)

人には忘れてええことがある!

大きな災害が起こるたびに思い起こす言葉。人には忘れてええことと、忘れたらあかんことと、忘れなあかんことがある。突然、家族を襲った不幸。その痛みを抱えて生きる人々。


 


 


14府県で死者、行方不明者が270人を超えた、昨年7月の西日本豪雨から間もなく1年が経つ。今なお多くの人が仮設住宅などで暮らし被災地の復旧は道半ばだ。


 


 


改めて防災力の強化を求める声が高まっている。土木学会の会長だった大石久和氏は、1995年の財政危機宣言以来、公共事業費を削減してきたことを挙げ、インフラ整備を怠ってきた日本を嘆く。


 


 


同氏は、公共事業の本来の目的は、生産や雇用、消費など経済活動を拡大させるフロー効果を狙うものではなく、中長期にわたって地域の安全、安心を確保するストックの形成にあると指摘。


 


 


社会をインフラから支える基礎構造の整備の重要性を説く。忘れてはならない観点である。災害はいつ、どこで起こるかわからない。


 


だから、備えは怠りがちになる。ともすれば忘災に傾く。しかし、政治に忘れていいことはない。忘れたらあかんのだ。防災、減災、復興が政治の柱であることを。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

病気にも利点があると!

思想家・ヒルティ氏は、病気にも利点がありという。その一つは、人生の真の宝を正しく認識することを可能にすることだと、説いている。


 


男性は、高校生の時、筋ジスロフィーという難病だと診断された。筋力が弱まる進行性の病気だ。昨日出来たことが今日は出来ない。


 


失意の底に沈みかけたとき、周囲の仲間が真心で励まし、一緒に祈ってくれた。彼は奮起し目標を見出した。


 


体力がダメなら、それ以外で勝負すると。リハビリに励みながら、懸命に勉強し、基本情報技術者の国家試験など30以上もの資格試験に合格した。


 


就職も勝ち取った。さらに自動車免許を取得し、今度と、仲間の激励へ。その雄姿に触れ、仲間が続々と増えていった。


 


彼が、胸を張って話したのは、病気になるって、まんざらでもないと、言えるまでに、どれほどの苦労と祈りがあったことか。


 


その満面の笑みは、人生の真の宝をつかみ取った喜びに輝いていた。悩みは、全て幸福の財産となる。


 


宿命をも使命に転じていけるのだ。この希望の連帯を広げゆくことの大きさを、もう一度あらためて、振り返って思う。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

夏は冷やっこで!

夏の冷やっこはもちろん、1年を通して日本の食卓でお馴染みの豆腐。スーパーでも数多くの商品が並び、どれを買うか迷った人も多いことだろう。


 


それもそのはず、現在は大豆の使用割合などに応じた表示ルールがなく、こだわり製品も汎用品もひとくくりに豆腐として売られている。


 


このため、買う側は品質の差が分からず、価格ばかりに目が行きがち。製造側も小売業者に買い叩かれやすい。


 


こんな現状を打開しようと、豆腐業者の全国団体が委員会を設け、業界の自主ルールである公正競争規約つくりを進めている。


 


規約案では、とうふ=大豆の割合が10%以上で、大豆、凝固罪、水だけを使用調製とうふ=同8%以上、調味料など使用。


 


加工とうふ=同6%以上、焼き豆腐など。に分類し、成分を表示する。1丁300グラムで比べると、とうふが約150グラムの大豆を使う。


 


加工とうふは約90グラム。また、最高級、本格、天然といった根拠が曖昧な表示は禁止する方針。


 


新表示は2018年度中の消費者庁と構成取引委員会による認定、告示をめざす。食品の品質が分かる分類と成分の表示は、消費者の的確な商品選びに役立ち、製造側も良品の市場拡大が期待できよう。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス